スマホのデータをクラウド(オンラインストレージ)に保存する利点と注意点

高層ビルと雲

スマホのデータをクラウド(オンラインストレージ)に保存する利点と注意点

スマートフォンで撮った写真や動画などデータの保存やバックアップが必要なとき、クラウド(ネット上にデータを保管するサービス)を利用することが割と一般的になってきました。

Apple IDやGoogleアカウントを作成すると無料で5GBを超えるデータ保存容量が利用できるので、SDカードのような外部デバイスを利用する機会も減っています。

ただクラウドはスマートフォンとのデータのやり取りをする際にネット回線を利用するので、データ通信量やセキュリティ面での注意が必要です。

関連記事

スマートフォンを使ってGoogleアカウント管理画面から無料ストレージの空き容量を確認する手順。設定メニュー、ブラウザからアカウント管理画面へのアクセス。無料ストレージの利用状況の確認画面の出し方。

クラウドの仕組み

クラウドはインターネットを利用してアクセスできる場所にデータを保管してくれるサービスです。

Apple(iPhone)だとiCioud、Google(Android)だとGoogleドライブなどのクラウドサービスを提供しています。

携帯(ガラケー)やスマートフォンの中にあるデータを移動する場合、以前はSDカードなどを利用するのが一般的でしたが、クラウドへデータを保存することで簡単にデータの移動が可能です。

クラウドサービスの仕組み

クラウドを使うメリット・デメリット

クラウドへデータを保存することで、以下のような利点があります。

  • データの保存場所を一箇所にまとめることで、利用・管理しやすくなる
  • スマートフォン本体の保存容量を節約できる
  • ネット環境、IDとパスワードがあれば、端末に関係なくデータを使用できる
  • 端末(スマホ)が故障などをした際も、データは無事

例えばスマートフォンを機種変更した場合でも、アドレス帳などクラウドに保存してあるデータならばすぐに新しい端末で利用することが可能です。

また大事なデータはクラウドへ保存しておくことで、故障などのトラブルがあったときのバックアップとしても役に立ちます。

画面サイズの比較

クラウドを利用する際に注意すること

ただしクラウドを利用する際に、IDとパスワードの管理データ通信量が増える点には気を付ける必要があります。

他人にパスワードを教えない

クラウドに限ったことではないですが、基本的にIDとパスワードが漏れてしまえば本人以外でもそのサービスが利用可能です。

SNSなどの炎上騒動でも観られるように万が一データがインターネット上で拡散してしまった場合、すべてのデータを回収することは不可能です。

ただ最近は普段と違う端末などでクラウドにアクセスするとパスワードが求められたり、警告などが送られる仕組みになっています。

基本的なセキュリティ意識(予測しやすいパスワードを使わない・他人にパスワードを教えないなど)さえ抑えておけば、以前ほどデータ流出の心配をする必要はありません。

データ通信量が増える

またクラウドとスマートフォンの間でデータのやり取りをする際には通信回線を利用するので、携帯電話会社の回線だと契約している高速データ通信量を消費する場合があります。

電話帳などテキストデータなら通信量は微々たるものですが、高画質な動画などは大容量になることが多く、月3GBくらいの契約だとあっという間に使ってしまうので注意してください。

なのでクラウドとデータのやり取り(閲覧・保存)をするときは、データ通信量の制限を受けないWi-Fi環境などを利用するのがベストです。

またネット環境にトラブル(通信障害)があった場合にもクラウドが使えない点は、頭に入れておく必要があります。

IPhone SE外観

クラウドの利用料金

現在Apple(iPhone)だとiCloudにサインアップすると自動的に5GB、Google アカウントだと15GBの容量のクラウド(オンラインストレージ)が無料で利用できます。

無料分で容量が足りない場合は、両社とも月額課金方式で容量の追加が可能です。

iCloud+利用料金

追加容量 月額料金
50GB 130円
200GB 400円
2TB 1,300円

Google One利用料金

追加容量 月額料金
100GB 250円(年額プラン 2,500円)
200GB 380円(年額プラン 3,800円)
2TB 1,300円(年額プラン 13,000円)

※両サービス共に追加した容量は複数のユーザー(5人まで)で共有可能。

使い勝手が向上しているクラウドサービス

スマートフォンのクラウドサービスは補助的な機能として利用されることが多かったのですが、全体的に通信速度が速くなっていることもあり使い勝手も良くなっています。

高速データ通信量の消費などには注意が必要ですが、端末(スマートフォン)に関係なくデータを共有して利用できるのはかなり便利です。

IDとパスワードの管理さえしっかりしておけばデータ流出の危険性もほとんどないので、クラウドサービスを上手く活用してください。

関連記事

Googleフォトを利用してiPhoneとAndroid間で写真を共有する手順。アプリのダウンロード先。Googleフォトアプリの操作手順。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329(20220415レスポンシブ)
新規アドセンス20190329(20220415レスポンシブ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329(20220415レスポンシブ)