Apple OneとApple Musicなどを個別で利用した場合の料金比較

Apple One公式サイト

Apple公式サイトより

Apple OneとApple Musicなどを個別で利用した場合の料金比較

Appleは同社の定額制(サブスクリプション)サービス4つを一つにまとめ割安で利用できる新プラン「Apple One」を2020年秋から開始しました。

料金は個人プランが月額1,100円、本人を含め最大6名まで利用できるファミリープランが月額1,850円で提供されています。

「Apple One」に含まれるサービスは、Apple Music・Apple TV+・Apple Arcade・iCloudストレージ(個人プラン50GB、ファミリープラン200GB)の4つ。

各サービスを個別で契約した場合に比べると、かなり割安に利用できます。

関連記事

現行iPhoneのCPUベンチマーク結果一覧。CPU性能とOSサポート期間の関係。

4つの定額制サービスを利用できる

「Apple One」は月額料金を払うことでApple Music・Apple TV+・Apple Arcade・iCloudストレージが利用できる定額制(サブスクリプション)サービスです。

  • Apple Music 7500万曲以上が視聴できる音楽配信
  • Apple TV+ Appleのオリジナル作品などが楽しめる動画配信
  • Apple Arcade 180以上のゲームが制限なしで遊べるゲームサブスクリプション
  • iCloudストレージ iPhoneなどで利用できるクラウドスペース(データ保存場所)

ステージマイク

料金は個人プランが月額1,100円・ファミリープランが月額1,850円で、追加料金なしで上記の4サービスが利用できます。

Apple以外の製品(PC、スマートテレビ、Fire TV、Androidなど)でも各サービスが対応している機器なら利用可能です。

※ただしApple IDの作成が必要になります

個人プランとファミリープランの違い

ファミリープランでは利用者がメンバーを招待(ファミリー共有)することで、本人を含め最大6名までサービスを利用することが可能です。

あとiCloudストレージの追加容量に差があり、個人プランだと50GB・ファミリープランだと200GBになっている点が違います。

風船

追加のストレージ(200GB)は複数のメンバーで容量を共有しますが、保存したファイルなどは各個人のApple IDで個別に管理されます。

全体の残容量などは確認できますがメンバーであってもお互いの個人ファイルを見ることはできないのでメンバー間のプライバシーを守ることが可能です。

※他のサブスクリプションサービスの情報も各Apple ID単位で管理されます。

個別で契約した場合との料金比較

Apple Oneと各サービスを個別で契約した場合の月額料金は以下のとおりです。

各サービスの月額料金(税込)

Apple One 個人プラン1,100円、ファミリープラン1,850円
 
Apple Music 学生 480円、個人 980円、ファミリー1,480円
Apple TV+ 600円
Apple Arcade 600円
iCloudストレージ 50 GB:130円 200 GB:400円 2TB:1300円

Apple Oneの個人プランで提供されるサービス内容を個別で契約した場合、合計で月額2,310円、ファミリープランだと月額3,080円になります。

月額で約1,200円ほど安く利用できる計算です。

※個人プラン Apple Music(個人)・Apple TV+・Apple Arcade・iCloudストレージ 50GB

※ファミリープラン Apple Music(ファミリー)・Apple TV+・Apple Arcade・iCloudストレージ200GB

Apple MusicからApple Oneへ移行した場合の比較

現在Apple Musicを利用されている方がApple Oneへ移行した場合、月額料金が120円上がります。

その代わりApple TV+・Apple Arcade・iCloudストレージ 50GBが利用できるようになります。

Apple MusicとApple Oneの月額料金

サービス内容 月額料金
Apple Music(個人)のみ 980円
Apple Music(個人)+ iCloudストレージ 50GB 1,110円
Apple One(個人プラン) 1,100円

Apple Musicに加えてiCloudストレージ 50GBを利用されている方であれば、Apple Oneとの料金差は10円です。

ただしApple Musicしか利用されない場合は、Apple Oneへ移行するメリットはそれほど大きくありません。

定額制サービスをセットでさらに安く

Appleのサービス4つをセットにすることで、定額制(サブスクリプション)の割安感がさらに増しています。

Apple Musicの個人プランが月額980円なので、プラス120円でApple TV+とApple Arcadeを利用できiCloudの容量を50GB増やせると考えるとかなりお得なプランです。

Apple Oneでは1か月の無料トライアルなども用意されているので、興味のある方は活用してみてください。

関連記事

ahamo(アハモ)・UQモバイル・ワイモバイルのiPhone 11販売価格。新規・MNP(乗り換え)・機種変更時の割引額。基本プランのサービス概要。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329