Apple OneとApple Musicなどを個別で利用した場合の料金比較

Apple One公式サイト

Apple公式サイトより

Apple OneとApple Musicなどを個別で利用した場合の料金比較

昨年、Appleが提供している定額制(サブスクリプション)サービスの料金改定がいくつか実施されました。

現在のApple Music・Apple TV+・Apple One・iCloud+(ストレージ)の利用料金は次のようになっています。

料金の一覧

サービス プラン 利用料金(月額)
Apple Music 個人 1,080円
(学生) 580円
ファミリー 1,680円
Apple TV+ (家族共有可) 900円
Apple Arcade 900円
iCloud+(ストレージ) 50 GB:130円
200 GB:400円
 
Apple One※ 個人 1,200円
ファミリー 1,980円

※プランのサービス内容・料金は2024年3月7日時点のものです。

※Apple Music・Apple TV+・Apple Arcade・iCloud+(ストレージ)(個人プラン50GB・ファミリープラン200GB)の4つをセットにしたサービス。

全体的に利用料金が上がっていることを受け、Apple Oneのコストパフォーマンスの高さがさらに際立つようになりました。

普段Apple MusicとiCloud+(50GB)の個人プランを利用されている方であれば、Apple Oneに切り替えるとほぼ同じ料金でApple TV+・Apple Arcadeも利用できるようになります。

関連記事

iPhoneのロック画面にアラームウィジェットを置いて、ロック解除をせずに直接アラームを設定する方法。ロック画面をカスタマイズする手順。作成した壁紙の削除方法。

4つのサブスクをセット

Apple OneはApple Music・Apple TV+・Apple Arcade・iCloud+(ストレージ)の4つのサービスがセットになった定額制(サブスクリプション)サービスです。

Apple Oneに含まれるサブスク

  • Apple Music 7500万曲以上が視聴できる音楽配信
  • Apple TV+ Appleのオリジナル作品などが楽しめる動画配信
  • Apple Arcade 180以上のゲームが制限なしで遊べるゲームサブスクリプション
  • iCloud+(ストレージ)※ iPhoneなどで利用できるクラウドスペース(ネット上のデータ保存場所)

※Apple Oneに含まれるiCloud+(ストレージ)の容量は、個人プランは50GB・ファミリープランは200GB。

ステージマイク

料金は個人プランが月額1,200円・ファミリープランが月額1,980円で、ファミリープランは本人を含め最大6人まで利用できます。

Apple以外の製品(PC、スマートテレビ、Fire TV、Androidなど)でも各サービスが対応している機器ならApple Oneを利用可能です。

※ただしApple IDの作成が必要になります。

個人プランとファミリープランの違い

ファミリープランでは契約者が他のメンバーのApple IDをファミリー共有設定をすることで、本人を含め最大6名までサービスを利用することが可能です。

各サービスの利用状況などは個人のApple IDに紐づけされる形式で、それぞれが個別に各サブスクリプションサービスを利用することができます。

※サブスクリプションサービスの情報は各Apple ID単位で管理されます。

風船

iCloud+(ストレージ)に関してもメンバーで容量を共有して使用しますが、保存したファイルなどは各個人のApple IDで個別に管理されます。

全体の残容量などは確認できますがメンバーであってもお互いの個人ファイルを見ることはできないので、各自のプライバシーを守って利用することが可能です。

個別で契約した場合との料金比較

Apple Oneと各サービスを個別で契約した場合の月額料金は以下のとおりです。

各サービスの月額料金(税込)

個人プラン ファミリープラン
Apple One 1,200円 1,980円
 
Apple Music 個人 1,080円(学生 580円) 1,680円
Apple TV+ 900円 ※家族共有可
Apple Arcade 900円
iCloud+(ストレージ) 50 GB:130円
  200 GB:400円

Apple Oneの個人プランで提供されるサービス内容を個別で契約した場合、合計料金は※月額3,010円かかります。

※Apple Music(個人)・Apple TV+・Apple Arcade・iCloud+(ストレージ) 50GB

Apple Oneの個人プランが月額1,200円なので、約1,800円ほど安く利用できる計算です。

同様にApple Oneのファミリープランの内容を個別で契約した場合は※月額3,880円かかるので、こちらも月額料金が同じくらい安くなります。

※Apple Music(ファミリー)・Apple TV+・Apple Arcade・iCloud+(ストレージ)200GB

iPhone SEの背面

Apple MusicからApple Oneへ移行する基準

Apple MusicとApple Oneの利用料金を比較した場合、月額料金の差は120円になっています。

現在Apple Musicを契約されている方なら、120円の追加料金でApple TV+・Apple Arcade・iCloud+(ストレージ) 50GBがこの料金差で利用できる計算です。

特にApple MusicとiCloud+を両方利用されている方であれば、Apple Oneへ移行した方が料金が安くなり、Apple TV+・Apple Arcadeも利用できるようになります。

Apple MusicとApple Oneの月額料金

サービス内容 月額料金
Apple Music(個人) 1,080円
Apple Music(個人)+ iCloud+ 50GB 1,210円
Apple One(個人プラン) 1,200円

IPhone SE外観

定額制サービスをセットでさらに安く

Apple Musicの利用料金(個人プラン)は月額1,080円なので、プラス120円でApple TV+とApple Arcadeを利用できiCloudの容量を50GB増やせると考えるとかなりお得なプランになっています。

iPhoneはストレージ容量を増やすと本体価格が一気に上がるので、Wi-Fiなど通信環境が整っている(通信容量をあまり気にしなくてもいい)ならiCloud+(ストレージ)を利用するのも賢い選択です。

Apple Oneでは1か月の無料トライアルなども用意されているので、興味のある方は試してみてください。

関連記事

現行のiPhoneシリーズに搭載されているチップセットとiOSの対応状況。iOS 17の対応機種。iOSのセキュリティアップデート状況。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329(20220415レスポンシブ)
新規アドセンス20190329(20220415レスポンシブ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329(20220415レスポンシブ)