スマートフォンの対応周波数帯(バンド)の見方

IPhone SE外観

スマートフォンの対応周波数帯(バンド)の見方

今使っているスマートフォンのまま他の通信会社へ乗り換え(MNP)したとき、機種によっては電波が繋がりにくくなるケースがあります。

こういったトラブルの原因としてまず考えらるのは、スマートフォンの対応している周波数帯(バンド)が通信会社と一致していない可能性です。

通信会社(ドコモ・au・ソフトバンク・楽天)では複数の電波(※周波数帯)を組み合わせてサービスを提供しており、利用している周波数帯は全く同じではありません。

スマートフォンは機種によって対応している周波数帯(バンド)が異なっており、そのため一部の機種では通信会社を変更すると繋がりにくくなるといった状況が発生します。

関連記事

ahamo(アハモ)が他社からの乗り換え(MNP)時に実施しているポイント還元の内容。キャンペーンの適用条件・ポイント還元額。ahamo(アハモ)契約時の初期費用の例。

通信会社が利用している周波数帯(バンド)

各通信会社が利用している周波数帯(バンド)は総務省の公式サイトで確認できます。

4G(LTE)

キャリアの4G周波数帯一覧

総務省公式サイトより

電波は周波数が低いほど遠くまで届きやすい(繋がりやすい)特性があり、携帯電話では700MHzから900MHzの周波数帯をプラチナバンドと呼んだりします。

ドコモのバンド19/26・auのバンド18/26・ソフトバンクのバンド8などが該当し、キャリアへ新規参入をした楽天モバイルは現在割り当てを求めている状況です。

キャリアで販売されている端末(キャリアモデルのAndroid)は他社のプラチナバンドに対応していないケースがあるので注意してください。

5G

キャリアの5G周波数帯一覧

総務省公式サイトより

※楽天モバイルはn77を利用・28GHz帯(いわゆるミリ波)に関しては全社n257を利用

5Gの周波数帯はn77・n78・n79がsub6、n257はミリ波と呼ばれる周波数帯です。

周波数が高いので遠くまで届きにくい(エリアが広がりにくい)のですが、その代わり高速で大容量の通信が可能になります。

※n3・n28といった4G周波数帯を5Gに転用して利用するケースがありますが、通信速度は4Gと同等になります。

Googleマップの道順表示

対応周波数帯(バンド)が多いiPhoneやPixel

スマートフォンが対応している周波数帯(バンド)は、メーカー公式サイトや各通信会社で公開されているスペック表などで確認できます。

iPhoneやPixelシリーズは対応している周波数帯が多いのも特徴で、通信会社(キャリア)に関係なく使用できるのが利点です。

※ドコモのバンド19/26・auのバンド18/26・ソフトバンクのバンド8にすべて対応。

ただし一般的に対応周波数帯が増えると、スマートフォンの本体価格は高くなる傾向があります。

iPhone SEとPixel5aの対応周波数帯

SIMフリー版 対応周波数帯(4G)
iPhone SE(第2世代) FDD-LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、11、12、13、17、1819、20、21、25、26、28、29、30、32、66)

TD-LTE(バンド34、38、39、40、41、42、46、48)

Pixel 5a LTE: 対応バンド 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 13 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / 26 / 28 / 29 / 30 / 32 / 38 / 39 / 40 / 41 / 42 / 46 / 48 / 66 / 71

iPhone SEの背面

通信会社を乗り換える(MNP)時は注意

各社共通して利用する周波数帯(バンド)があるので、一部の周波数帯に対応していなくても全く繋がらない(使用できない)といったことはありません。

ただし利用場所などによって繋がりやすさに影響が出ることがあり、特に通信会社で購入した端末(Android)は他社のプラチナバンドに対応していないものがあるので注意してください。

携帯電話料金の見直しで通信会社の乗り換え(MNP)などを検討する際は、SIMロックの有無と併せて確認してください。

関連記事

auで購入した端末のSIMロック解除をPC(パソコン)からMy auを使って自分で行う手順。SIMロックの確認方法と解除条件。必要な準備と具体的な作業内容。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329