ワイモバイルへ乗り換え(MNP)時にAQUOS sense4 basicが本体価格1円

AQUOS sense4 basic外観

シャープ公式サイトより

ワイモバイルへ乗り換え(MNP)時にAQUOS sense4 basicが本体価格360円

ワイモバイル公式オンラインストアでシャープのAndroidスマートフォン「AQUOS sense4 basic」の割引セールが行われています。

ワイモバイルの音声SIM契約が必要ですが、新規契約の場合9,800円・他社からの乗り換え(MNP)の場合1円で購入可能です。

AQUOS sense4 basicは昨年末に発売されたAQUOS sense4シリーズのベーシックモデルで、他のモデルと比べるとRAM容量が若干少なく指紋認証機能などが削られています。

ただCPUは同じSnapdragon 720Gが採用されており、普段使いには十分の性能がある端末です。

※本体価格・利用料金などは2021年11月14日時点のものです。

関連記事

AQUOS sense4シリーズ(basic、lite、plus)のスペックの比較。各機種の基本性能と特徴。

AQUOS sense4 basicの主なスペック

AQUOS sense4 basicの主なスペックは次のとおりです。

AQUOS sense4 basicの主要スペック

AQUOS sense4 basic
初期OS Android 10
CPU Snapdragon 720G
メモリ(RAM) 3GB
保存容量(ROM) 64GB
ディスプレイ 5.8インチ(液晶)
解像度 FHD+(2280×1080)
バッテリー容量 4,570mAh
本体サイズ 約148×71× 8.9mm
重さ 約176g
カメラ メイン(2眼):1200万画素・800万画素 サブ(内側):800万画素
防水/防塵 IPX5/IPX8/IP6X
指紋認証 なし
顔認証 あり
その他 FeliCa(おサイフケータイ)対応・3.5mmイヤホンジャック搭載

CPUにはSnapdragon 720Gが搭載されており、性能的にはミドルスペックに該当します。

大容量バッテリー搭載・防水/防塵・おサイフケータイ対応など、普段使いに重要な機能が一通り抑った端末です。

AQUOSsense4

ただしsense4シリーズの他の機種に比べRAM容量が3GBと少なく、アプリの並行利用(マルチウィンドウ操作)などは若干厳しいものがあります。

また指紋認証機能が搭載されておらず、生体認証を利用する場合は顔認証に限定されるので注意してください。

ワイモバイルの初期費用と月額料金

ワイモバイルに新規契約・他社からの乗り換え(MNP)時にAQUOS sense4 basicを購入した場合の初期費用などは次のとおりです。

ワイモバイル契約時の初期費用と基本料金(月額)

AQUOS sense4 basic 本体価格
新規契約 9,800円
他社からの乗り換え(MNP) 1円
事務手数料
オンラインストア 0円
基本料金(月額)
シンプルS(3GB) 2,178円
シンプルM(15GB) 3,278円
シンプルL(25GB) 4,158円
通話オプション(月額)
完全かけ放題 1,870円
10分かけ放題 770円

新規契約の場合は割引額が減り、本体価格が9,800円になります。

またソフトバンク・LINEMO(ラインモ)からの乗り換え(MNP)は、割引の対象外(本体価格21,960円)なので注意してください。

ワイモバイルを試してみたい方に

ワイモバイルの音声SIMの契約が必要ですが、他社からの乗り換え(MNP)であれば1円と本体代金はほとんどかかりません。

指紋認証が無い点とRAM容量が少ない(3GB)点が少しネックになりますが、防水防塵・大容量バッテリー搭載・おサイフケータイ対応など使い勝手のいい端末です。

一度ワイモバイルを試してみたい方にはうってつけのセールなので、興味のある方はチェックしてみてください。

関連記事

サブブランド(UQモバイル・ワイモバイル)や格安SIM(MVNO)で現在1000円以下で販売されている端末の紹介。各社の割引条件と主なスペック比較。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329