3大キャリアが取り扱うミリ波対応機種、sub6対応機種

鉄塔

3大キャリアが取り扱うミリ波対応機種、sub6対応機種

5G通信は基本的に「sub6(3.7GHz帯及び4.5GHz帯)」と「ミリ波(28GHz帯)」と呼ばれる周波数帯が利用されます。

ただミリ波(28GHz帯)はその特性からエリア展開などに時間がかかることもあり、昨年日本国内で発売されたiPhone 12シリーズでは、5G通信は「sub6」のみに対応しています。※1

日本では5Gエリアもまだ狭く比較的広いエリアをカバーできる「sub6」から5Gエリアの拡大が進むと考えられており、現時点でのミリ波対応を見送ったようです。※2

そのため現在3大キャリアで販売されている5G対応スマートフォンのなかで、ミリ波に対応しているのは、サムスンと富士通の製品に限られます。

※1 アメリカで販売されるiPhone 12シリーズはミリ波対応

※2「ミリ波」のほうがより高速で大容量の通信が可能なのですが、電波が届きづらい(エリアが狭い)特性があります

関連記事

3大キャリアのエリアマップの見方。sub6、ミリ波など利用する周波数帯の特徴。各社エリアマップでの5Gエリア表記例。

ミリ波とsub6の違い

日本の携帯電話の5Gサービスは主にミリ波、sub6、4G(転用)と3つの周波数帯が利用されます。

それぞれに電波の届きやすさ(範囲の広さ)と通信速度で一長一短の特徴があります。

5Gの周波数帯による特徴

利用する周波数帯 通信速度 エリア
ミリ波 sub6より高速 sub6より範囲が狭い
sub6 4Gに比べ高速 4Gより範囲が狭い
4G周波数帯の5G転用 4G周波数並 範囲が広い

ミリ波は一番高速なデータ通信が可能ですが、その反面電波が遠くまで届きにくい(エリアが狭くなる)特性があります。

そのため現状ミリ波が利用できるエリアは特定の施設内など、スポット的な狭い場所に限定されています。

ミリ波対応機種、sub6対応機種

現在3大キャリアが販売する5G端末の「sub6」「ミリ波」対応状況は以下の通りです。

※下記は2021年01月31日時点で取り扱われている機種です。

iPhone(3キャリア共通)

機種名 メーカー sub6 ミリ波
iPhone 12シリーズ(日本国内版) Apple

ドコモ

ドコモのミリ波に対応した機種は、富士通のarrows 5GとサムスンのGalaxy S20+ 5Gの2機種です。

機種名 型番 メーカー sub6 ミリ波
arrows 5G F-51A 富士通
arrows NX9 F-52A 富士通
Galaxy Note20 Ultra 5G SC-53A Samsung
Galaxy S20+ 5G SC-52A Samsung
Galaxy S20 5G SC-51A Samsung
Galaxy A51 5G SC-54A Samsung
AQUOS R5G SH-51A シャープ
AQUOS sense5G SH-53A シャープ
Xperia 1 II SO-51A ソニー
Xperia 5 II SO-52A ソニー
LG V60 ThinQ 5G L-51A LG
LG VELVET L-52A LG

au

auはサムスンのGalaxyシリーズでミリ波に対応しています。

機種名 型番 メーカー sub6 ミリ波
Google Pixel 5 Google
Xperia 5 II SOG02 ソニー
Xperia 1 II SOG01 ソニー
Galaxy Note20 Ultra 5G SCG06 Samsung
Galaxy S20 Ultra 5G SCG03 Samsung
Galaxy S20+ 5G SCG02 Samsung
Galaxy S20 5G SCG01 Samsung
Galaxy A51 5G SCG07 Samsung
Galaxy Z Fold2 5G SCG05 Samsung
Galaxy Z Flib 5G SCG04 Samsung
AQUOS zero5G basic DX SHG02 シャープ
AQUOS R5G SHG01 シャープ
OPPO Find X2 Pro OPG01 OPPO
Mi 10 Lite 5G XIG01 Xiaomi
ZTE a1 ZTG01 ZTE

ソフトバンク

現在ソフトバンクでは、ミリ波に対応した機種は販売されていません。

機種名 メーカー sub6 ミリ波
Google Pixel 5 Google
Google Pixel 4a Google
Xperia 5 II ソニー
AQUOS zero5G basic シャープ
AQUOS R5G シャープ
AQUOS sense5G シャープ
ZTE Axon 10 Pro 5G ZTE
LG V60 ThinQ 5G LG
OPPO Reno3 5G OPPO

4G周波数の5G転用とは

5Gで用いられる周波数は従来の4Gより電波が届きづらい特性があって、エリアを拡げるには時間がかかり現状では一部の限られた地域しか5G通信を利用できません。

そういった状況を打破する対策として、最近話題になっているのが4G周波数の5G転用です。

Androidスマートフォン

周波数の転用には「DSS(ダイナミックスペクトラムシェアリング)」という仕組みを用い、メリットとしては4G並の広範囲のエリアをカバーでき、5Gの特徴の一つである低遅延を実現できるとされています。

ただしあくまで4Gの周波数を利用するため、通信速度が4Gとそれほど変わらない(「sub6」「ミリ波」ほど速度がでない)ことが予想されます。

そのため総務省は利用者に有利誤認を招かないよう事業者(キャリア)には、通信速度が把握できるようエリアの明示(sub6、ミリ波、4G周波数の5G)などを求めています。

5Gエリアの拡がり次第

まだ現時点で5Gエリアは一部に限られますが、リリースされるスマートフォンの多くが5G対応端末になってきています。

今後機種変更などで5G端末を購入するときに、先を見据えて「ミリ波」対応端末という考え方もありますが、5Gエリア(特にミリ波)がどの程度のスピードで拡大するか予測できないので、正直何とも言えないところです。

個人的には自分が利用する場所がミリ波対応エリアでない限り、現時点ではそれほど気にする機能ではないと思っています。

高層ビルと雲

ただ今後予定される5G対応エリアの拡がりと共に、sub6、ミリ波、4G周波数の転用といった言葉を目にする機会が増えると思います。

細かいところまでこれらの用語を理解する必要はないですが、一口に5Gと言ってもいくつか種類があるといった点だけ、ぜひ抑えておいてください。

関連記事

3大キャリアが提供している大容量通信プランの比較。月額料金、データ通信量、サービス内容。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329