【iPhone】片手操作で指が届かないアイコン(アプリ)の操作

IPhone SE外観

【iPhone】片手操作で指が届かないアイコン(アプリ)の操作

最近のスマートフォンは画面が大きくなったこともあり、片手操作時に親指が画面上部に届かないことがあります。

iPhoneの場合アイコンが左上詰めで整列するので、対処法としてはよく使うアプリのアイコンを指の届きやすい位置に移動させるのが簡単です。

アイコンの数が少なく位置を上手く調整できない場合は、ウィジェット(画面上で動作するミニアプリのようなもの)なども活用できます。

またiOS標準の「簡易アクセス」機能を使って画面を一時的に引き下げる操作を覚えておくと便利です。

関連記事

ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルのiPhone 13/iPhone 13 miniの販売価格。乗り換え(MNP)の場合に適用できる割引。

アイコンの移動方法

アイコンの移動(並べ替えは)は画面のアイコンの無い場所を長押しして、ホーム画面の編集モード(アイコンが震えている状態)でアイコンを移動させます。

アイコンの移動(並べ替え)

iPhoneのアイコン移動

ウィジェットを追加する

アイコンの数が少ない(フォルダにまとめている)ときなど更にアイコンを画面下方に移動させたい場合は、ウィジェット(※画面上で動作するミニアプリのようなもの)などを活用できます。

ウジェットはホーム画面の編集モード(アイコンが震えている状態)で、右上の「+」マークから追加が可能です。

ウィジェットの追加手順

ウジェットの追加手順

ドックにアイコンを入れる

画面下部のドックに空きがあればアイコンを入れることもできます。

ドックにアイコンを入れた状態

簡易アクセス機能

iPhoneではiOS標準の「簡易アクセス」という画面を一時的に引き下げる機能があり、利用する場合は以下の設定をONにします。

  • [設定]->[アクセシビリティ]->[タッチ]->[簡易アクセス]

簡易アクセスの設定がオンになっている場合、画面の下端を下スワイプすると一時的に表示が引き下げられます。

※ホームボタンを搭載したiPhoneの場合は、ホームボタンを軽くダブルタップ。

※ダブルタップではなくダブルクリック(ボタンを押す)だとタスク一覧画面が表示されます。

簡易アクセスの操作

簡易アクセスの操作

一定時間が経過すると自動的に全画面に戻りますが、すぐに戻す場合は画面の上半分をタップします。

便利なウィジェット機能

iPhoneではiOS14からウィジェット機能が追加され、ホーム画面を色々カスタマイズできるようになりました。

ホーム画面上のウィジェットである程度の情報が確認できるので、アプリを起動する頻度(手間)を減らせます。

設置も削除も簡単なので、時計・カレンダー・ニュース・メール・メモなど自分がよく使う機能のウィジェットなどをホーム画面に配置して試してみてください。

関連記事

iPhoneで発生しているデュアルSIM利用時に緊急機関(110/118/119)へ発信できない不具合の概要。発生条件・不具合の回避方法。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329