料金無料で電話番号宛に送信できる「+メッセージ」

プラスメッセージのロゴ

NTTドコモ公式サイトより

料金無料で電話番号宛に送信できる「+メッセージ(プラスメッセージ)」

ドコモ・au・ソフトバンクで提供されているメッセージサービス「+メッセージ(プラスメッセージ)」が今後サブブランド・格安SIM(MVNO)などでも順次利用可能になることが先日発表されました。

既に2021年9月2日からUQモバイル・格安SIM(MVNO)のau回線ではサービスが開始されています。

+メッセージは従来のSMS(ショートメッセージ)と違い送信料金は無料(データ通信量を消費)で、写真や動画も送れスタンプなどにも対応しているのが特徴です。

※相手が+メッセージ(プラスメッセージ)を利用していない場合は、従来のSMS(有料)として送信されます。

※下記で紹介している手順当はiOS14.8(iPhone SE2)、通信回線povo2.0で動作確認をしています。

関連記事

+メッセージ(プラスメッセージ)とSMS(ショートメッセージサービス)の違い。主な機能と利用料金。サブブランド・格安SIM(MVNO)の対応スケジュール。

利用できる通信会社

現在+メッセージのサービスを提供しているのはドコモ(ahamoを含む)・au(povoを含む)・ソフトバンク・UQモバイル・格安SIM(MVNO)のau回線になります。

auのSIMカード

ワイモバイル・LINEMO(ラインモ)・格安SIM(MVNO)のドコモ回線/ソフトバンク回線は現時点でまだ対応していないので注意してください。

※格安SIM(MVNO)のドコモ回線は2021年9月下旬対応予定が延期中

※ワイモバイル・LINEMO(ラインモ)・格安SIM(MVNO)のソフトバンク回線は2022年春開始予定

※楽天モバイルは+メッセージに非対応です。

アプリのインストールと初期設定

+メッセージを利用するにはアプリのインストールが必要で、App Store・Google Playなどから無料でダウンロードできます。

アプリリンク

+メッセージ(プラスメッセージ)

+メッセージ(プラスメッセージ)
開発元:NTT DOCOMO,KDDI,SoftBank
無料
posted withアプリーチ

Androidの場合はキャリアごと(ドコモ・au・ソフトバンク)にそれぞれアプリが用意されているので、利用している通信会社のものをインストールしてください。

初期設定

インストール後の初期設定は以下の流れで進めます。

  1. +メッセージアプリのアクセス許可
  2. SMSによる認証
  3. 利用規約の確認

+メッセージを利用するためにアプリからのアクセスを許可します。

プラスメッセージの初期設定画面

SMS認証を行う前に、一時的にWi-Fi接続をオフにすることが求められます。

プラスメッセージの初期設定画面

最後に利用規約の確認が済んだら、初期設定は完了です。

完了後にプロフィールの設定画面が表示されますが、編集は後からでも行えるのでスキップしてかまいません。

+メッセージ(プラスメッセージ)の使い方

基本的なメッセージの送り方などは、従来のSMSなどと同じです。

プラスメッセージの使い方

NTTドコモ公式サイトより

相手が+メッセージを利用している場合は、名前の横に吹き出しのアイコンが表示されます。

相手が+メッセージを利用していない(アイコンが無い)場合は、従来のSMS(有料)が送信可能です。

SMSと違い写真や動画の送信が可能で、スタンプなども利用できます。

プラスメッセージのスタンプ

シンプルで使い勝手のいいサービス

メッセージアプリとしての機能はそれほど多機能ではありませんが、広告表示などがなくシンプルで使いやすいサービスです。

アプリの初期設定もアカウントの作成やメールアドレスの登録などは必要なく、SMS認証(送信されるパスコードの入力)のみで手軽に利用できます。

相手もプラスメッセージを利用している場合は送信料金もかからない(データ通信量の消費のみ)ので、普段よくSMSを利用される方はぜひチェックしてみてください。

関連記事

Gmail(アプリ)に搭載されている便利な機能や使い方。メール検索、連絡先の画像設定、不在通知、アーカイブしたメールの確認方法。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329