スマホのGmailで知っておくと便利な使い方や設定

Gmailを起動した画面

Gmailの便利な使い方

最近は個人間のメッセージのやりとりはSNSが主流になっていますが、各種サービスの会員登録やアカウント作成などの場面ではEメールを使う必要があります。

その場合メールアドレスが必要になりますが、無料で作成できるGoogleアカウントを利用し、その流れでGmailを使っておられる方が多いです。

ただGmailはPC(Web版)での利用が前提にあり、受信したメールの差出人欄に相手のメールアドレスが表示されたり、スマホだけの利用だと少し不便な面もあります。

今回はGmailをスマホメインで利用する方、あまりGmailに慣れていない初心者向けに、知っておくと便利な使い方や機能、設定などをまとめます。

関連記事

LINEアプリのセキュリティを強化するため、初期設定から変更した項目の備忘録。

必要なメールは検索

Gmailの特徴のひとつとして「必要なメールは検索して呼び出す」というコンセプトがあります。

従来通りGmailでは受信したメールにタグなどをつけて振り分けることもできます。

ただそういった設定をしなくても、「差出人の名前」やメール内容の「キーワード」を使って検索することでメールを呼び出すことができます。

メールを探すときは検索機能を使う

Gmailの検索機能

読み終わったメールはアーカイブ

Gmailでは受信トレイ(メイン)を使いやすくするため、読み終わったメールは基本的にすべてアーカイブすることをお勧めします。

Gmailのアーカイブ機能とは受信トレイ(メイン)にメールを表示させないための機能です。

メールをアーカイブしても削除されたわけではなくきちんと残っており、後からいつでも確認できます

待ち合わせや後から見返す必要があるメールなどの場合でも、スター(星マーク)をつけておいて、とりあえず基本はアーカイブ。

受信トレイ(メイン)には新着メールと緊急性のある重要なメールだけを残すことで、受信トレイ(メイン)がすっきり見やすくなります。

メールのアーカイブ方法

Gmailのアーカイブ方法

アーカイブしたメールの確認方法

アーカイブしたメールを確認するには左上メニューから「すべてのメール」を選択して確認します。

またメールをアーカイブしてもスター(星マーク)は有効なので、メニューから「スター付き」を選ぶと星マークを付けたメールの一覧表示ができます。

アーカイブしたメールの呼び出し

アーカイブしたメールの確認方法

画像を設定して差出人を分かりやすく

受信したメールの差出人を分かりやすくするために、Gmailに連動する「連絡先」に画像を設定してやります。

画像を設定するには左上メニューから連絡先を起動。右下の編集メニューをタップして任意の画像を設定。

連絡先に画像を設定すると、受信メールのアイコンに設定した画像が表示されるようになります。

連絡先に画像を設定するとGmailにも表示

連絡先アプリとGmailの連携

不在通知設定

旅行などで長期間メールを確認できない場合などに不在通知を設定しておくと、あらかじめ作成しておいたメールを自動で返信してくれます。

(左上メニュー)->[設定]->[アカウント]から不在通知をタップ。

不在期間、件名、自動返信するメールの内容を設定。不在通知をONに変更して完了をタップすると不在通知の自動返信ができます。

旅行などでメールを確認できないときに

不在通知の設定画面

PCとの連携でさらに使いやすく

Gmailは検索機能を使うことで、受信したメールの数が増えてきてもスムーズな管理が可能です。

ただ加えてユーザーのメールのタグ付け(スターやラベルなどの印付け)を活用するともっと使いやすくなります。

新規ラベルの作成などはGmailアプリからはできないので、操作に慣れてきたらPCからログインして試してみてください。

関連記事

ホーム画面を機能的に スマートフォンの画面の大画面化、高性能化(詳細化)に伴い、以前よりホーム画面に多くのアプリのアイコンが置けるよう...
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329