スマートフォンで使うデータ通信量の目安

スマートフォン

スマートフォンで使うデータ通信量の目安

携帯電話の基本料金は多くの場合、一か月間に使用する高速データ通信量によって料金が決められています。

よく一般的に「ギガが足りない」という言葉が使われますが、そのときの「ギガ」は高速データ通信量を指しており、契約している高速データ通信量が足りないという意味です。

なので自分が一か月に利用する高速データ通信量さえ把握しておけば、無駄の無い自分に最適な料金プランを選ぶことができます。

※コンテンツの内容(画質・音質など)によって容量(ファイルサイズ)は異なるため、下記で例示しているデータ通信量はあくまで目安です。

関連記事

LINEの無料音声通話・ビデオ通話で消費するデータ通信量の目安。オンライン専用20GBプランLINEMO(ラインモ)の特典「LINEギガフリー」の対象となるサービス。

1GB(ギガバイト)は1024MB(メガバイト)

データ通信量にはGB(ギガバイト)・MB(メガバイト)・KB(キロバイト)などの単位があり、以下のように換算して計算します。

  • 1GB(ギガバイト) = 1024MB(メガバイト)
  • 1MB(メガバイト) = 1024KB(キロバイト)

コンピューター(デジタルデータ)は突き詰めると電源オン・オフ(2進数)の世界なので、2の倍数(2,4,8,16,32,64,128,256,512,1024,2048)で単位が定められています。

1GB(ギガバイト)をメガバイトに換算すると1024MB(メガバイト)になり、よくある3GBのプランなら月に3072MBまで高速通信が行える計算です。

スマートフォン

データ通信量では重さや距離などの国際単位で使用されるギガやメガやキロ(10億倍、100万倍、1,000倍)とは若干意味が異なるため、すこし誤差が生じます。

ただ携帯電話で使う通信量の節約などを考える場合、大まかに約1,000倍で単位が上がると覚えておけば特に問題ありません。

Wi-Fi通信は高速データ通信量を消費しない

自宅などの光回線にWi-Fi(ワイファイ)などで接続してスマートフォンを使用した場合、携帯電話会社で契約している高速データ通信量は消費しません。

携帯電話料金はあくまでモバイル通信(携帯電話の基地局を利用で行うデータ通信)に対する料金で、固定回線での通信(携帯電話の基地局を利用しない通信)はそちらの料金に含まれています。

データ通信料金のイメージ

データ通信の概略

例えばスマートフォンを自宅で使用することが多い方なら携帯電話の大容量プランではなく、固定回線(光回線など)とデータ通信量の少ない安価なプランという組み合わせのほうがPCなども無制限で利用でき使い勝手が良いというケースも考えられます。

※固定回線(光回線・ホームルーターなど)の月額料金は別途必要になります。

関連記事

スマートフォンを自宅の固定回線(Wi-Fi)に繋いで利用するメリット。携帯電話回線で繋ぐ場合と固定回線で繋ぐ場合の違いとそれぞれの利点。

動画視聴で使う通信量

スマートフォンでデータ通信量が増える理由として、最も多い原因のひとつが動画視聴での利用になります。

高速データ通信量が不足しがちな場合は、YouTubeや動画配信サービスなどの利用方法・視聴時間などをチェックしてみるのが効果的です。

風船

動画配信サービス

動画配信サービスで消費するデータ通信量は、各サービスの公式サイトなどに目安が公表されています。

以下はNetflix(ネットフリックス)公式サイトで発表している数値です。

動画配信サービスの通信量目安

画質 1時間あたり
低画質 0.3GB
中画質(SD) 0.7GB
高画質(HD) 最大3.0GB
最高画質(UHD 4K) 最大7.0GB

Netflix公式サイトのヘルプより

他のAmazonプライムビデオ・Hulu(フールー)・paravi(パラビ)といった動画配信サービスでも、だいたい同じくらいのデータ通信量になっています。

※動画の種類(実写、アニメ)などによってデータ通信量は変わってきます。

YouTube

YouTubeも動画コンテンツなのでデータ通信量は多めです。

ただしほとんどが5分から10分くらいの短い時間の動画で画質も切り変えができるので、動画配信サービスよりは通信量を調整しやすくなっています。

YouTubeの画質と通信量の目安

画質 1時間あたり 5分あたり
360P 約0.3GB 26MB
480p 約0.7GB 60MB
720p 約1GB 85MB
1080p 約2GB 170MB

インターネットの閲覧で使う通信量

インターネットの閲覧で使うデータ通信量は、ページが使用している写真の画質や動画の長さなどによって変わってきます。

一般的な文字がベースのニュースサイトだと、1ページあたり300KBくらいが目安です。

地図検索などは画像がメインになるので少し通信量が増えます。

Eメールの送信は添付ファイルが無ければ、ほぼ無視できるくらいの通信量しかありません。

操作 通信量
Webサイト閲覧(ニュースサイトなど) 1ページあたり200~300KB
地図検索 1回あたり1MB程度
Eメール送信(テキスト100文字) 1送信10KB以下

SNSで使う通信量

SNSで使うデータ通信量は、そのサービスが扱うコンテンツの種類によって大きく依存します。

高画質の写真や動画、ビデオ通話などはデータ通信量が多くなりますが、メッセージのやり取りや無料音声通話に関してはそれほどデータ通信量を消費しません。

SIMフリースマートフォン

LINE(ライン)

LINEのトークは1メッセージあたり2KB程度と微々たる通信量なので、ほとんど気にしなくても構いません。

ただしスタンプや写真・動画を添付する場合は、メールなどと同様にそのファイルサイズの分だけデータ通信量を消費します。

無料音声通話に関しては10分通話して約3MB程度の通信量です。

ただしビデオ通話になると一気に通信量が増えるので注意してください。

機能 通信量
LINEトーク 1回 2KB
無料音声通話 1分 0.3MB・10分 3MB
ビデオ通話 1分 5MB・10分 50MB

Twitter(ツイッター)、Instagram(インスタグラム)

Twitter(ツイッター)・Instagram(インスタグラム)などは取り扱うコンテンツが多様で、利用時間・フォローしているアカウント・設定によっても通信量が変わってきます。

一概にこれくらいといったデータ通信量の目安は示しにくいアプリです。

こういったアプリの場合はスマートフォン本体で一か月間のデータ通信量を確認するのが確実です。

データ通信量の確認方法

  • Androidの場合 [設定]->[ネットワークとインターネット]->[モバイルネットワーク]->[アプリのデータ使用量]
  • iPhoneの場合 [設定]->[モバイル通信] モバイルデータ通信の「現在までの合計」

※ただしiPhoneの場合は今までの累計情報なので、1か月の通信量を知りたい場合はリストの一番下にある「統計情報のリセット」を実行して計測する必要があります。

他のアプリなどと同様に写真や動画が増えると通信量が増え、テキストデータに関してはそれほど消費しないといった傾向は同じです。

Wi-Fi環境などを上手く活用する

スマートフォンの高速データ通信量が足りなくなる原因は多くの場合、動画コンテンツ(ビデオ通話を含む)の利用です。

家などに固定回線(Wi-Fi環境)などが整っている方ならそちらを積極的に利用することで、高速データ通信量の消費(携帯電話料金)を減らすことができます。

3大キャリアや商業施設などが提供している街のWi-Fiスポットを活用するのも有用です。

スマホとノートパソコン

またオンライン専用プラン・サブブランドの上位プラン・格安SIM(MVNO)で、容量を超えてもある程度の通信速度を保証する料金プランがあります。

よくあるのは超過後も最大1Mbpsで通信ができるプランで、Webサイトの閲覧やスマホ決済、SNSの無料音声通話などであれば問題なく利用できるくらいの通信速度です。

メインブランドの大容量プランに比べ料金も割安なケースも多いので、高速データ通信量が毎月余ってしまうといった方はチェックしてみてください。

関連記事

大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)のオンライン専用プラン(20GBプラン)の比較。ahamo(アハモ)・povo2.0(ポヴォ2.0)・LINEMO(ラインモ)のサービス内容。各プランの特徴。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329(20220415レスポンシブ)
新規アドセンス20190329(20220415レスポンシブ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329(20220415レスポンシブ)