無料FMラジオアプリWIZ RADIOの基本的な使い方

WIZ RADIO公式ページ

WIZ RADIO公式ページより

全国のFMラジオを無料で

WIZ RADIOは全国のFM放送が地域に関係なく無料で聴くことができるラジオアプリです。

簡単な初期設定だけですぐに使える設計になっており、バックグラウンド再生などにも対応でスマホで別の作業をしながら聴くこともできます。

従来、電波の受信状況が悪かった場所でも、通信環境さえ整っていればクリアに聴取できるので、ぜひインストールして試してみてください。

今回はインストール後の初期設定、アカウント登録、WIZ RADIOの基本的な使い方をまとめます。

※下記の内容は、Android 無料版 ver3.0.2にて動作確認をしています。

WIZ RADIO

WIZ RADIO
開発元:GignoSystem Japan, Inc.
無料
posted withアプリーチ

関連記事

プライム会員におすすめの映画、テレビ番組 Amazonのプライム会員の特典のひとつに、Amazonプライムビデオという動画サービスがあ...

初期設定、セットアップ

初回アプリ起動時には以下の確認画面が表示されます。

WIZ RADIO初期設定画面

まず表示されるのが利用規約の確認画面。細かい免責事項などが書かれています。問題がなければ「同意する」をタップして次に進みます。

次にプッシュ通知設定の確認画面。おすすめ番組やゲスト情報などの通知を許可するかどうかの設定です。OKをタップすると配信回数は1日1回スマホに通知が届きます。

ここで「許可しない」「OK」のどちらに設定しても、後からアプリ上で変更できます

アカウント登録

WIZ RADIOを利用するにはアカウント登録が必須になります。ただアカウント登録といってもラジオネームや居住都道府県など簡易なものです。

左下に表示されている「アカウント登録」をタップ。任意のラジオネーム、生年月日、性別、居住地を入力し終わったら、下の「登録する」をタップ。

WIZ RADIOのアカウント作成画面

項目を入力後、「登録する」をタップすると確認画面が表示されるので、間違いがないかをもう一度確認して「はい」をタップ。

登録項目に漏れやラジオネームの重複などがなければ、「アカウント登録完了」のメッセージが表示されます。

メッセージの「閉じる」をタップするとアプリが起動します。

WIZ RADIOアカウント登録確認画面

基本操作

メイン画面では、画面下部のメニューアイコンと画面上部の項目タブを使って、WIZ RADIOを操作します。

番組タイトル横にあるチェックマークはマイリストと連動しており、タップしてチェックマークをONにすると、マイページ画面にあるマイリストに登録されます。

WIZ RADIOメイン画面

Radio

アプリ起動時に有効になっているメニュー項目です。リアルタイムで放送されているFMラジオを聴くときは、このメニューを選択します。

アプリ起動時は、すでにこの項目が選択された状態です。メニューに応じて、上部の項目タブも変化します。

WIZ RADIOのタブの使い方

ライブ

現在放送中の番組一覧が表示されます。再生ボタンを押すことで番組の聴取が開始されます。

放送予定

この後放送予定の番組一覧が表示されます。放送予定の内容や番組の詳細を確認することができます。

ステーション

全国のFM放送局一覧が表示されます。放送局名から番組を検索したり、放送局ごとの番組表の確認が確認できます。

その他の拡張機能

WIZ RADIOにはFM放送の聴取以外にも、ポッドキャストや楽曲購入などいくつかの機能が搭載されています。

WIZ RADIOの拡張機能

オンデマンド

WIZ RADIOが提供する人気番組のポッドキャストを利用する場合に使います。ポッドキャストは簡単にいうと、放送とは別枠で配信される音声コンテンツ。

一部、有料コンテンツも含まれるので、利用する場合は確認してください。

ミュージック

番組でオンエアされている楽曲の詳細情報や番組DJおすすめの楽曲リストなどを紹介。

レコチョクとの連携で試聴などもでき、気に入った楽曲の購入なども可能になっています。

お知らせ

インフォメーション機能。プッシュ通知などで配信される情報なども確認できます。

マイページ

マイリスト機能と各種設定を行う項目。アカウント情報の更新やアプリの各種設定。マイリストにはユーザーがチェックマークを入れたコンテンツが一覧表示されます。

1時間の通信量

WIZ RADIOアプリはまだリリースされてまだ期間がそれほど経過していないので、オンデマンドなどの拡張機能については、まだ動作などが重いところが残っていたりします。

ただメイン機能であるFM放送の聴取に関しては、問題なく使えるのでご安心を。

トランペット奏者

あと、多少ですが通信量を消費することは頭にいれておいてください。音声がメインなので動画のようにあっという間に通信容量を使い切ることはありませんが、念のため。

目安としては、FM放送を1時間聴いて約30MB通信容量を消費します。

今後は携帯キャリアとのサービス連携や楽曲購入機能なども充実が図られる予定で、注目のラジオアプリです。

関連記事

各ニュースアプリの特徴とおすすめポイント スマホの定番アプリとしてSNSと並んで多くの方がインストールされているのがニュースアプリ。 ...
関連コンテンツ広告1



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット201701
スポンサーリンク