10月開始のICOCAポイントの概要、サービス登録方法

ICOCAカード

ICOCAポイントのサービス登録開始

2018年10月から開始されるICOCAポイントサービスの事前登録が開始されました。

まだ一部券売機のみでしか登録できませんが、今後は順次拡大され、8月下旬からはWebサイトからの登録も受付開始予定で、利用登録は無料

ICOCAポイントサービスは所持しているICOCAカードを登録をすることによって、列車の乗車回数やICOCA電子マネーの利用額に応じてポイントが付与されるサービスです。

今回のサービス開始と同じタイミングで、従来の「昼間特割きっぷ(昼特)」が廃止されるので、とくに関西圏の利用者は、ICOCAを使ってのJR利用がお得になります。

関連記事

JRのお得な新幹線の早割チケットJR西日本、JR九州は大阪(神戸、岡山、広島)から九州各地の間の新幹線で、事前にインターネット予約で購入する...

ICOCAポイントサービスとは

列車の乗車回数やICOCA電子マネーの利用に応じてポイントを付与されるサービスです。

カードにチャージをしておけば券売機などで切符を購入する手間が省け、ポイントなどでもお得になるサービスで、JR西日本利用者は登録必須のサービスです。

溜まったポイントはICOCAカードにチャージすることが可能で、1ポイント1円として次回の切符購入やICOCA加盟店での買い物に利用できます。

コインチョコレート

登録できるICOCAカード

ICOCAポイントサービスを利用するにはICOCAカードの登録が必要で、通常のICOCAカード、こどもICOCAカードが利用登録できます。

ただし、身体障害者割引、知的障害者割引適用のICOCA定期券はチャージ機能がないため、ICOCAポイントサービスの利用ができません。

ICOCAカードを所持していない場合は、駅などで2000円(初回チャージ1500円分+カード発行預かり金500円(カード返却時に返金))で新規のカード購入が必要になります。

またSMART ICOCA(クレジットカード登録型)の場合は登録不要で、自動的にポイントが付与されます。

ICOCAカードの登録方法

ICOCAポイントサービスを利用する場合、事前にICOCAカードの登録が必要になります。

カードの登録方法は以下の2つ。

  • 駅の自動券売機で登録する
  • ICOCAのWebサイトから申し込む

駅の自動券売機での登録は8月20日から、京都、大阪、三ノ宮駅で開始されており、順次対応駅が拡大中。

9月下旬までには自動券売機の設置駅のほとんどで、ICOCAカードの登録が可能になる予定です。

ICOCAのWebサイトでの登録は、すでに開始されています。ただし登録完了には日数がかかるので、券売機での登録がおすすめです。

利用登録ができる券売機

ICOCAカード登録可能な券売機

券売機での登録手順

ICOCAカード利用登録画面

ICOCAポイントサービスWEBページより

ICOCAポイント対象エリア

ICOCAポイントのサービス対象エリアは、JR西日本の以下のエリアになります。

一部ポイント計算の対象外エリアがあるので注意してください。

ICOCAポイントサービスエリア

JR西日本ホームページより

ICOCAポイントの種類

ICOCAポイントが貯まるケースは主に2種類。JRの列車を利用した場合と、ICOCA加盟店でICOCA電子マネーを利用した場合。

列車利用時に貯まるポイントにはがあり、今回のサービスでメインになるポイントです。

列車利用時に貯まるICOCAポイントの内容

列車利用時に貯まる「時間帯指定ポイント」「利用回数ポイント」は、従来JR西日本が行ってきた「昼特」と「回数券」サービスの内容をポイント化したものです。

「昼特」と聞いてピンとこない方も多いと思いますが、JR西日本では平日昼間、土日祝日利用指定の割引切符が販売されています。

金券ショップなどでも取り扱いされており、関西圏では定番となっていた割引サービスです。

時間帯指定ポイント

時間帯指定ポイントは、今回JR西日本で廃止される「昼特」の代わりにあたる、ポイントサービスです。

従来の昼特で割引を利用されてた方は、こちらでポイントを貰うかたちに変わります。

ポイントが適用される区間

時間帯指定ポイント適用区間

JR西日本ホームページより

上記の区間で、平日の10時から17時、もしくは土日祝日などの利用回数に応じてポイントを付与。

ポイント付与の条件としては、1か月間(1日から末日)の利用回数が4回目以降から。

4回目以降、利用のたびに運賃の30パーセントから50パーセントのポイントが貯まります。

利用回数ポイント

同一運賃区間の利用回数が1か月間(1日から末日)11回以上の場合、11回目以降からその区間の運賃の10パーセントのポイントが付与されます。

これに関しては一概に得とは言えず、10枚分の値段で11枚発行される普通回数乗車券との比較が必要です。

利用時期(月をまたぐ場合など)、回数、利用人数に応じて、ケースバイケースで選んでください。

電子マネーポイント

ICOCAポイント加盟店や、駅ナカ自販機curicoの利用で、ICOCAポイントが付与されます。

ICOCA加盟店紹介ページJRおでかけネットより)

神戸港

ICOCAポイントが付与されないケース

以下の場合、ICOCAポイントが付与されないので注意してください。

  • JR西日本以外のエリアから相互利用
  • 乗り越し精算機でICOCA以外の切符との併用
  • 自動券売機での切符購入、新幹線サービス(スマートEX)は対象外

昼特利用者はとりあえず登録

サービス開始と同じタイミングで「昼間特割きっぷ」が廃止されますので、従来「昼特」を利用されていた方は、ICOCAポイントサービスの登録をおすすめします。

「昼間特割きっぷ」はまだJR券売機などでも購入できるので、欲しい方はお早めにどうぞ。使用期限は3か月なので、年末までは使えます。

関連記事

京阪神でJRを利用するときのマストチケット 京阪神地域でJRの在来線を利用する場合、JR西日本が発売している「昼間特割きっぷ」という商...
値段や所要時間を比較して選ぶ 関西から関東へ移動する場合いくつか移動手段がありますが、やはり利便性などから人気があるのが新幹線。最近は...
関連コンテンツ広告1



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット201701
スポンサーリンク