スマホからマイナポータルをつかって公金受取口座を登録する手順

マイナンバーカードとスマートフォン

スマホからマイナポータルをつかって公金受取口座を登録する手順

マイナポイント事業の第2弾ではマイナンバーカード取得者が「カードの健康保険証の利用申込み」「公金受取口座の登録」を行うことでそれぞれ7,500円分(合計15,000円分)のポイントが付与されます。

マイナンバーカード取得時の特典(5,000円分)を受け取るには2万円分の買い物やチャージが必要でしたが、これらに関しては手続きのみで受取可能です。

※ポイントの受取手続きは2022年6月30日からで、まだ開始されていません。

受付開始が最後だった「公金受取口座の登録」に関しても、現在は政府が運営するオンラインサービス「マイナポータル」から手続きができるようになっています。

関連記事

第2弾のマイナポイント事業の内容。ポイントの受取条件とポイント付与額。健康保険証の利用申込み・公金口座の登録に関する手続きの受付状況。

口座登録する際に必要なもの

スマートフォンからマイナポータルを利用して公金受取口座の登録をする際、以下のものが必要になります。

  • スマートフォン(マイナンバーカードの読み取り可)
  • マイナポータル(アプリ)
  • マイナンバーカード
  • マイナンバーカードの暗証番号(数字4桁)
  • 登録する金融機関の口座番号

マイナポータルは政府が運営するオンラインサービスの名称で、利用時にはマイナンバーカードを使ってログインする仕組みになっています。

スマートフォンはマイナンバーカードの読み取りができるもの(NFC対応端末)が必要です。

※iOSだとiPhone 7以降のモデルがマイナンバーカードの読み取りに対応しています。

アプリのインストール

マイナポータルをスマートフォンから利用する場合、デジタル庁の配布している専用アプリを利用します。

アプリリンク

マイナポータル

マイナポータル
開発元:デジタル庁
無料
posted withアプリーチ

アプリはデジタル庁公式サイトからもダウンロード可能です。

公金受取口座の登録手順

スマートフォンからマイナポータルをつかって公金受取口座を登録する場合、次の手順で行います。

  1. マイナポータルアプリを起動(公式サイトへアクセス)
  2. 暗証番号とマイナンバーカードでログイン(本人確認)
  3. 口座登録作業1 マイナンバーカードから住所・氏名などの読み取り
  4. 口座登録作業2 本人情報の入力
  5. 口座登録作業3 口座情報の入力
  6. 利用規約の確認と同意

アプリを起動するとマイナポータルのサイトが表示されるので、暗証番号とマイナンバーカードを使ってログイン(本人確認)をします。

ログイン前に「受取口座の登録」を選択した場合も、先にログインが求められます。

アプリの起動とマイナンバーカードの読み取り画面

アプリの起動とログイン画面

ログイン完了後、口座登録を開始する際にもう一度スマートフォンでマイナンバーカードの読み込み作業が必要です。

住所・氏名などの読み込みに成功すると、口座番号などの登録が開始されます。

マイナンバーカードから住所・氏名などの読み取り

マイナンバーカードの読み取り

本人情報と口座情報を入力して、最後に利用規約を確認したら手続きは完了です。

電話番号・メールアドレスの登録に関しては任意で、既に他の手続きなどでマイナポータルへ登録済の場合は自動で入力されます。

本人情報・口座情報の入力

口座情報の登録画面

手続き自体は5分程度

事前にアプリ(マイナポータル)のインストールが必要ですが、口座登録の作業自体は5分もあれば完了します。

登録した口座情報については、いつでもマイナポータルを通じて変更・削除が可能です。

マイナポイント事業のポイントの受取手続きは2023年2月末までなのでまだ急ぐ必要はありませんが、スマートフォンとマイナンバーカードだけで手軽に手続きできるので興味のある方は試してみてください。

関連記事

スマートフォンからマイナンバーカードの健康保険証利用を申込む手順。事前に準備が必要なもの。スマートフォンからの手続きの具体的なながれ。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329(20220415レスポンシブ)
新規アドセンス20190329(20220415レスポンシブ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329(20220415レスポンシブ)