第2弾マイナポイントの受取条件とポイント付与額

マイナンバーカードとスマートフォン

第2弾マイナポイントの受取条件とポイント付与額

総務省はマイナンバーカードの普及・キャッスレス化の促進・経済対策などを目的に、現在第2弾のマイナポイント事業を実施中で6月からは追加のポイント付与も予定しています。

2022年9月末までにマイナンバーカードの申請が必要ですが、最大で1人20,000円分相当のポイントが受取可能です。

6月にポイント付与が開始されるマイナンバーカードの「健康保険証の利用申込み」「公金口座の登録」についても、申込みや登録については事前手続きが可能になっています。

関連記事

スマートフォンからマイナポータルを利用して公金受取口座を登録する手順。手続きに必要なもの。口座登録手続きのながれ。

マイナポイントの受取条件とポイント付与額

第2弾マイナポイント事業でポイントを受け取るための条件と、ポイントの付与額は次のとおりです。

マイナンバーカードのポイント付与

条件 開始時期 ポイント付与額
カードの取得とキャッシュレス決済2万円分の利用 2022年1月より実施 5,000円相当
健康保険証としての利用申込み 2022年6月開始予定 7,500円相当
公金受取口座の登録 7,500円相当

※マイナンバーカードの申請期限:2022年9月末まで

※ポイント付与の申込期限:2023年2月末まで

※キャッシュレス決済2万円分の利用に対するポイント付与は1回のみ(第1弾で付与済の方は対象外)

iPhoneSE2

付与されるポイントは、事業に参加しているキャッシュレス決済サービスから任意のものを選択し、そのサービスのポイントで受取ります。

ポイント受取の申込期限は2023年2月末までとまだ余裕がありますが、マイナンバーカードの申請期限が2022年9月末までになっているので注意してください。

窓口の混雑状況にもよりますが、マイナンバーカードの取得は申請から約1か月ほど必要になります。

保険証の利用申込・口座の登録は事前に可能

健康保険証の利用申込み・公金口座の登録に関してはポイント付与手続きは6月以降開始予定ですが、保険証利用の申込みや口座登録については事前に手続き可能です。

政府が運営するオンラインサービス「マイナポータル」からマイナンバーカードを使って、スマートフォンからも手続きができます。

以前に健康保険証の利用申込み・公金口座の登録を済ませている方も、ポイント付与の対象です。

AQUOS sense4 外観

関連記事

スマートフォンからマイナンバーカードの健康保険証利用を申込む手順。事前に準備が必要なもの。スマートフォンからの手続きの具体的なながれ。

申請はスマホからも可能

マイナンバーカードは申請から取得まで約1か月かかり直接本人が受け取る必要があるなど手続きが若干面倒ですが、交付申請はスマートフォンからも可能です。

コンビニで住民票の写しや印鑑登録証明書が発行できたり、金融機関などでも本人確認書類としても利用できます。

各自治体の窓口などでもマイナンバーカードの取得支援を行っているので、カードの取得を検討されている方は活用してみてください。

関連記事

スマートフォンを使ったマイナンバーカードを申請する場合の手順。申請に必要なもの。スマートフォンでの申請作業の流れ。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329(20220415レスポンシブ)
新規アドセンス20190329(20220415レスポンシブ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329(20220415レスポンシブ)