PCでGmailが既読にならない場合の対処法

Gmailアプリ紹介ページ

Google playアプリ紹介ページより

PCだけGmailが既読にならない

最近わたしのPCで、閲覧したGmailが既読にならない現象が起こりました。

原因はPC内にあるGmail関連のデータ(キャッシュ)が悪さをしていたようで、chormeブラウザの閲覧履歴データを消去することで無事に復旧しました。

今回は同じような現象が発生した方に向け、その時の対処を備忘録としてまとめます。

関連記事

偽のWindwsシステム警告 最近、PCでブラウジングしているときに、偽のWindowsシステム警告が頻繁に表示されることがありました...

PCだけで起こる

わたしが遭遇した現象は、以下のとおりです。

  • PCからgoogleアカウントにログインし、Gmailで新着メールを閲覧しても既読にならない。
  • ブラウザはchoromeを使用。
  • メインフォルダだけでなく、他のフォルダでも同様の現象。
  • スマートフォンからの閲覧では、問題なく既読になる。

シークレットモードで試す

スマートフォンからアクセスした場合は正常に動作していたので、問題は閲覧に使用しているchormeブラウザにありそうだと推測。

そこで原因を絞り込むため、chormeのシークレットモードを使用してGmailにアクセス。

シークレットモードは主に閲覧履歴を残したくない場合などに利用されますが、モード実行時にCookieなどが無効になって動作するので、不具合の原因を探る際にも使えます。

シークレットモードの使い方

シークレットモードの起動方法

シークレットモードを使って同様にGmailへログインし、メールを閲覧してみると普通にメールが既読に。

シークレットモードでは問題なく動作しているので、おそらくchormeブラウザに残っているGmail関連のデータ(キャッシュ)が原因だと予想しました。

Gmail関連のデータを消去

ということでchormeブラウザに残っているGmail関連のデータ(キャッシュ)の削除を実行することにしました。

chromeでは「閲覧履歴データの消去」の機能を使います。

※閲覧履歴データを消去(基本)を実行すると、普段自動的にログインしているサイトからログアウトされます。(choromeに登録してあるパスワードは残っています。)

※データ消去実行後にサイトにアクセスする場合、ログイン作業が必要になるので、データ消去実行前にパスワードなどをchromeに登録しておくことをおすすめします。

閲覧履歴データを消去

閲覧履歴データの消去メニューは、「右上メニュー」->「その他のツール」->「閲覧履歴を消去」で呼び出します。

閲覧履歴消去メニューの呼び出し

まずは初期設定のまま、期間を「全期間」に設定して閲覧履歴データを消去を実行。

閲覧履歴データの消去方法

データ消去を実行後、Gmailを確認してみましたが現象は改善されなかったので、再度「閲覧履歴データの消去」を呼び出し。

今度は詳細設定から「ホストされているアプリデータ」にチェックを入れて、データの消去を実行。

データ消去の詳細設定

データ消去実行後、もう一度Gmailを確認してみると、今度は問題なくメールが既読になり、現象が改善されました。

他の考えられる原因

閲覧履歴データの消去で改善されない場合、他の考えられる原因としてはchoromeの拡張機能があります。

chromeの拡張機能は「右上メニュー」->「その他のツール」->「拡張機能」で呼び出し。

表示されたchromeの拡張機能をすべてOFFにして動作を確認。もし「拡張機能」が原因なら、これで改善する可能性があります。

どうしても改善されない場合は、googleが提供してる公式のフォーラム(情報交換サイト)があるので、そこで同じような情報が探すか質問を投稿してみてください。

googleプロダクトフォーラム

Google プロダクト フォーラム(日本語)より

関連記事

NetflixとHuluのそれぞれの特徴 最近、過去の海外ドラマで久々に見たい作品があって、Netflixにユーザー登録をして視聴して...
関連コンテンツ広告1



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット201701
スポンサーリンク