自分のメールアドレスのQRコードの作り方

郵便ポスト

自分のメールアドレスのQRコードの作り方

メールアドレスをやりとりする方法はいくつかありますが、iPhoneとAndroid間だとアプリが使えずやや面倒な手順が必要になったりします。

機種を問わず簡単にやりとりできる方法としては、QRコードを利用するのがおすすめです。

自分のメールアドレスのQRコードを作成して保存しておけば、相手にスマートフォンのカメラで読み取ってもらうだけでアドレスを渡すことができます。

関連記事

動画配信サービスやSNSなどで使用するデータ通信量の目安。GB(ギガバイト)・MB(メガバイト)・KB(キロバイト)の換算。

QRコードを作成する手順

メールアドレスのQRコードは、Webサイトなどで簡単に作成できます。

QRコードを開発したデンソーウェーブが運営するWebサイト「クルクル マネージャー」などが有名です。

Webサイトで作成する

QRコードの作成手順

Webサイト「クルクル マネージャー」より

メールアドレスをQRコード化する場合は、「テキスト」のタブを選択してからメールアドレスを入力します。

「作成」をタップするとメールアドレスのQRコードが作成され、「ダウンロード」をタップするとスマートフォンに画像ファイルとして保存されます。

アドレスのやりとりする時はスマートフォンに作成したQRコードの画像を表示して、相手にカメラで読み取ってもらうだけです。

カメラに読み取り機能がない場合

スマホにQRコードの読み取り機能が無い場合は、QRコードアプリをインストールしておくと作成も読み取りもできて便利です。

上記のWebサイト「クルクル マネージャー」でも、QRコードの作成・読み取りができるアプリが提供されています。

アプリリンク

クルクル - QRコードリーダー

クルクル – QRコードリーダー
開発元:arara inc.
無料
posted withアプリーチ

メールアドレス以外にも利用可

メールアドレス以外にも住所や連絡先など、テキストデータであれば基本的にQRコード化ができます。

カメラで読み取るだけなので誤入力なども発生せず、使い勝手もいいので活用してみてください。

関連記事

現時点で各通信会社が提供している小容量プランの料金比較。大手キャリア、サブブランド、格安SIMサービス(MVNO)の月額料金と高速データ通信容量。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329