Xperia 10 III Liteの販売価格と実施中のキャンペーン特典

Xperia 10 III Lite外観

ソニー公式サイトより

Xperia 10 III Liteの販売価格と実施中のキャンペーン特典

ソニーのAndroidスマートフォン「Xperia 10 III Lite」(エクスペリア テン マークスリー ライト)の販売が8月下旬より各通信会社で開始されました。

先行して大手キャリアなどから販売されたXperia 10 IIIとほぼ同等の性能があり、Liteでは新たにeSIMにも対応しています。

Xperia 10 III Liteを販売している楽天モバイル・格安SIM(MVNO)などでは、割引キャンペーンやセールなども実施中です。

※本体価格・キャンペーン等は2021年9月7日時点のものです。

関連記事

ドコモ・au・ワイモバイルでのソニー「Xperia 10 III」販売価格と実施されている割引の内容。本体価格・割引額・キャンペーンなどの適用条件。

Xperia 10 III Liteの主な性能

Xperia 10 III Liteの基本性能など主なスペックは次のとおりです。

Xperia 10 III Liteの主なスペック

Xperia 10 III Lite
初期OS Android 11
CPU Snapdragon 690 5G
メモリ(RAM) 6GB
保存容量(ROM) 64GB
ディスプレイ 6.0インチ(有機EL)
解像度 FHD+(2,520×1,080)
バッテリー容量 4,500mAh
本体サイズ 約154×68×8.3mm
重さ 約169g
5G sub6対応
デュアルSIM nanoSIM・eSIM対応
アウトカメラ 超広角 800万画素(f/2.2)/広角 1200万画素(f/1.8)/望遠 800万画素(f/2.4)
インカメラ 800万画素(f/2.0)
FeliCa おサイフケータイ対応
指紋認証 あり
防水/防塵 IPX5・IPX8/IP6X
その他 3.5mmイヤホンジャック搭載・eSIM対応

Xperia 10 III Liteのディスプレイ

ソニー公式サイトより

先行して大手キャリアから販売されたXperia 10 IIIと比較するとROM容量が減っています(128GBから64GB)が、他の基本性能はほぼ同じになっています。

またLiteでは新しくeSIMに対応しており、SIMの2枚挿し(※eSIMとのデュアルSIM)ができるのが特長です。

各通信会社の販売価格とキャンペーン

Xperia 10 III Liteは楽天モバイルや格安SIM(MVNO)などで販売されており、SIM契約とセット購入した場合に以下の割引キャンペーンなどが利用できます。

楽天モバイル

楽天モバイルでは初めて申込する場合に5,000円相当、他社からの乗り換え(MNP)で15,000円相当の楽天ポイントが受取れます。

本体価格・初期費用・基本料金

  • 本体価格 46,800円
  • 初期費用 0円
  • 最安プランの基本料金 月額0円(※段階式プラン1GBまで)

割引特典など

  • 楽天モバイルを初めて申込時 5,000ポイント還元
  • 他社からの乗り換え(MNP)15,000ポイント還元

楽天SIMカード

OCN モバイル ONE(goo Simseller)

OCN モバイル ONEは期間限定ですが、本体価格から約2万円の大幅な割引セールが実施されています。

本体価格・初期費用・基本料金

  • 本体価格 24,000円 ※2021年9月10日までのセール価格
  • 初期費用 3,733円
  • 最安プランの基本料金 月額770円(音声SIM 1GB)

関連記事

OCN モバイル ONEで実施されているソニーXperia 10 III Liteのセール内容。SIMカードとセットで購入した場合の本体価格と初期費用。主なスペックと対応周波数帯(バンド)。

IIJmio

IIJmioは他社からの乗り換え(MNP)の場合に、大幅な割引が受けられるのが特徴です。

本体価格・初期費用・基本料金

  • 本体価格 46,800円
  • 初期費用 3,300円
  • 最安プランの基本料金 月額858円(音声SIM 2GB)

割引特典など

  • 新規で音声SIMを契約する場合 5,000円分のギフト券プレゼント
  • 他社からの乗り換え(MNP)の場合 本体価格 29,980円(10/31まで)

IIJmioパッケージ

nuroモバイル

nuroモバイルではXperiaの購入特典として、現金4,000円のキャッシュバックと事務手数料(3,300円)無料キャンペーンを実施しています。

また他社に比べ基本料金が割安(高速データ通信量3GBで792円)なのも特徴です。

本体価格・初期費用・基本料金

  • 本体価格 48,800円
  • 初期費用 440円(SIMカード準備料) ※事務手数料0円
  • 最安プランの基本料金 月額792円(音声SIM 3GB)

割引特典など

  • 音声SIMとのセット購入で現金4,000円のキャッシュバック

5G対応の手頃な端末

電気通信事業法の改正により長期契約(2年契約)をセットにした端末の大幅な割引(0円端末など)が禁止され、メーカーや家電量販店でSIMフリー端末を購入する方も増えました。

ただ通信会社では新規契約や乗り換え(MNP)ユーザー向けに、法改正後の上限約20,000円までの割引などを実施しています。

単体購入と違い契約の初期費用や月々の維持費(基本料金)がかかりますが、それらの費用を考慮しても割安な場合があるので、購入方法のひとつとしてチェックしてみてください。

関連記事

ソニー「Xperia 10 III」と「Xperia 10 III Lite」の基本性能の比較。各機種の対応周波数帯(バンド)一覧。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329