【Windows 10】暗証番号(PIN)でサインインするのとパスワードでサインインするのと何が違うのか

ノートパソコン

【Windows 10】暗証番号(PIN)でサインインするのとパスワードでサインインするのと何が違うのか

Windows 10ではパソコンなどの起動時に行うサインイン(認証)に、Microsoftアカウントのパスワードを入力するよりも暗証番号(PIN)を設定して利用することを推奨しています。

暗証番号(PIN)には4桁の数字など簡易な文字列も設定できるので、長いパスワードを入力する手間が省けサインインの際の操作が楽になります。

パスワードよりも単純で短いので一見セキュリティ上の問題がありそうに感じますが、暗証番号(PIN)は設定した機器でしか使えない仕組みなので、安全性が高いと推奨されています。

関連記事

Windows 10のタスクバーにあるピン留め機能の紹介。アプリケーションをタスクバーにピン留めして、ワンクリックで起動するまでの手順。

暗証番号(PIN)のほうが漏洩に強い

暗証番号(PIN)でのサインインが安全性が高いと考えられているのは、万が一漏洩した場合のリスク(影響)が少ないことです。

Microsoftアカウントのパスワードが漏洩した場合、パスワードを知った人はデバイス(機器)に関係なく自由にアカウントへサインインして利用できるようになります。

直ぐ漏洩に気づいて速やかにパスワード変更を実行できれば問題ありませんが、大抵の場合は外部からアクセスされた後に気付くことがほとんどです。

携帯電話とノートパソコン

一方で暗証番号(PIN)は設定した機器(パソコンなど)のみで有効で、それ以外のデバイス(機器)ではサインインできません。

他のパソコンなどから暗証番号(PIN)を入力しても、サインインできない仕組みになっています。(※デバイスとPINがセットで有効)

なので暗証番号(PIN)を他人に見られたとしてもその機器さえ管理しておけば、他人が勝手にアカウントへサインインすることは不可能です。

Windows 10で暗証番号(PIN)を設定する手順

暗証番号(PIN)は「Windowsの設定」にある「アカウント」から、番号の設定や変更を行います。

Windowsのスタートメニューから、[設定(歯車アイコン)]->[アカウント]を選択。

Windowsの設定メニュー画面

アカウントの左メニューにある[サインインオプション]から[Windows Hello 暗証番号(PIN)]をクリックする。

暗証番号(PIN)設定画面

外で作業をする方は特に

指紋認証や顔認証などにはセキュリティ面で少し譲りますが、専用の機器なども必要なく手軽に設定可能で、画面ロックからの復帰なども容易になります。

普段パスワードを使用してサインインしているならば、ぜひ暗証番号(PIN)を試してみてください。特に外で作業する機会が多い方にはお勧めです。

ただノートパソコンなどデバイス(機器)ごと盗まれてしまうと意味がないので、その点は注意してください。

関連記事

便利で使用頻度の高いWindowsキーを使ったショートカットの紹介。キーボードだけでアプリの起動、終了を実行する手順。ウインドウサイズの調整方法。ショートカットを使ったデバイスマネージャーの呼び出し手順。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329