【Windows 10】タスクバーにアプリをピン留めしてワンクリックで起動する

デスクトップ作業画面

【Windows 10】タスクバーにアプリをピン留めしてワンクリックで起動する

Windows 10では、デスクトップ画面のタスクバーにアプリケーションをピン留めしておく機能があります。

ピン留めをしておくことで、スタート画面を呼び出したとき(Windowsキーを押したとき)に表示されるタイルと同様、ワンクリックでアプリケーションを素早く起動できます。

デスクトップ画面に常駐しているタスクバーからワンクリックでアプリケーションを起動できるので、ショートカットからダブルクリックで起動するよりも便利です。

関連記事

skype(スカイプ)でBluetoothヘッドセットの音が聞こえないときにチェックするポイント。ペアリングの確認手順。デバイスマネージャーで音声の出入力切り替え方法。skype(スカイプ)の音声設定。

タスクバーの機能

タスクバーはWindowsのデスクトップ画面に表示されている棒状の領域のことです。

タスクバーの色変更

スタートメニュー、アプリケーションへのアクセス、接続しているデバイス(機器)の管理、時間表示、メッセージの通知など様々な作業で利用されます。

表示位置などのカスタマイズも可能で、色もWindowsの色に合わせて変化します。

※Windowsの色の設定場所 [スタートメニュー]->[設定]->[個人用設定(色)]->[Windowsの色]

タスクバーへのピン留め方法

タスクバーへアプリケーションをピン留めするには、ショートカットアイコンの右クリックメニューや、タスクバーへ直接アイコンを移動することで行えます。

ピン留めを外す場合も、ピン留めしたアイコンの右クリックメニューから行えます。

ピン留めのやり方

タスクバーへのピン留め

タスクバーの移動、隠し方

タスクバーの位置は画面の上下左右に移動できるので、自分が作業しやすい(マウスなどを移動させやすい)場所に設定します。

タスクバーの設定は、タスクバーの何もないところを右クリックすることで、設定メニューが呼び出せます。

また作業中にタスクバーの表示が邪魔になる場合は、マウスがタスクバーの位置に移動するまで自動的に非表示にして隠すことができます。

タスクバーの設定メニュー

タスクバーの設定メニュー

マウス操作は意外と疲れる

マウスでの操作は直感的に作業ができて便利なのですが、キーボードの打鍵に比べると腕や手首などに負担が大きく、長時間だと首の疲れや肩こりなどの要因になりやすい面があります。

マウスで細かい位置を指定したり、アプリを開く度に行うダブルクリックも、繰り返すと結構負担がかかっています。

職場などのパソコン作業で、できるだけマウスを使わずショートカットなどを駆使しキーボード中心で作業される方がおられますが、単純に楽だからです。

細かいですがこういったピン留め機能や、キーボードのショートカットを利用して、マウスでの作業をできるだけ減らしてみてください。

関連記事

便利で使用頻度の高いWindowsキーを使ったショートカットの紹介。キーボードだけでアプリの起動、終了を実行する手順。ウインドウサイズの調整方法。ショートカットを使ったデバイスマネージャーの呼び出し手順。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329