Androidのナビゲーションバーの基本的な使い方

スマートフォン

Androidのナビゲーションバーの基本的な使い方

Androidスマートフォンでは画面下部に表示されるナビゲーションバーを利用して、各種操作が行えます。

ナビゲーションバーはアプリの種類に関わらず共通で利用されるので、Androidスマートフォンを使うときの基本となる操作です。

この記事ではナビゲーションバーの基本的な操作方法、実際の使い方などをまとめます。

関連記事

Android 9での画面分割(マルチウィンドウ)へ表示を切り替える方法。ナビゲーションバーからアプリの履歴の出し方。画面分割の開始、終了方法。

Android 9で仕様変更

従来Androidのナビゲーションバーは3つボタンが表示されていたのですが、Android 9で仕様変更があり、楕円形ボタンが1つだけになりました。

ナビゲーションバーを使ってできる操作は変わっていないのですが、ボタンが1つになったことで若干操作方法が変っています。

ただ操作が変わることによるユーザーの混乱を避けるため、メーカーによってはAndroid 9にバージョンアップしてもAndroid 8.0までのナビゲーションバーを採用しています。

また端末によってはユーザーが好きなほうに切り替えができるものもあります。

Android端末らしいカスタマイズ性があるとも言えるのですが、基本操作なのに統一されてないところでもあります。

AndroidのSIMフリースマホ

ナビゲーションバーの役割と操作

Android 8.0、Android 9でも、ナビゲーションバーで使う基本操作は以下の3つです。

  • ホーム画面に戻る
  • 一つ前の画面に戻る
  • アプリの履歴画面を表示する

「ホーム画面に戻る」機能は現在使っているアプリを終了するとき、他のアプリを開きたい(新規で立ち上げる)ときに利用します。

「アプリの履歴画面を表示する」は、複数のアプリを切り替えて使う場合や、直近に使ったアプリを呼び出したいときに使います。

Android 8.0までのナビゲーションバー

Android 8.0までのナビゲーションバーの場合は3つのボタンが表示されます。

それぞれのボタンをタップすることで、左から「一つ前の画面に戻る」「ホーム画面に戻る」「アプリの履歴画面を表示する」操作に対応しています。

Android8.0までのナビゲーションバー

Android 9からのナビゲーションバー

Android 9以降のナビゲーションバーでは、真ん中に楕円形のボタンがひとつだけ表示されます。

「ホーム画面に戻る」場合は、従来と同様に楕円形のボタンをタップ。

「アプリの履歴画面を表示する」ときは楕円形のボタンの上に少しスワイプ(スライド)させることで履歴画面に移動します。

従来の「一つ前の画面に戻る」ボタンは必要に応じて(画面が戻れる場合のみ)表示されます。

Android9からのナビゲーションバー

Android 10ではナビゲーションバー非表示も

Android 10ではジェスチャーナビゲーションという機能が追加され、ナビゲーションバーを表示しない操作方法も追加されました。

ただナビゲーションバーを表示しないことで画面が広く使える反面、アプリの操作とナビゲーション操作の区別がわかりにくかったり、まだ課題が残るところがあります。

その為かAndroid 10ではAndroid 8.0までの3ボタン、Android 9の楕円形ボタンのナビゲーションバーも選択できるようになっているので、自分の使いやすいものを設定してください。

関連記事

Androidスマートフォンでの文字入力のときの基本操作。キーボードの設定方法。キーボード上の各ボタンの機能。入力画面の切り替え方法。フリック入力や音声入力の使いどころ。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329