Androidの画面分割(マルチウィンドウ)の使い方

マルチウィンドウ画面

Androidの画面分割(マルチウィンドウ)の使い方

Androidでは画面を分割して二つのアプリを同時に動作させることのできるマルチウィンドウ機能があります。

アプリ側がマルチウィンドウに対応している必要がありますが、YouTube動画を視聴しながらSNSでメッセージのやり取りをするといったことも可能です。

別途アプリのインストールや複雑な操作も必要ないので、特に大画面のスマートフォンを利用されている方には使い勝手のいい機能です。

※下記の操作はAndroid 10/11/12で動作確認をしています。

関連記事

Smart Lockの機能を使った指定場所での自動ロック解除の設定方法。位置情報のオン・オフ切り替え。場所を指定する手順。Smart Lockの具体的な動作。

アプリの履歴画面を出す

画面分割(マルチウィンドウ)を利用して二つのアプリを同時に起動するには、以下の手順で操作します。

  1. 一つ目のアプリを起動する
  2. ナビゲーションバーなどからアプリの履歴画面を表示
  3. 履歴画面でアプリ上部のアイコンをタップして「分割画面」を選択
  4. 画面が二つに分割表示されるので二つ目のアプリを起動

ただし画面分割(マルチウィンドウ)を利用するにはアプリ側が分割画面での動作に対応している必要があります。

ゲームなどで全画面表示が必須のアプリでは利用できないので注意してください。

アプリの履歴画面の表示方法

アプリの履歴画面は2ボタン・ジェスチャーナビゲーションを設定している場合は画面下部のバーを少し上にスワイプ、3ボタンナビゲーションなら右の□ボタンをタップします。

※独自OSなどを搭載している場合など、メーカーによって履歴画面の出し方が異なる場合があります。

ナビゲーションバーからアプリの履歴画面の出し方

アプリの履歴の出し方

アプリの履歴がない場合(アプリを起動していない場合)は「最近のアイテムはありません」の表示されます。

アイコンから「分割画面」を選択

アプリの履歴画面が表示されたら、アプリ上部にあるアイコンをタップ。

メニューから「分割画面」を選択すると2画面表示に切り替わり、もうひとつアプリを起動することができるようになります。

※画面分割に対応していないアプリの場合は、メニューに「分割画面」の表示が行われません。

アプリ履歴のアイコンメニューから選択

画面分割の手順

画面分割の終了方法

画面分割の終了は、真ん中に表示されているバーを上下にスライド(スワイプやドラッグ)させて行います。

中央のバーを上下端まで移動させるとスライドさせた方の画面が閉じられ、通常の一画面表示に戻ります。

画面分割の終了方法

分割画面の終了方法

ナビゲーションの切り替え方法

Androidの基本操作には2ボタンナビゲーション・3ボタンナビゲーション・ジェスチャーナビゲーションの3種類が選択できます。

※Android11では2ボタンナビゲーションは廃止されました。

ナビゲーション設定はAndroidの設定メニューから変更可能です。

  • [設定]->[システム]->[操作]([ジェスチャー])->[システムナビゲーション]
  • [設定]->[ユーザー補助]->([システム操作])->[システムナビゲーション]

U-NEXT起動画面

また2ボタン・3ボタンナビゲーションを設定した場合、メーカーによっては操作しないときにナビゲーションバーを自動的に隠す設定があり、画面が少し広く使えて便利です。

※SHARP AQUOS sense plus(SH-M07)の場合、[設定]->[AQUOS便利機能]->[指紋センサー]->その他[ナビゲーションバーを隠す]

画面分割の使いどころ

最近はスマートフォンが大画面化していることもあり、以前より画面分割の使い勝手も良くなりました。

YouTubeを再生しながらSNSの閲覧ができたり、閲覧しているWebページのURLをメールなどに貼り付けて送るときなどにも便利です。

別途アプリのインストールなども必要なく操作も簡単なので試してみてください。

関連記事

よく使う連絡先のショートカットを作成して、ワンタップで音声発信ができるようにする手順の紹介。ウィジェット機能を使ったショートッカットの設置方法。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329(20220415レスポンシブ)
新規アドセンス20190329(20220415レスポンシブ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329(20220415レスポンシブ)