公式iPhoneバッテリー交換プログラム(費用3,200円)が年末に終了

Apple公式ページのバッテリー解説

Apple公式サイトより

2018年12月末で終了

昨年問題になったバッテリー状態によるパフォーマンス低下問題に伴い、Appleが実施しているiPhoneバッテリー交換プログラム(料金割引)が年末に終了します。

2018年12月31日以降のバッテリー交換は、通常のサービス料金に戻るので注意してください。

プログラム終了間際の12月は混雑が予想されので、バッテリー交換を考えられている方はお早めに。

関連記事

docomo公式ページより ドコモの格安iphoneプラン NTTドコモは、月額利用料金を1500円割引く料金プラン「docomo ...

バッテリー問題とは

まず昨年末話題になったiPhoneバッテリー問題を簡単に。

AppleはiPhoneのバッテリー劣化時に端末の強制終了が起こらないよう、iPhoneのパフォーマンスを下げる調整を行っていました。

これが事前に告知されておらずユーザーの不信や誤解を生じたとして、Appleが信頼回復も含め打ち出したプログラムです。

対象となる機種の希望者は、1台につき1度だけ通常料金よりも安くApple公式のバッテリー交換サービスを利用することができます。

バッテリーのPSEマーク

iPhoneバッテリー交換プログラムの対象機種

バッテリーの割引交換を受けられるのは、以下の10機種になります。

  • iPhone SE
  • iPhone 6
  • iPhone 6 Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone X

バッテリー交換の料金

バッテリー交換の料金は機種に関わらず、一律になっています。

  • 3,200円(通常8,800円から5,600円減額)

本体購入から1年以内、またはApple Care に加入している場合は無料です。

公式サイトから事前に申込

バッテリー交換を受ける手順として、公式サイトからの申し込みが必要になります。

Apple公式バッテリー交換申込ページ

アップルサポート バッテリー交換申込ページより

上記のページから画面に従い、持ち込み修理なのか配送修理などを選択して、バッテリー交換の予約申込を行います。

ひび割れなどがある場合は注意

ただし、iPhoneに画面のひび割れなどがある場合、バッテリー交換の前にそちらの修理が必須となる場合があります。

たとえばひび割れなどで画面の修理が必要な場合、画面の修理料金は約1万5,000円から。

バッテリー交換料金と合わせて考えると、新機種買うための頭金にしたほうが得になりそうなケースも。

本体の破損などが大きい場合は、配送だとその辺のやりとりに時間が掛かるので、Appleストアへの持ち込みで、その場で状態を確認してもらうほうがお勧めです。

高スペックの利点

iPhoneに限ったことではないですが、スマートフォンの部品において一番負荷がかかりやすく劣化しやすいのがバッテリーです。

元々iPhoneは高スペックな端末なので、バッテリーさえ劣化しなければ長く愛用できる利点があります。

事前予約だったりAppleストア持ち込みで約2時間かかるのは面倒ですが、まだバッテリー交換を利用されてない対象ユーザーは検討してみてください。

関連記事

Apple(日本)公式ページより Apple公式アウトレット品 Appleは初期不良で返品された製品、展示品などとして使われたものを...
関連コンテンツ広告1



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット201701
スポンサーリンク