ドコモ・au・ワイモバイルの「Xperia 10 III」販売価格とオンラインショップ等の割引

Xperia 10 III商品画像

ドコモ・au・ワイモバイルの「Xperia 10 III」販売価格とオンラインショップ等の割引

ドコモとauに続きワイモバイルでも2021年7月2日よりソニー「Xperia 10 III(エクスペリア テン マークスリー)」の取り扱いを開始することが発表されました。

本体価格は54,000円でワイモバイルに新規契約・乗り換え(MNP)の場合は1万8千円割引があり、36,000円で購入可能です。

3社の販売価格は約5万2千円から5万4千円で、回線契約とセット購入した場合やオンラインショップなどで割引も実施しています。

※本体価格・割引額などは2021年6月24時点のもので全て税込みです。

関連記事

ahamo(アハモ)・UQモバイル・ワイモバイルのiPhone 11販売価格。新規・MNP(乗り換え)・機種変更時の割引額。基本プランのサービス概要。

Xperia 10 IIIのスペック

ソニーXperia 10 IIIの主な性能などは次のとおりです。

主なスペック

Xperia 10 III
発売 2021年6月
初期OS Android 11
CPU Snapdragon 690 5G
メモリ(RAM) 6GB
保存容量(ROM) 128GB
ディスプレイ 6.0インチ(有機EL)
解像度 FHD+(2,520×1,080)
バッテリー容量 4,500mAh
本体サイズ 約154×68×8.3(最厚部9.1)mm
重さ 約169g
5G sub6対応
アウトカメラ
  • 超広角 800万画素(f/2.2)
  • 広角 1200万画素(f/1.8)
  • 望遠 800万画素(f/2.4)
インカメラ 800万画素(f/2.0)
その他
  • FeliCa(おサイフケータイ)対応
  • 3.5mmイヤホンジャック搭載
  • 指紋認証あり
  • 防水/防塵 IPX5・IPX8/IP6X

CPUはSnapdragon 690 5Gで性能的にはミドルスペックに分類される端末です。

メモリ(RAM)6GB・保存容量(ROM)128GBと余裕のある構成で、5G通信はsub6に対応しています。

4,500mAhの大容量かつ長寿命なバッテリーを搭載しており、持ちやすい横長の形状も特徴です。

Xperia 10広告画像

ソニー公式サイトより

各社の本体価格と割引キャンペーン

ドコモ・au・ワイモバイルの「Xperia 10 III」販売価格(※2021年6月24日時点)はドコモ が51,480円、auが53,985円、ワイモバイルが54,000円です。

端末を単体で購入した場合、ドコモが他社に比べ1,500円ほど安くなります。

ただし各社とも回線契約とセットやオンラインショップでの割引を実施しており、最大2万2千円の割引が受けられます。

ドコモの5G WELCOME割

ドコモでは5G WELCOME割キャンペーンを実施しており、Xperia 10 IIIも対象機種になっています。

ただし他社からの乗り換え(MNP)で5Gサービス(5Gギガホ・5Gギガライト)の契約が必要です。

5G WELCOME割を適用した場合

51,480円(本体価格)-22,000円(5G WELCOME割)=29,480円

※ドコモショップ店頭で購入時にも適用。

風船

au Online Shop お得割

auではオンラインショップを利用して回線契約とセットで端末を購入した場合に、本体価格の割引を実施しています。

回線契約は5Gの料金プランが必須です。

Xperia 10 IIIも対象で、新規契約の場合は11,000円・他社からの乗りかえ(MNP)時は 22,000円の割引が行われます。

au Online Shop お得割を適用した場合

新規契約:53,985円(本体価格)-11,000円(お得割)=42,985円

乗り換え(MNP):53,985円(本体価格)-22,000円(お得割)=31,985円

ワイモバイルのオンライン限定割引

ワイモバイルでもオンライン限定でXperia 10 IIIの割引を実施しており、機種変更でも割引が受けられます。

またワイモバイルは4G・5G共通の料金プランになっており、基本料金は同じです。

オンライン限定割引を適用した場合

新規契約・乗り換え(MNP):54,000円(本体価格)-18,000円=36,000円

機種変更:54,000円(本体価格)-7,200円=46,800円

携帯電話とノートパソコン

一通り揃った使いやすい5G対応端末

Xperia 10 IIIは防水防塵・指紋認証・おサイフケータイ対応など一通りの機能が揃っており、長寿命で大容量なバッテリーなど使い勝手の良い端末になっています。

同じCPUを搭載した端末だとシャープのAQUOS sense5Gが先行して販売されていますが、後発の分Xperiaのほうが若干基本性能(RAM・ROM)容量で上回る感じです。

価格も若干高くなりますが乗り換え(MNP)での割引などを利用すればXperia 10 IIIも約3万円くらいで購入できるので、興味のある方はチェックしてみてください。

関連記事

ソニーのXperia 10 IIIとシャープのAQUOS sense5Gの主な性能の比較。基本スペックと特長。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329