ahamo(アハモ)・povo2.0(ポヴォ2.0)・LINEMO(ラインモ)の20GBプランの比較

Googleマップの道順表示

ahamo(アハモ)・povo2.0(ポヴォ2.0)・LINEMO(ラインモ)の20GBプランの比較

携帯電話料金の見直しをする際、ショップなどでの対面サポートが必要ない方であれば大手キャリアのオンライン専用プランが有力な選択肢になります。

各種手続きはすべてオンラインで端末の初期設定なども自分で行う必要がありますが、通信品質はメインブランドと変わりなく利用できて料金もかなり割安です。

月々のデータ通信量が多めのユーザーでも20GBプランであれば、高速データ通信容量が不足して困るといったこともほとんどありません。

関連記事

ドコモ「ahamo(アハモ)」とau「povo2.0(ポヴォ2.0)」のデータ増量サービスの比較。基本サービスの内容。大盛りオプション(80GB)と150GB追加トッピングのメリット・デメリット。

サービス内容の比較

ドコモ・au・ソフトバンクの大手キャリアで提供されているオンライン専用プラン(20GBプラン)の主なサービス内容は次のとおりです。

サービス内容の比較

ドコモ au ソフトバンク
プラン名 ahamo(アハモ) povo2.0(ポヴォ) LINEMO(ラインモ)
※トッピング購入式 ※スマホプラン
エリア ドコモ au ソフトバンク
受付・手続き オンライン限定
月額料金 2,970円 2,700円 2,728円
※20GBのトッピング
※有効期限30日
ネットワーク 4G・5G対応
データ容量 20GB
超過後の速度 最大1Mbps 最大128kbps 最大1Mbps
データ繰越 なし
データ追加 1GB 550円 1GB 390円 1GB 550円
※有効期限7日
音声通話料金 5分かけ放題付き 22円/30秒
※5分以降22円/30秒
かけ放題 月額 1,100円 月額 1,650円
5分かけ放題 基本料金に含む 月額 550円
端末販売 あり なし
キャリアメール なし
その他 ドコモのファミリー割引のカウント対象 データ使い放題 24時間 330円/24時間 LINEのデータ通信容量ノーカウント

※povo2.0は基本料金が0円で、高速データ通信容量20GBのトッピングを購入したケースを想定。

各社共通して基本料金は約3,000円くらいになりますが、音声通話オプション・課金方法・追加サービスなどに若干違いがあります。

各プランの特徴

各通信会社のオンライン専用プランには以下のような特徴があります。

IPhone SE外観

ahamoのメリット

ahamoは他社に比べ月々の基本料金が約250円ほど高くなりますが、その代わり音声通話の5分かけ放題が標準で付いています。

povo2.0・LINEMOだと550円のオプションサービスになっているので、実質的な料金ではほぼ変わりません。

オンライン専用プランなのでショップの対面サポートは利用できませんが、ドコモのメインプランに比べるとかなり割安でドコモ回線が利用できます。

またファミリー割引の人数カウント対象になり、家族間通話特典(ahamoへの通話料無料)が適用される点もメリットです。

※ファミリー割引でahamo自体の基本料金の割引は無し。

※ahamo回線から家族への通話は5分かけ放題、5分以降22円/30秒で計算。

ただしpovo2.0・LINEMOのように、データ通信量が少ない(3GB前後)利用者向けの小容量プランは提供されていません。

関連記事

ドコモ公式サイトで実施されているahamo(アハモ)への乗り換え(MNP)キャンペーンの内容。キャンペーンの適用条件・ポイント還元額。ahamo(アハモ)契約時の初期費用の例。

povo2.0のメリット

povo2.0の料金は従来の月額方式ではなくチケット(トッピング)購入式で、自分でサービス内容を組み立てられるのが特徴です。

データ通信量があまり必要ないときは容量の少ないチケットを買うなど、その時の利用状況に合わせて自分で料金を調整できます。

povoのSIMカード

ただしトッピングの有効期限に注意が必要な点と、他のプランに比べ超過後の通信速度が最大128kbpsとかなり遅い点(トッピングの購入がほぼ必須になる)には注意が必要です。

povo2.0のデータトッピング料金

データトッピング 有効期限 料金
データ使い放題 24時間 330円
1GB追加 7日間 390円
3GB追加 30日間 990円
20GB追加 30日間 2,700円
60GB追加 90日間 6,490円
150GB追加 180日間 12,980円

関連記事

LINEMO(ラインモ)のミニプラン(3GB)とpovo2.0(ポヴォ2.0)で3GB利用した場合の比較。サービス内容・料金・オプションサービス。LINEMOで実施中のキャンペーン。

LINEMOのメリット

LINEMOのスマホプラン(20GB)プランはahamoとpovo2.0の中間のようなサービス内容で、バランスの取れたプランになっています。

容量を超過した後の通信速度はahamoと同じく最大1Mbpsでそこそこの通信速度が保障されており、音声通話のかけ放題はpovo2.0と同じオプション形式で任意に選択することが可能です。

※現在(2022年10月13日時点)は「通話準定額(5分)」オプションが1年間無料のキャンペーンも行われています。

LINEMO(ラインモ)のSIMカード

月のデータ通信量が少ないユーザー向けの月額990円の3GBプラン(※容量超過後は最大300kbps)が用意されており、1か月単位で20GBプランとのプラン変更も可能です。

またLINEのデータ通信容量(※指定サービス)は高速データ通信量をカウントしないので、LINEの関連サービスをよく利用される方には使い勝手のいいプランになっています。

関連記事

ソフトバンクのオンライン専用プランLINEMO(ラインモ)のミニプランで実施されているPayPayポイント還元キャンペーンの内容。適用条件と特典。ミニプランの主なサービス内容。併用できるその他のキャンペーン特典。

対面サポートが無い分、割安

どの通信会社のオンライン専用プランも自社のメインブランドのプランより、かなり割安な料金設定になっています。

月20GBはかなり余裕のある容量で、ahamo・LINEMOなどは超過後も最大1Mbpsの速度があり、スマホでの単体利用であれば高速データ通信容量で困るとことはほとんどありません。

ただし街のキャリアショップ(対面サポート)が利用できないので、各種手続きやスマホの初期設定などは自分で行う必要があります。

SIMカードトレイ

ただそこまで専門的な知識が必要な作業は無く手順なども詳しくホームページなどで公開されているので、スマホの操作にある程度慣れている方なら問題なくこなせるレベルの作業です。

対面サポートが無い代わりに基本料金はかなり安く設定されているので、携帯料金の見直しを検討されている方はぜひ検討してみてください。

関連記事

時間制限付きのかけ放題オプション料金と時間超過後の音声通話料金の比較。音声通話かけ放題の種類と違い。各通信会社のオプション料金一覧。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329(20220415レスポンシブ)
新規アドセンス20190329(20220415レスポンシブ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329(20220415レスポンシブ)