LINEMO(ラインモ)3GBプランとワイモバイル3GBプランの比較

ソフトバンクのSIMカード

LINEMO(ラインモ)3GBプランとワイモバイル3GBプランの比較

ソフトバンクはオンライン専用プランLINEMO(ラインモ)に新しくデータ容量3GBの安価なプランを追加しました。

従来の20GBプランに比べ高速通信のデータ容量を減らし、超過後の通信速度を最大1Mbpsから最大300Kbpsに抑えた代わりに、基本料金が月額990円とかなり安くなっています。

オンライン専用プランという点には注意が必要ですが、ソフトバンクのサブブランドであるワイモバイルの3GBプランと比較してもかなり割安のプランです。

関連記事

ソフトバンクのミニフィットプラン+とLINEMO(ラインモ)の比較。月額料金と主なサービス内容。LINEMOに変更した場合に使えなくなるサービス。

主なサービス内容の比較

LINEMO(ラインモ)の「ミニプラン」とワイモバイルのシンプルプランSの主なサービス内容は次のとおりです。

主なサービス内容

LINEMO(ラインモ) ワイモバイル
ミニプラン シンプルプランS
月額料金 990円 2,178円
高速通信のデータ容量 3GB
超過後の通信速度 最大300Kbps
データ容量の繰り越し なし なし※翌月までの繰り越しサービスをを2021年8月に開始予定
音声通話 22円/30秒
音声通話オプション かけ放題 月額 1,650円・5分かけ放題 月額 550円 かけ放題 月額 1,870円・10分かけ放題 月額 770円
割引 なし 光セット割引または家族割引(2回線目以降)1,080円割引
その他 LINEでのデータ通信容量がノーカウント・オンライン専用プラン Yahoo!プレミアム会員特典付き・店舗サポートあり

月額料金はLINEMO(ラインモ)の「ミニプラン」がワイモバイルに比べ約半額と、かなり安い設定になっています。

かけ放題などのオプション料金もLINEMO(ラインモ)のほうが割安です。

風船

ただしワイモバイルを契約するとYahoo!プレミアム会費特典(月額508円)が付き、家族割引き・光回線割引を適用できればその差はかなり縮まります。

※Yahoo!プレミアム会員にはPayPayのキャンペーンなどで優遇措置があります

あと数は限られますがワイモバイルは店舗も展開しており、LINEMO(ラインモ)と違い対面で手続きなどができる点は大きなメリットです。

格安SIM(MVNO)並の基本料金

ミニプランの料金設定は格安SIM(MVNO)サービス並で、ワイモバイルのYahoo!プレミアム会費特典を込みで考えてもLINEMO(ラインモ)のほうが安くなっています。

ただオンライン専用プランなのでLINEMO(ラインモ)はある程度スマホの操作に慣れたユーザー向け、対面サポートが必要な場合はワイモバイルを選ぶといった感じです。

あと超過後の通信速度300KbpsになるとWebサイトの閲覧などでも少し読み込み時間が発生するケースもあり、使い方に若干制限が出てくる通信速度です。

既存の20GBプラン(超過後最大1Mbps)からプランを切り換える場合は、その点にすこし注意してください。

関連記事

LINEMO(ラインモ)でYahoo!プレミアム会員を契約した場合と、ワイモバイルで15GBプランを契約した場合の料金比較。Yahoo!プレミアム会員の主なメリット。月額料金とサービス内容。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329