LINEMO(ラインモ)3GBプランとワイモバイル3GBプランの比較

ソフトバンクのSIMカード

LINEMO(ラインモ)3GBプランとワイモバイル3GBプランの比較

ソフトバンクはオンライン専用プランLINEMO(ラインモ)に7月からデータ容量3GBのミニプランを追加しました。

従来の20GBプランに比べ超過後の通信速度が最大1Mbpsから最大300Kbpsに抑えられましたが、基本料金が月額990円とかなり安く設定されています。

手続きなどがすべてオンラインになる点には注意が必要ですが、ソフトバンクのサブブランドであるワイモバイルの3GBプランと比較してもかなり割安のプランです。

関連記事

ソフトバンクのミニフィットプラン+とLINEMO(ラインモ)の比較。月額料金と主なサービス内容。LINEMOに変更した場合に使えなくなるサービス。

主なサービス内容の比較

LINEMO(ラインモ)の「ミニプラン」とワイモバイルのシンプルプランS(3GB)の主なサービス内容は次のとおりです。

主なサービス内容

LINEMO(ラインモ) ワイモバイル
ミニプラン シンプルプランS
月額料金 990円 2,178円
高速通信のデータ容量 3GB
超過後の通信速度 最大300Kbps
データ容量の繰り越し なし あり
音声通話 22円/30秒
音声通話オプション かけ放題 月額 1,650円・5分かけ放題 月額 550円 かけ放題 月額 1,870円・10分かけ放題 月額 770円
割引 なし 光セット割引または家族割引(2回線目以降)1,080円割引
その他 LINEでのデータ通信容量がノーカウント・オンライン専用プラン Yahoo!プレミアム会員特典付き・店舗サポートあり

月額料金はLINEMO(ラインモ)のミニプランがワイモバイルのシンプルプランSに比べ約半額と、かなり安い設定になっています。

かけ放題などのオプション料金もLINEMO(ラインモ)のほうが割安です。

風船

ただしワイモバイルを契約した場合Yahoo!プレミアム会費特典(月額508円)が付き、家族割引きなどを適用できれば基本料金もかなり下がります。

特に普段PayPayを利用されている方ならキャンペーンでの特典を加味すると、そこまで差はありません。

※Yahoo!プレミアム会員にはPayPayのキャンペーンでポイント増額などの優遇措置があります

LINEMO(ラインモ)は端末を販売していない

またLINEMO(ラインモ)ではスマートフォンを販売しておらず、ユーザーは別途自分でSIMフリー端末を用意(購入)する必要があります。

オンライン専用プランなので初期設定なども自分で行う必要があり、公式サイトに詳しい手順が公開されていますがやはり初心者の方などにはハードルの高い作業です。

AQUOSsense4

その点ワイモバイルなら店舗で購入すれば無料で初期設定などをやってもらえますし、何かトラブルがあったときでも端末を持ち込むんで対応してもらうこともできます。

店舗の数はソフトバンクショップに比べると限られますが、対面サポートが利用できる点はワイモバイルの大きなメリットです。

格安SIM(MVNO)並の基本料金

ミニプランの料金設定は格安SIM(MVNO)サービス並で、ソフトバンク回線なので混雑時間帯の速度低下もそれほど心配しなくてもいいのも利点です。

ただオンライン専用プランなので基本的な作業は自分で行うことが求められ、基本的な知識(初期設定の操作やSIMフリー端末の購入方法など)が必要になってきます。

ワイモバイルは店舗の数こそ限られますが、ソフトバンクメインブランドのように従来通りの対面サポートが利用できるのは初心者の方などに心強い点です。

OCN モバイル ONEのSIMカード

どちらもメインブランドの料金プランに比べるとかなり割安でソフトバンクからなら乗り換えもしやすくなっているので、通信費の節約などを検討されている方は一度チェックしてみてください。

関連記事

LINEMO(ラインモ)で実施されている新規契約・他社から乗り換え(MNP)ユーザー向けキャンペーンの内容。主なサービス内容。キャンペーンの適用条件。PayPayボーナスの付与額・かけ放題オプションの割引額。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329