データ通信量が少なめで音声通話の利用が多い方の料金プラン選び

SIMカードと台紙

データ通信量が少なめで音声通話の利用が多い方の料金プラン選び

総務省の携帯電話に関する統計によると、利用者の約半数(49.5%)が月のデータ通信量が2GB以内に収まっています。

多くの利用者が自分に必要以上の料金プラン(高速データ通信量が多いプラン)を選択している傾向があり、携帯電話料金を見直す際のポイントとして挙げられています。

主に仕事の連絡手段として利用されている方や通話が多いシニア層など、高速データ通信量よりも音声通話のかけ放題オプションなどを重視して携帯電話会社(料金プラン)を選ぶのがおすすめです。

※料金内容は2021年2月18日時点のものです。

関連記事

現在3大キャリアが取り扱う5Gスマートフォンの「ミリ波」への対応状況。3大キャリアが販売中の5G端末一覧。4G周波数を5Gに転用した場合のメリット、デメリット。

3大キャリアの段階式プラン

3大キャリアではデータ通信量が少ないユーザー向けに、段階式プランを提供しています。

各キャリアの段階式プランの料金は以下のとおりです。

キャリアの小容量向けプラン月額料金(税抜)

ドコモ au ソフトバンク
プラン名 ギガライト※ ピタットプラン※ ミニフィットプラン
月額料金(1GBまで) 2,980円 2,980円 3,980円
1GBを越えた場合 3,980円(3GBまで) 4,480円(4GBまで) 5,980円(2GBまで)
かけ放題オプション 1,700円 1,800円 1,800円
5分かけ放題オプション 700円 800円 800円

※家族割、光回線割、学割、キャンペーン割などは含んでいません

※ドコモ、auの月額料金は、2年契約時(中途解約金1,000円)の料金

風船

料金はデータ通信量が1GB以下の場合でかけ放題オプションを付けて、月額4,700円から5,800円くらいになります。

メインブランドなので若干料金は高めになりますが、街のショップの多さなどサポート体制の面で充実しており、万が一故障などのトラブルが発生したときにも安心です。

家族割や光セット割、キャリア関連のスマホ決済サービスでの特典なども手厚くなっています。

オンライン専用20GBという選択

料金面だけを考えた場合だと、3大キャリアが開始するオンライン専用20GBプランという選択肢もあります。

オンライン専用20GBプラン月額料金(税抜)

ドコモ

ahamo(アハモ)

ソフトバンク

SoftBank on LINE

au

povo(ポヴォ)

提供開始 2021年3月
受付・手続き オンライン限定
月額料金 2,980円 2,480円
高速通信のデータ容量 20GB
超過後の通信速度 最大1Mbps
音声通話 5分かけ放題付

※5分以降20円/30秒

20円/30秒
音声通話オプション かけ放題 1,000円 かけ放題:1,500円

5分かけ放題:500円

月額料金はかけ放題オプションを付けても3,980円と、段階式プランよりも割安で高速データ通信量も20GBまで使えます。

ただし受付や手続きなどオンライン専用で、基本的に街のショップでのサポートは受けられません。

ショップなどのサポートがあまり必要ないある程度スマートフォンの操作に慣れている方に限定されますが、かなり割安に運用可能です。

街並み

サブブランド

auとソフトバンクのサブブランド(UQモバイル、ワイモバイル)では2021年2月から新料金プランが開始され、月額料金などの見直しが行われています。

サブブランドの小容量向けプラン月額料金(税抜)

UQモバイル
ワイモバイル
プラン名 くりこしプランS シンプルプランS
サービス開始 提供中 2021年2月18日
月額料金 3GB 1,480円 1,980円
かけ放題オプション 1,700円 1,700円
10分かけ放題オプション 700円 700円
その他 データ繰越あり 2回線目から家族割

かけ放題オプション込の月額料金はUQモバイルが月額3,180円、ワイモバイルは3,680円。

ただワイモバイルは2回線目から月額1,080円の割引が受けられるので、複数回線の契約になれば料金的には近い水準になります。

メインブランドに比べて全体的に割安になっており、段階式プランのようにデータ通信量を気にする必要もありません。

ただしショップ数は限られサポート体制はどうしてもメインブランドより弱くなるので、そのあたりと料金の兼ね合いになります。

格安SIM(MVNO)

音声通話をメインで格安SIM(MVNO)を考えた場合、まず日本通信の合理的カケホプランが候補に上がります。

他にはOCNモバイルONEが、専用アプリからの発信がかけ放題になるオプションサービスを開始しています。

格安SIM(MVNO)のかけ放題プラン月額料金(税抜)

日本通信
OCNモバイルONE
プラン名 合理的かけほプラン 音声対応SIM
月額料金 3GB 2,480円 1,480円

※1GB 1,180円

かけ放題オプション 基本料金に含む 1,300円
10分かけ放題オプション 850円
その他 要アプリ発信

※OCNモバイルONEのかけ放題は専用アプリからの発信が必要になります

かけ放題オプション込で月額2,480円(OCNは1GBの場合)と料金的には一番安く利用できます。

ただ格安SIM(MVNO)サービスなのでショップなど対面サポートがほとんどないことと、混雑時間帯のデータ通信速度が低下する傾向がある点に注意が必要です。

楽天モバイルのかけ放題

楽天モバイルも楽天Linkというアプリを利用した音声通話かけ放題サービスを提供しています。

データ通信量が月1GBまでなら料金が0円というのも最安です。

ただし通常の音声通話とは異なり、RCSという規格のデータ通信回線を利用した音声通話になります。

フィーチャーフォン

データ通信回線を利用しているので割安に通話が利用できるのですが、音質が電波状況や混雑状況に影響される面があります。

専用アプリが必要な点も含め、通常の音声通話かけ放題と違いがある点は抑えておいてください。

Rakuten UN-LIMIT VIの内容

Rakuten UN-LIMIT VI
サービス開始 2021年4月1日
月額料金 データ通信量に応じて変化

1GBまで 0円

1GBから3GB 980円

3GBから20GB 1,980円

20GB以上 2,980円

高速通信のデータ容量 楽天エリア:無制限パートナーエリア(au):5GB

※超過後の通信速度 最大1Mbps

データ繰越 なし
音声通話 20円/30秒
音声通話オプション Rakuten Linkアプリでの通話かけ放題(無料)
キャンペーンなど 300万人は1年間無料

※現行のRakuten UN-LIMIT Vは同じサービス内容で月額2,980円の定額制です

※4月1日以降は自動的にRakuten UN-LIMIT VIへ移行され、段階式プランの割引が適用されます

今後も変化がつづく

ドコモのオンライン専用20GBプランの発表をきっかけに、携帯電話の料金体系が大きく変化しています。

今後も乗り換え(MNP)手数料の無料化やキャリアから格安SIM(MVNO)への卸値、接続料の値下げなども予定されており、まだまだ変化が続きそうです。

携帯電話料金の見直しなどには絶好のタイミングになっているので、色々チェックしてみてください。

関連記事

3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)が開始するオンライン20GBプランの比較。月額料金、サービス内容、オプション料金。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329