4月から開始される動画配信NHKプラスの概要

電線

3月から先行サービス

2020年1月15日、NHKはインターネットを利用した動画配信「NHKプラス」を4月から開始することを発表しました。

NHKプラスは地上波で放送されている総合テレビと教育テレビの番組をインターネットでも同時配信を行い、放送後1週間限定で見逃し配信を行うサービスです。

受信契約されている方は、NHKに申し込みを行うことで無料で利用できます。

4月からの本サービス開始に先立ち、3月1日から先行して試験サービスが実施される予定です。

関連記事

主な動画配信サービスの無料体験期間のまとめ。無料期間の長さ。利用時の注意点。

申し込み方法

NHKプラスの利用には事前の申込が必要で、手続きはNHKの公式サイト、スマートフォンなら専用アプリが利用できます。

メールアドレス、受信契約者氏名、住所などを登録することで、自宅にハガキで確認コードが届きます

動画配信サイトで確認コードを入力すると契約者の確認が行われ、衛星放送などと同様に画面に出ている「受信契約確認のお願い」の表示が外れる仕組みです。

※まだ現時点(2020年1月16日)では、利用申し込みの受付は開始されていません。

NHKプラス申込手順

NHK公式ホームページより

スマホの利用がメイン

NHKプラスの配信ビットレートは最大1.5Mbps(SD画質相当)となっており、NHKオンデマンドのような画質は期待できません

あくまでスマートフォンなどでの利用をメインに想定されたサービスで、PCのディスプレイや大型タブレットで視聴するには、若干物足りない画質です。

ただ画質を抑えている分データ通信量が少なくて済むメリットがあります。

外出先などでちょっとNHKをチェックしたいときなど、気軽にスマートフォンで視聴するのに適したサービスです。

スマートフォン

NHKオンデマンドがお得に

NHKプラスのサービス開始に伴い、現在NHKが提供している有料動画配信「NHKオンデマンド」の料金プランが変更されます。

現在NHKオンデマンドでは、「見逃し見放題パック」「特選見放題パック」(各月額990円(税込))の二種類のプランがありますが、これを統合。

3月1日(予定)から「まるごと見放題パック」(月額990円)に一本化され、現在各プランを契約中の方も同じ金額で両方のプラン内容を利用できるようになります。

※現在両パックを契約している場合、統合時に片方が自動的に解約されます。

有料サービスですがNHKプラスより画質もいいので、リビングのテレビなどある程度大きさの画面で視聴したい場合は、こちらがお勧めです。

外出先で緊急時など

NHKプラスの利用には申込が必要ですが、NHKオンデマンドと違い受信契約者は追加料金なしで利用できる手軽さは魅力です。

連続ドラマなどをレコーダーなどで録画する代わりに利用するといった使い方には画質がやや物足りないですが、緊急時など外出先でNHKをちょっと視聴したいときなどに便利です。

ただし画質が抑えられているといっても、動画コンテンツはそこそこ通信量が多くなるので、その点は注意してください。

関連記事

NetflixとHuluのそれぞれの特徴 最近、過去の海外ドラマで久々に見たい作品があって、Netflixにユーザー登録をして視聴して...
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329