主な動画配信サービスの無料体験期間まとめ

音楽ステージ

自分の環境で試す

近年、Amazonプライム会員の増加に伴いAmazonプライムビデオの利用者が増え、ネット回線を使った動画配信サービスの認知度が上がりました。

月々一定の金額を支払うことで配信されている動画が見放題という、サブスクリプション型サービスの契約者も増加しています。

ただしこういったサービスを利用するには一定の通信速度(環境)が求められるので、自分の利用環境(通信回線、テレビやスマホなど視聴機器)で使えるかといった確認が必要になります。

そのためこういった動画配信サービスの多くでは初回利用者に対し無料体験期間が設定されています。

関連記事

動画配信サービスParavi(パラビ)の30日間無料体験の開始方法。アカウントの作成手順。配信中のおすすめ作品。

無料体験期間の長さ

主な動画配信サービスが実施している無料体験期間をまとめてみます。

月額(税抜) 初回無料体験期間
Netflix(ネットフリックス) 800円 なし
Hulu(フールー) 933円 2週間
DAZN(ダゾーン) 1,750円 1か月
dTV(ディーティービー) 500円 31日間
Paravi(パラビ) 925円 2週間
ディズニーデラックス 700円 31日間
FODプレミアム 888円 1か月

※月額は割引条件なしの最低料金のプラン(2019年12月25日時点)

Netflixは以前1か月の無料体験期間を設けていましたが、日本国内では2019年12月上旬より廃止になりました。

HuluやParaviの無料体験期間は、現在2週間になっています。

無料でも支払い方法の設定が必要

スマホとキャッシュカード類

どの動画配信サービスでも無料体験を利用するには会員登録が必要になります。

会員登録では有料会員になったときの支払い方法を設定が必要で、料金は発生しないですがクレジットカードの登録、もしくは携帯電話の回線を契約していることが条件になります。

たとえばドコモ系の動画配信サービスだと、ドコモの回線契約があればクレジットカード登録は不要です。

DAZNやdTVで有料会員に移行した場合は、ドコモの電話料金と合算して料金の支払いができます。

自動更新に注意

無料体験を利用する場合に注意しなければならないのは、無料期間終了と共に契約が自動更新されることです。

無料期間後も継続して利用しない場合は、解約手続きを忘れないようにしてください。

また細かいところですが、無料体験期間が残っていても解約手続きを行った直後からサービスが利用できなくなるものがあります。

使ってみて判断

fire TV stick

ネット回線を利用した動画配信サービスの使い勝手は、ユーザーの利用環境に依存するところも大きくあります。

主にテレビで視聴するのかスマホで視聴するのかなどの使い方、利用している回線速度、視聴機器のスペックや画質、動画再生の快適さなど、利用して初めてわかることも多くあります

配信コンテンツも重要ですが快適に視聴できる環境があることが前提なので、無料体験期間を上手く活用して、動画配信サービスを選んでください。

関連記事

NetflixとHuluのそれぞれの特徴 最近、過去の海外ドラマで久々に見たい作品があって、Netflixにユーザー登録をして視聴して...
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329