IIJmioの新料金プラン「ギガプラン」の内容と特徴

IIJmioギガプラン告知画像

IIJmio公式サイトより

IIJmioの新料金プラン「ギガプラン」の内容と特徴

株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)は、同社の格安SIM(MVNO)サービスIIJmioの新料金プラン「ギガプラン」を2021年4月1日から開始することを発表しました。

音声SIM(通話機能+データ通信)はドコモ、au回線が選択可能で、月のデータ通信量2GBの場合だと月額858円で利用可能です。

「ギガプラン」ではeSIMプランも用意されており、PCやタブレット、デュアルSIM(2枚挿し)対応スマートフォン用としても使いやすいプランになっています。

※eSIMはドコモ回線のみ

関連記事

OCN モバイル ONEで実施しているAQUOS sense4 plusのセール情報。SIMとセットで購入したときの料金イメージ。初期費用や月額料金。AQUOS sense4 plusの主なスペックと特徴。

ギガプランの内容

IIJmioのギガプランのサービス内容は以下のとおりです。

ギガプランの月額料金一覧

ギガプラン料金表

IIJmio公式サイトより

主な仕様

ギガプラン
データ容量超過後の通信速度 最大300kbps
データ繰越 翌月まで繰越可能
音声通話 22円/30秒

※専用アプリからの発信 11円/30秒

音声通話オプション

※要アプリ発信

10分かけ放題 月額 913円

3分かけ放題 月額 660円

データチャージ 1GB 220円※6月開始
割引 IIJmioひかり回線とセットなら月額600円割引き
その他 既存プラン(ミニマムスタート、ライトスタート、ファミリーシェア、ケータイ、eSIMベータ版)からの変更時は手数料無料。

月の高速データ通信量は2・4・8・15・20GBの5種類から選択します。

データ容量超過後の速度は最大300kbpsで、3大キャリアの20GBプランなどと比べると若干遅めです。

ただ月額料金がかなり抑えられており、音声SIM(通話機能+データ通信)で2GBだと月額858円で利用可能です。

eSIMプランだとさらに安く、PCやタブレットなどデータ通信専用のSIMとしても使いやすいプランになっています。

IIJmioパッケージ

既存利用者は2021年5月から

今回のギガプランは2021年4月1日から新規受付が開始され、手続き終了後から利用できます。

ただし現在IIJmioを利用している既存ユーザーはシステムなどの都合上、最速でも2021年5月からの利用開始になるので注意してください。

その代わり既存ユーザーは、先行エントリーで2,000円分のギフト券が貰えるキャンペーンが利用できます。

従来のシェアプランとの違い

従来のIIJmioの料金プランでは高速データ通信容量をまとめて購入し、SIMカードを追加して複数回線で分け合う形のデータシェアサービスを提供していました。

ただ料金などが複雑になってわかりにくい面があり、ギガプランではシンプルにSIMごとの単体契約に変更されています。

ギガプランのデータシェアの仕組み

ギガプランのデータシェアのイメージ図

ギガプランではSIMごとの高速データ通信量(契約しているプラン)を合算して、それをみんなで使う(シェアする)形式になりました。

ただしシェアサービスの提供開始は2021年6月なので、それまでは個別でデータ通信量を契約する必要があります。

コストパフォーマンスの高い格安SIM(MVNO)サービス

格安SIM(MVNO)サービスなので混雑時間帯にデータ通信速度が低下する傾向がある点には注意が必要ですが、シンプルで割安にデータシェアができるプランになっています。

月額料金も他の格安SIM(MVNO)サービスに比べ低めに設定されており、ドコモ回線でeSIMが割安で使えるのも大きなメリットです。

月々の携帯電話料金の見直しを考えている方には有力なプランの一つなので、興味のある方はチェックしてみてください。

関連記事

現時点で各通信会社が提供している小容量プランの料金比較。大手キャリア、サブブランド、格安SIMサービス(MVNO)の月額料金と高速データ通信容量。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329