格安SIMとセットのほうが、SIMフリースマホを安く買える仕組み

AndroidのSIMフリースマホ

スマホ単体購入よりも安い

2019年10月から一部改正された電気通信事業法では携帯各社の過度な囲い込みを防ぐため、長期の回線契約をセットにした端末(スマホ)の割引販売が禁止されました。

実際の運用としては、自社の回線契約者に対して端末の割引販売をする場合上限2万円までというルールになっています。

※自社の回線契約者以外にも販売する場合は、割引上限2万円の対象外です。

この為、いままで機種変更時に行われていた、月額料金から機種代金を大幅に割引く契約は廃止され、3大キャリアで機種変更(端末を購入)するメリットが以前より減っています。

関連記事

ドコモとauが発表した2万円スマホのスペックから見えてくる今後の機種選びの基準。

今までより機種変更にお金がかかる

併せて10月の電気通信事業法では、長期契約(いわゆる2年縛りなど)を中途解約したときの違約金は1,000円までに決められました。

この割引上限2万円と違約金1,000円のルールにより、各社新プランでは月額利用料金は安くなっていますが、一方で機種変更(端末を購入)した時のユーザーが負担額は増えています

こうした流れのなか、安くスマホを購入する方法として格安SIMの回線契約とセットでSIMフリースマホを買う方法が注目されています。

SIMフリースマホ

同額でも通信費がつく

大手の格安SIM会社では、回線契約とセットで端末(SIMフリースマホ)の販売もおこなっています。

3大キャリアと同じように上限2万円、違約金1,000円のルールは同じなのですが、格安SIMの月額料金の安さが大きくメリットになります。

新規契約でセット購入した場合

例えば格安SIMを新規契約でSIMフリースマホをセットで購入した場合、スマホの本体価格を約2万円割引くキャンペーンがよくあります。

このとき別途で契約事務手数料(約3,000円)や最低利用期間の月額料金はかかりますが、安い月額プランを選ぶとトータルで2万円以下のケースがあり単体購入より安くなる場合も。

たとえ結果的にトータルで単体購入と同額になる場合でも、最低利用期間中の通信料金が含まれている分だけセット購入がお得になります。

格安SIMとセット購入した場合の違い

格安SIM新規契約の料金イメージ図

スマホに慣れたユーザーなら

ただし割引額はあくまで格安SIM会社が決めるので、全ての端末が2万円引きになっているわけではありません。特に人気のiPhoneなどは割引額が低い場合も多くあります。

あと格安SIMでは3大キャリアのように、何かトラブルがあったとき街のショップにさえ持ち込めばなんとかしてくれるといったサポート体制の厚さは望めません。

ただそういったサポートが無くてもそれほど困らない、スマホの操作に慣れたユーザーなら格安SIMのほうが月額も安く運用できます。

10月の電気通信事業法の改正で機種変更をした場合ユーザーが負担する金額は増えました。

今後機種変更のタイミングを迎える方は、選択肢の一つとして格安SIMもチェックしてみてください。

関連記事

格安SIM(MVNO)契約者数の状況。3大キャリアと比較したときの割合。総務省が公表したデータの解説。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329