ビッグローブ「donedone(ドネドネ)」とau「povo(ポヴォ)」の比較

donedone(ドネドネ)ロゴマーク

donedone(ドネドネ)公式サイトより

ビッグローブ「donedone(ドネドネ)」とau「povo(ポヴォ)」の比較

格安SIM(MVNO)サービスのビッグローブは新ブランド「donedone(ドネドネ)」を立ち上げ、通常利用時の通信速度に上限を設定した新しい料金プランのサービスを開始しました。

新プランでは通信速度が常時3Mbpsに制限(ベーシックUプランの場合)されている代わりに、高速データ通信量が50GBと大容量になっているのが特徴です。

また10個の対象アプリから3つを選択して速度制限を解除する「カスタムUプラン」も用意されており、こちらも同じ基本料金で利用できます。

※カスタムUプランの場合、他のアプリ利用時の通信速度は上限1Mbps。

関連記事

mineo(マイネオ)のオプションサービス「パケット放題 Plus」の内容。基本プラン「マイピタ」の主なサービス内容。YouTubeの推奨通信速度と最大1.5Mbpsの利用イメージ。

donedone(ドネドネ)とpovo(ポヴォ)の比較

同じ月額料金でauエリアを利用するpovo(ポヴォ)とdonedone(ドネドネ)の主なサービス内容を比較してみます。

主なサービス内容の比較

donedone(ドネドネ) povo(ポヴォ)
プラン名 ベーシックUプラン  
エリア(SIMカード) auエリア
月額料金(税込) 2,728円
通信速度の上限 3Mbps なし
高速通信のデータ容量 50GB 20GB
超過後の通信速度 最大1Mbps
データ繰越 なし
音声通話 22円/30秒
音声通話オプション なし かけ放題 月額1,650円・5分かけ放題 月額550円
オプション機能など 通信速度を上限1Mbpsが条件で、選択した対象アプリ3つまで速度上限なし(カスタムUプラン) データ使い放題 24時間 220円/24時間
データ容量追加 なし 1GB 550円
その他 格安SIM(MVNO)サービス キャリア(MNO)サービス・オンライン専用プラン

donedone(ドネドネ)もpovo(ポヴォ)も基本料金は月額2,728円です。

ただしdonedone(ドネドネ)は通常時に3Mbpsの速度上限があるのが特徴で、その代わり50GBと高速通信のデータ容量が多くなっています。

また音声通話オプションが用意されておらず通常の音声通話料金(22円/30秒)がかかるので、データ通信をメインとしたサービスです。

SIMカード

カスタムUプラン

通常時の上限速度を3Mbpsから1Mbpsに抑える代わりに、選択した3つのアプリの通信速度を無制限にする「カスタムUプラン」も同じ基本料金で利用できます。

速度無制限の対象として選べるアプリは現在10種類で、今後アプリは追加される予定です。

選択できるアプリ

LINE・Instagram・Facebook・YouTube・ABEMA・TikTok・TELASA・Spotify・Amazon Music・モンスターストライク

動画視聴が多いユーザー向け

ある程度の通信速度と大容量を両立させたプラン内容で、スマートフォンでの動画視聴が多いユーザー向けのプランといった印象です。

YouTubeでHD(720p)画質の動画を再生する際の通信速度の目安が2.5 Mbpsなので、3Mbps(ベーシックUプラン)なら問題なく再生できます。

4KやHD(1080p)画質で視聴する場合は、カスタムUプランを選択してYouTubeなど動画アプリを対象アプリに指定して利用する感じです。

Androidスマートフォン

ただし音声通話オプションなどが用意されていないので、通話料金を抑えるにはSNS等の無料通話機能の利用が必須です。

また最近は改善傾向にありますが、格安SIM(MVNO)サービスなので混雑時間帯に通信速度が低下する可能性がある点は知っておく必要があります。

現在はクーポンで新規契約事務手数料が0円になるキャンペーンなども実施されているので、興味のある方はチェックしてみてください。

関連記事

楽天モバイルの基本料金を0円にするための条件。利用する際の注意点。料金プランの概要。データ通信量の確認・制限の方法。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329