LINEMOのミニプランとpovoで3GBデータ追加した場合の比較

SIMカードトレイ

LINEMOのミニプランとpovoで3GBデータ追加した場合の比較

auとソフトバンクではデータ通信量が少なめのユーザー向けに、オンライン専用プランpovo2.0(ポヴォ2.0)とLINEMO(ラインモ)を提供しています。

一か月に3GB利用する場合、povoは3GB(30日間有効)のデータトッピング料金が990円・LINEMOはミニプラン(3GB)の基本料金が月額990円と、どちらもひと月あたり1,000円以下で利用可能です。

オンライン専用プランなのでどちらもショップでの対面サポートが受けられなくなりますが、料金はそのぶん割安で通信品質もメインブランドと変わりません。

関連記事

UQモバイルとワイモバイルの料金プラン比較。基本料金、サービス内容、割引特典。小容量プランと大容量プランの違い。通信サービス以外の利点。

プラン内容の比較

LINEMOのミニプラン(3GBプラン)を契約した場合とpovo2.0で3GBのチケットを購入して利用した場合を比較してみます。

LINEMO(ミニプラン)とpovo2.0の比較 

プラン名 LINEMO(ミニプラン) povo2.0
通信エリア ソフトバンク au
受付・手続き オンライン限定
月額料金 990円 0円
高速通信のデータ容量 3GB 0GB
※3GB 990円(有効期限30日)
超過後の通信速度 最大300kbps 最大128kbps
データ繰越 なし 有効期限式
データチャージ 1GB 550円(翌月末まで有効) 1GB 390円(有効期限7日)
音声通話 22円/30秒
通話オプション 5分かけ放題 月額 550円・かけ放題 月額 1,650円
その他 LINE(ライン)の通話データ容量などがノーカウント データ使い放題 24時間 330円/24時間・DAZN(7日間)925円・smash.(24時間)220円

一般的な月額方式のLINEMO

LINEMOは一般的な月額方式の料金プランで、月額990円で3GBまで高速データ通信が利用できます。

3GB超過後の通信速度は最大300kbpsで、余ったデータ通信容量の繰り越しはありません。

利用できるデータ通信容量3GBとすこし少なめのプランなので、LINE(アプリ)の通話などに関して容量がカウントされない特典が付いているのも利点です。

LINEMO(ラインモ)のSIMカード

その都度チケットを購入するpovo2.0

povo2.0は月々の基本料金は0円で、ユーザーが利用するサービスをチケット形式で購入(トッピング)してプランを組み立てる形式になっています。

※データ通信を月3GB利用する場合、3GB(有効期限30日)のデータトッピング(チケット)を専用アプリから自分で購入します。

あまり利用しない月はチケットの購入を減らすといった使い方ができ、利用状況に合わせてユーザーが料金を調整できるのが利点です。

povo2.0(ポヴォ2.0)のデータトッピング

データトッピング 有効期限 料金
データ使い放題 24時間 330円
1GB追加 7日間 390円
3GB追加 30日間 990円
20GB追加 30日間 2,700円
60GB追加 90日間 6,490円
150GB追加 180日間 12,980円

ただしデータ通信容量などのチケット(トッピング)は有効期限が設定されており、期限を過ぎると無効になる点は注意が必要になります。

特に150GBなどの大容量データトッピングを購入する場合は、有効期限が切れないように気を付けてください。

povoのSIMカード

超過後の速度・チャージ料金の差

また容量超過後の通信速度はLINEMOが最大300kbps・povo2.0が最大128kbpsとどちらもかなり低速で、Wi-Fiなどの通信手段が無い場合は容量の追加購入が必要になってきます。

データ容量を追加する場合のチャージ料金はLINEMOが1GB 550円(翌月末まで有効)に対し、povo2.0のデータトッピング1GB(7日間)が390円。

容量あたりの料金だと少しpovo2.0の方が割安になっていますが、有効期限が7日間と短い点は注意が必要です。

音声通話のオプション料金(かけ放題オプション)については、通話時間・料金の差はありません。

実施中のキャンペーンなど

povoとLINEMOでは現在以下のキャンペーンが行われています。

※下記キャンペーン内容は2024年1月16日時点のものです。

povoの期間限定トッピング

povoでは不定期で期間限定トッピングが提供されることがあり、現在は年末年始限定の大容量トッピングが販売中です。

期間限定トッピング

povoの期間限定トッピング一覧

povo公式サイトより

また対象店舗で買い物をしたときにデータ通信量がもらえる「#ギガ活」キャンペーンなども実施されており、ローソンだと500円以上購入で300MB(3日間)のトッピングが貰えます。

実質半年無料のLINEMO

LINEMOではミニプラン(3GB)を対象に、現在以下のキャンペーンが実施されています。

  • 990円相当を最大3ヵ月間付与(最大2,970ポイント)
  • データ追加購入が3か月間3GBまで無料
  • 5分かけ放題(月額550円)が7か月無料(完全かけ放題利用時は550円引き)
  • LINE MUSICが6か月無料

キャンペーンは新規(新しい電話番号での契約)・他社からの乗り換え(MNP)どちらも対象で、特にかけ放題オプションを利用される方はかなり料金が割安になります。

PayPay起動画面

ほぼ同等のサービス内容と料金

月額方式とチケット式(トッピング購入)の料金の形式に違いがありますが、3GBの利用を想定した場合に料金・サービス内容でそこまで大きな差はありません。

二つのプランで迷った場合は、LINEMOだとLINE(アプリ)のデータ通信容量がカウントフリーになる点や手厚いキャンペーン特典。

povo2.0は料金調整がしやすいメリット(使わない月は0円運用も可能)やオプションサービス(トッピング)が豊富な点などを比較して検討する感じです。

対面サポートが無い(街のショップが利用できない)点さえ問題なければどちらのプランもかなりコスパの高いサービスなので、携帯電話料金の見直しなどを検討されている方は候補として検討してみてください。

関連記事

大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)のオンライン専用プラン(20GBプラン)の比較。ahamo(アハモ)・povo2.0(ポヴォ2.0)・LINEMO(ラインモ)のサービス内容。各プランの特徴。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329(20220415レスポンシブ)
新規アドセンス20190329(20220415レスポンシブ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329(20220415レスポンシブ)