LINEMOのミニプランとpovo2.0で3GB利用した場合の比較

SIMカードトレイ

LINEMOのミニプランとpovo2.0で3GB利用した場合の比較

auとソフトバンクでは昨年オンライン専用プランの改定が行われ、月のデータ通信量が少ないユーザー向けの低廉な料金プランが用意されました。

ソフトバンクのLINEMO(ラインモ)は3GBのミニプランだと月額990円、auのpovo2.0(ポヴォ2.0)は3GB(30日間有効)のデータトッピング料金が990円と、どちらもひと月あたり1,000円以下で利用できます。

街のau・ソフトバンクショップでの対面サポートは受けられなくなりますが、メインブランドと同等の通信品質で料金を大幅に抑えることが可能です。

関連記事

現時点で各通信会社が提供している小容量プランの料金比較。大手キャリア、サブブランド、オンライン専用プラン、格安SIMサービス(MVNO)の月額料金とサービス内容。

プラン内容の比較

LINEMOのミニプラン(3GBプラン)とpovo2.0の主なサービス内容は次のとおりです。

LINEMO(ミニプラン)とpovo2.0の比較 

プラン名 LINEMO(ミニプラン) povo2.0
通信エリア ソフトバンク au
受付・手続き オンライン限定
月額料金 990円 0円
高速通信のデータ容量 3GB 0GB
※3GB 990円(有効期限30日)
超過後の通信速度 最大300kbps 最大128kbps
データ繰越 なし 有効期限式
データチャージ 1GB 550円(翌月末まで) 1GB 390円(有効期限7日)
音声通話 22円/30秒
通話オプション 5分かけ放題 月額 550円・かけ放題 月額 1,650円
その他 LINE(ライン)の通話データ容量などがノーカウント データ使い放題 24時間 330円/24時間・DAZN(7日間)760円・smash.(24時間)220円

LINEMOは一般的な月額方式の料金プランで、月額990円で3GBまで高速データ通信が可能になります。

容量超過後の通信速度は最大300kbpsで、余ったデータ容量の繰り越しはありません。

LINEMO(ラインモ)のSIMカード

一方でpovo2.0は月々の基本料金は0円で、自分が利用するサービスをチケット形式で購入(トッピング)してプランを組み立てる方式です。

データ通信量を月3GBくらい使う場合は、3GB(有効期限30日)のデータトッピング(チケット)をアプリから購入します。

データトッピングには24時間限定のデータ使い放題サービスなどもあり、ユーザーの必要に応じて料金を調整しやすくなっているのが特徴です。

povo2.0(ポヴォ2.0)のデータトッピング

データトッピング 有効期限 料金
データ使い放題 24時間 330円
1GB追加 7日間 390円
3GB追加 30日間 990円
20GB追加 30日間 2,700円
60GB追加 90日間 6,490円
150GB追加 180日間 12,980円

ただし購入したデータ通信容量は有効期限を過ぎると無効になるので、期限内に使い切れる容量を予測して購入する必要があります。

特に150GBなどの大容量データトッピングを購入する場合は注意してください。

povoのSIMカード

超過後の速度・チャージ料金の差

また容量超過後の通信速度はLINEMOが最大300kbps・povo2.0が最大128kbpsとかなり低速で、Wi-Fiなどの代わりの通信手段が無い場合は容量の追加購入が必要になってきます。

データ容量を追加する場合のチャージ料金はLINEMOが1GB 550円(翌月末まで有効)に対し、povo2.0のデータトッピング1GB(7日間)が390円。

容量あたりの料金だと少しpovo2.0の方が割安になっていますが、有効期限が7日間と短い点は注意が必要です。

音声通話のオプション料金(かけ放題オプション)については差はありません。

キャンペーンが手厚いLINEMO

LINEMOではミニプラン(3GB)を対象に、現在以下のキャンペーンが実施されています。

  • 基本料金(月額990円)相当分のPayPayボーナスを、最大6か月間付与
  • 5分かけ放題(月額550円)が1年間無料(完全かけ放題利用時は550円引き)

※期間限定で2023年1月末までは、通常の6か月に加えて2か月分のPayPayボーナス付与

LINEMOキャンペーン告知

LINEMO公式サイトより

キャンペーンは新規(新しい電話番号での契約)・他社からの乗り換え(MNP)どちらも対象で、特にかけ放題オプションを利用される方はかなり料金が割安になります。

※キャンペーン内容は2022年10月25日時点のものです。

ほぼ同等のサービス内容と料金

月額方式とチケット式(トッピング購入)の料金体系で課金方法に違いがありますが、3GBの利用を想定した場合に料金・サービス内容でそこまで大きな差はありません。

二つのプランで迷った場合は、LINEMOだとLINE(アプリ)のデータ通信容量がカウントフリーになる点や手厚いキャンペーン特典。

povo2.0は料金調整がしやすいメリット(使わない月は0円運用も可能)やオプションサービス(トッピング)が豊富な点などを比較する感じです。

対面サポートが無い(街のショップが利用できない)点さえ問題なければどちらのプランもかなり割安なので、携帯電話料金の見直しなどを検討されている方は候補としてチェックしてみてください。

関連記事

大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)のオンライン専用プラン(20GBプラン)の比較。ahamo(アハモ)・povo2.0(ポヴォ2.0)・LINEMO(ラインモ)のサービス内容。各プランの特徴。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329(20220415レスポンシブ)
新規アドセンス20190329(20220415レスポンシブ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329(20220415レスポンシブ)