povo2.0で月額1,650円の音声通話かけ放題スマホができる

povo2.0公式サイトのトップ画像

povo公式サイトより

povo2.0で月額1,650円の音声通話かけ放題スマホができる

KDDI(au)のオンライン専用プラン「povo2.0」のサービスが開始されました。

必要な通信サービス(トッピング)を選び自分で料金プランを組み立てる形式で、使い方に合わせてカスタマイズできる自由度の高いプランです。

通話メインでモバイル通信があまり必要ない(家にWi-Fi環境などが整っている)方であれば、月額1,650円だけで音声通話かけ放題が利用できます。

関連記事

auのオンライン専用プラン「povo2.0(ポヴォ2.0)と日本通信「合理的かけほプラン」の比較。基本料金・サービス内容・オプション項目。

povo2.0のサービス内容

povo2.0の主なサービス内容は次のとおりです。

povo2.0の主なサービス内容

povo2.0
エリア auエリア
受付・手続き オンライン限定
月額料金 0円※
高速通信のデータ容量 0GB
※データトッピングを契約
超過後の通信速度 最大128kbps
データ繰越 なし(有効期限式)
データチャージ トッピングで追加
音声通話 22円/30秒
音声通話オプション 5分かけ放題 月額 550円・かけ放題 月額 1,650円
1日使い放題オプション データ使い放題 24時間 330円/24時間
コンテンツオプション DAZN(7日間)760円・smash.(24時間)220円

基本料金が0円

povo2.0では基本料金が0円に設定されおり、有料サービスを利用しなければ月額料金は発生しません。

ただし180日間以上トッピングの購入がない場合は、回線の利用停止や契約解除になる場合があります。

※直近180日間で通話料・SMS送信料の合計が660円を超えている場合を除く

SIMカードスロット

データ通信量はトッピングを選ぶ

高速データ通信容量は自分でサービス内容(データトッピング)を選ぶ(購入する)かたちになります。

povo2.0のデータトッピング料金一覧

データトッピング 有効期限 料金
データ使い放題 24時間 330円
1GB追加 7日間 390円
3GB追加 30日間 990円
20GB追加 30日間 2,700円
60GB追加 90日間 6,490円
150GB追加 180日間 12,980円

データ容量をまとめ買いしておくことで、料金の節約を図ることも可能です。

ただし従来の月額課金方式ではなく、購入日からの利用できる期間(有効期限)が設定されてるので注意してください。

通話トッピングは月額方式

音声通話オプション(かけ放題サービス)もトッピング形式で提供されています。

  • 5分以内通話かけ放題 月額 550円
  • 通話かけ放題 月額 1,650円

ただしデータトッピングとは異なり月額課金方式で、毎月自動で契約更新が行われます。

通話トッピングの購入を忘れて高い通話料金が発生したり、いちいちトッピングを購入する手間も省け便利ですが、利用しない月などに料金を0円にしたい場合は解約操作が必要です。

割安なオンライン専用プラン

基本料金が0円なので通話かけ放題(月額 1,650円)だけを契約すれば、それ以外の料金は発生しません。

ただしモバイル通信の標準(データ通信量0GB)時の通信速度は最大128kbpsなので、Wi-Fi環境などが無い場合はデータトッピングの購入がほぼ必須になります。

IPhone SE外観

手続きなどがオンラインだけになってしまう点・SIMカードの交換・トッピング形式の料金体系・支払いがクレジットカードに限定されるなどいくつかハードルはありますが、その分料金は割安です。

ただ最初の手続きや初期設定を済ませてしまえば普段使う分には通信品質も大手キャリア(au)と変わらないので、料金の見直しなどを検討されている方はチェックしてみてください。

関連記事

LINEMO(ラインモ)のミニプラン(3GB)とpovo2.0(ポヴォ2.0)で3GB利用した場合の比較。サービス内容・料金・オプションサービス。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329