光回線サービスとホームルーターサービスの違い

ドコモ「home 5G」紹介ページ

NTTドコモ公式サイトより

光回線サービスとホームルーターサービスの違い

NTTドコモは昨年より家庭用向けのホームルーターサービス「home 5G」を開始しました。

ドコモの携帯電話回線を利用した通信サービスで、ルーターの設置場所が対象エリアであれば5Gの高速通信も使うことができます。

ホームルーターサービスはコンセントに挿すだけでWi-Fi環境が利用できる手軽さがあり、引っ越し時など工事不要ですぐに使える点もメリットです。

ただし光回線(有線)と比べると通信の安定性では若干劣り、データ通信量があまりにも多いと通信速度制限がかかる可能性がある点は考慮しておく必要があります。

関連記事

スマートフォンを自宅の固定回線(Wi-Fi)に繋いで利用するメリット。携帯電話回線で繋ぐ場合と固定回線で繋ぐ場合の違いとそれぞれの利点。

サービス内容の主な違い

光回線サービスとホームルーターサービスを比べた場合、主に以下のような点が異なっています。

サービス内容の主な違い

光回線サービス ホームルーターサービス
回線工事 必要 不要
通信速度制限 なし 利用状況などによってあり
通信品質 有線で安定性が高い 無線で環境によっては影響を受ける
通信速度※ 下り最大2Gbps(NURO光) 下り最大4.2Gbps(ドコモ 5Gエリア)
下り最大1.7Gbps(ドコモ 4Gエリア)

※通信速度はあくまで最大通信速度で、契約プラン・利用環境によって変化します。

どれだけ利用しても通信速度制限がない点・安定性が高い点で、回線自体の使い勝手としては光回線サービスのほうが勝ります。

ただし回線の敷設作業が必要なので、住宅環境によって工事の許可取りや予約・立ち合いなど開通までに日数と手間がかかります。

その点ホームルーターサービスは回線工事が不要なので、光回線のように工事に関するな面倒な手続きなどが必要ありません。

申し込み後にホームルーターさえ届けば、すぐに使い始められる手軽さが最大のメリットです。

ホームルーターサービスの通信制限条件

ホームルーターサービスを利用する際に気を付けないといけないのは、利用状況(データ通信量など)によって通信速度制限がある点です。

各社通信制限を実施する細かい条件は公開していませんが、以下のような場合に通信速度制限を行う旨の説明が契約時に行われます。

主な通信速度制限の条件

  • ネットワークの混雑時
  • 直近3日間など一定期間の通信量が多いとき

またホームルーターサービスは無線で基地局と繋ぐため、どうしても有線で繋ぐ光回線には安定性で不利になります。

明石海峡大橋

通信速度もかなり速い

回線としての使い勝手の面では、通信速度制限が無く安定性も高い光回線サービスのほうが上回ります。

ただ回線工事の手間や工事費用・料金が高め・マンションなど共用タイプだと混雑状況によっては通信速度が出にくくなる点などは注意してください。

ホームルーターサービスは回線の安定性や速度制限の面がネックになりますが、工事不要で手軽に利用できる点、携帯電話とのセット割引で料金が抑えられる点などがメリットです。

特に5G対応エリアであれば光回線より通信速度も上回ってくる可能性があります。

今まで家の高速回線というと光回線サービス一択でしたがホームルーターサービスもかなり進化してきているので、併せてチェックしてみてください。

関連記事

自宅のネット回線をADSLからNURO光に切り替えるまでの手続きや流れ。実際に手続きにかかった期間。ADSL解約のタイミング。LANケーブルを使う利点とケーブル選びの基準。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329