【Android 10】Wi-Fiの接続情報をQRコードで共有する

スマートフォン

【Android 10】Wi-Fiの接続情報をQRコードで共有する

Android 10で追加された新機能で、Wi-Fiの接続情報をQRコードで表示できる機能があります。

スマートフォンで設定済のWi-FiのIDやパスワードをQRコード形式で表示できる機能で、他の端末でもQRコードを読み取るだけで同じWi-Fi環境を簡単に利用できます。

カメラで読み取るだけなのでパスワードを入力する手間も省け、家などのWi-Fiを普段使用しないユーザー(お客さんなど)が利用したい場合や新しい端末のWi-Fi設定をする場合などに便利です。

※下記の手順はAQUOS sense plus(SIMフリー)、Android 10、ビルド番号 03.00.00で確認しています。

関連記事

Androidスマートフォンでよく使う基本操作や基本設定の紹介。

QRコードの表示方法

QRコードの表示は、設定メニューの「ネットワークとインターネット」から行います。

  • [設定]->[ネットワークとインターネット]->[Wi-Fi]

もしくはホーム画面で下方向にスワイプをして「クイック設定パネル」を呼び出し、Wi-Fiアイコンを長押ししてもWi-Fi設定メニューを呼び出せます。

クイック設定パネルからWi-Fi設定を呼び出す

クイックパネルから設定メニューの呼び出し

Wi-Fiの設定画面に移動したら現在使用している(接続済み)Wi-Fiを選択し、詳細画面で「共有」をタップします。

Wi-Fi設定画面からQRコードの表示

「共有」をタップすると本人確認画面が表示され、指紋やパターン入力で認証に成功するとQRコードが表示されます。

表示されたQRコードには接続に必要なパスワードが含まれており、カメラなどでコードを読み取ることで選択したWi-Fiに接続することができます。

Wi-FiのQRコード表示画面

パスワード手打ちの手間が省ける

QRコードを読み取る側の端末(新たにWi-Fiへ接続する端末)はAndroid 10である必要はありません。コードはAndroid 9、iPhoneでも読み取ることができます。

Wi-Fiのパスワードは複雑で長くなっているケースが多いので、カメラで読み取るだけのQRコードだと手打ちの必要がなくなり便利です。

ただし一度設定した端末は、パスワードを変更しない限り自由にWi-Fiへ接続できるようになる点には注意を払う必要があります。

何かトラブルがあっても最終的にはパスワードを変更すれば済む話でもありますが、普段から接続している機器の数が多いとパスワード変更は手間がかかる作業です。

セキュリティ上のリスクを考えて、パスワードを教える相手はなるべく限定してください。

関連記事

Androidスマートフォンのナビゲーションバーの使い方。Android 8.0までとAndroid 9からのナビゲーションバーの違い。機能や使いどころ。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329