日本通信「合理的かけほプラン」とOCN モバイル ONE「完全かけ放題」の比較

SIMカード

日本通信「合理的かけほプラン」とOCN モバイル ONE「完全かけ放題」の比較

携帯電話料金の低廉化の流れを受け、今春は格安SIM(MVNO)サービスでも料金の改定や新プランなどの発表が続きました。

各社従来よりもさらに基本料金が抑えられており、大手キャリアよりもかなり安く運用可能です。

料金以外にも専用アプリ不要の通話割引サービスが開始されたり、音声通話の使い勝手も向上しています。

データ通信量がそれほど多くなく音声通話の利用が多い方なら、かけ放題の利用を目的で格安SIM(MVNO)サービスを契約するのもおすすめです。

関連記事

携帯電話で通話かけ放題を利用する場合の月額料金の比較。音声通話かけ放題の種類と違い。主な通信会社のかけ放題込の月額料金。

専用アプリ不要の完全かけ放題

格安SIM(MVNO)サービスで音声通話のかけ放題(専用アプリ不要・時間制限なし)の利用を考えた場合、日本通信とOCN モバイル ONEが候補になります。

日本通信とOCN モバイル ONEの主なサービス内容

日本通信 OCN モバイル ONE
プラン名 合理的かけほプラン 音声通話SIM
月額料金 2,728円

※高速通信のデータ容量 3GB

  • 1GB 770円
  • 3GB 990円
  • 6GB 1,320円
  • 10GB 1,760円
音声通話オプション 10分かけ放題 935円・トップ3かけ放題 935円・完全かけ放題 1,430円
エリア ドコモエリア ドコモエリア
音声通話料金 かけ放題(追加料金なし) 22円/30秒(※OCNでんわ適用時 11円/30秒)

※通常の電話番号への国内通話であれば、自動的にOCNでんわが適用されます

※ナビダイヤル(0570)など有料サービスは通常の音声通話料金がかかります

スマートフォン

日本通信はプラン内にかけ放題が含まれており、OCN モバイル ONEは基本プランに完全かけ放題オプションを付ける形になります。

OCN モバイル ONEの基本プランに完全かけ放題のオプションを付けた場合の料金は、データ通信量1GBの場合で月額2,200円、3GBで月額2,420円です。

3大キャリアのオンライン専用20GBプラン(ahamo・povo・LINEMO)にかけ放題オプションを付けると約4,000円から4,400円なので、月額2,000円ほど安く運用できます。

音声通話かけ放題が利用しやすく

ショップなど対面サポートを利用したい場合は、少し料金が上がりますがサブブランド(UQモバイル・ワイモバイル)も選択肢になってきます。

キャリアのメインブランドに比べ店舗数こそ減りますが、申込なども対面で可能です。

特に利用される方が60歳以上の場合は割引が適用でき、格安SIM(MVNO)と同じくらいの料金でかけ放題が利用できます。

携帯電話とノートパソコン

対面サポートがあまり必要ない方であれば、格安SIM(MVNO)サービスが最安です。

混雑時間帯のデータ通信速度が落ちる傾向もありますが、月々のデータ通信量が少ない方ならそれほど影響も大きくありません。

大手キャリアのオンライン専用20GBプラン(ahamo・povo・LINEMO)も安いですが、格安SIM(MVNO)サービスも候補として検討してみてください。

関連記事

携帯電話を使った音声通話の種類とそれぞれの特徴。通話品質、料金、使いやすさの比較。かけ放題オプションの使い勝手。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329