ドコモの料金プラン「ギガライト」と「ahamo(アハモ)」の比較

ahamo公式サイト

NTTドコモ公式サイトより

ドコモの料金プラン「ギガライト」と「ahamo(アハモ)」の比較

ドコモのオンライン専用20GBプラン「ahamo(アハモ)」のサービスが開始されました。

申込や手続きなどが全てオンラインになる点に注意が必要ですが、従来の料金プランに比べてコストパフォーマンスの高いプランになっています。

ドコモでデータ通信量が少ないユーザーは「ギガライト」を契約されている方が多いですが、基本料金もahamo(アハモ)のほうが割安です。

ただし全国のドコモショップで受けられる対面サポート、家族割引きの特典などは考慮する必要があります。

関連記事

3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)が開始するオンライン20GBプランの比較。月額料金、サービス内容、オプション料金。

主なサービス内容

ドコモの「ギガライト」とオンライン専用20GBプラン「ahamo(アハモ)」の主なサービス内容と料金は以下のとおりです。

主なサービス内容と料金の比較

ギガライト ahamo(アハモ)
受付・各種手続き 店舗・電話利用可 オンライン専用
月額料金
  • 1GBまで 3,278円
  • 3GBまで 4,378円
  • 5GBまで 5,478円
  • 7GBまで 6,578円
2,970円
高速通信のデータ容量 20GB
超過後の通信速度 最大128Kbps 最大1Mbps
データ繰越 なし
データチャージ(1GB) 1,100円 550円
音声通話 22円/30秒 5分かけ放題付

※5分以降 22円/30秒

音声通話オプション

かけ放題オプション 1,870円

5分通話無料オプション 770円

かけ放題オプション 1,100円
キャリアメール あり なし
電話料金合算払い機能 あり App Store、Google playは可
留守電サービス(有料) 利用可 不可
イマドコサーチ(有料) 利用可 不可

※ギガライトの月額料金は2年契約(中途解約金1,100円)の場合

基本料金・データ通信量・超過後の通信速度・音声通話オプションなども含め、コストパフォーマンスは圧倒的にahamo(アハモ)が良くなっています。

ただし基本料金が安い代わりに街のドコモショップなどが利用できず、申込なども含め全てオンラインで手続きが基本になります。

端末故障時の修理受付に関しては、ahamo(アハモ)もドコモショップが利用可能です。

AQUOSsense4

特にメールアドレスに注意

また手続きがすべてオンラインになる以外にも、いくつかのサービスがahamo(アハモ)だと使えなくなります。

特にキャリアメール(docomo.ne.jp)とspモード コンテンツ決済サービス(dメニュー掲載コンテンツ)が利用できない点に注意が必要です。

ahamo(アハモ)へ移行する場合は、メールアドレスの移行準備と利用しているサービス(※App Store、Google Play以外のサービス)の支払い方法変更を忘れないようにしてください。

メインブランド(ギガプラン)とahamo(アハモ)のサービス内容の差は、ドコモ公式サイトに一覧でまとめられています。

リンク

ドコモ公式サイト ギガプランとahamoを比較する https://www.nttdocomo.co.jp/charge/promotion/compare/

有償サポート開始

ドコモショップでは2021年4月22日より「ahamo WEBお申込みサポート」「ahamo WEBお手続きサポート」の有料サービスを開始しました。

ahamo(アハモ)の各種申込時に、ショップの店員が一緒にスマートフォンの申し込み画面を確認しながら必要に応じて操作方法を案内してくれます。

ただし、あくまで手続きの案内を行うサービスで、スマートフォンの操作・契約内容などの確認は自分で行う必要があります。

申込1件あたり3,300円(税込)の利用料金も必要です。

携帯電話とノートパソコン

家族割引・光回線割引での扱い

またギガライトとahamo(アハモ)を比べた場合の大きな違いとして、家族間通話・みんなのドコモ割(家族割引)・ドコモ光セット割での扱いがあります。

家族割引・光回線割引の違い

ギガライト ahamo(アハモ)
家族間の音声通話 無料 5分かけ放題

※家族がahamo回線へかける場合は無料

みんなのドコモ割

※1回線あたりの割引額

割引対象

※2回線 550円・3回線以上 1,100円

割引なし

(みんなのドコモ割の回線数にはカウントされる)

ドコモ光セット割

※割引額

基本料割引あり

※光回線の契約内容・利用データ容量に応じて220円から1,100円割引き

基本料割引の対象外

※割引額は全て税込です

ギガライトだと家族間(グループ間)通話は双方が無料ですが、ahamo(アハモ)からの通話はこれが適用されません(5分かけ放題で計算)。

※家族からahamo回線にかけた場合は、今までどおり無料です

フィーチャーフォン

またahamo(アハモ)はみんなのドコモ割の回線数にカウントされますが、基本料金の割引はありません。

みんなのドコモ割で3回線以上なら1,100円(税込)の割引きがあり、ドコモ光セット割も適用できる方ならギガライトでもかなり料金が抑えられます。

各種割引を適用した場合のギガライトの料金

みんなドコモ割(家族割引)を適用した場合のギガライトの月額料金は以下のとおりです。

※ギガライトの月額料金は2年契約(中途解約金1,100円)の場合になります

みんなドコモ割適用後のギガライト月額料金

通常料金 2回線の場合 3回線の場合
1GBまで 3,278円 2,728円 2,178円
3GBまで 4,378円 3,828円 3,278円
5GBまで 5,478円 4,928円 4,378円
7GBまで 6,578円 6,028円 5,478円

ギガプランではドコモ光セット割も併せて利用できますが、ギガライトで適用した場合はデータ通信量に応じて割引額が変わります。

ドコモ光セット割のデータ通信量ごとの割引額

「ドコモ光」定額プラン 「ドコモ光」2段階定額プラン(ドコモ光ミニ)
1GBまで 割引なし 割引なし
3GBまで -550円 -220円
5GBまで -1,100円 -550円
7GBまで -1,100円 -550円

みんなドコモ割(家族割引3回線)と「ドコモ光」定額プランの割引を両方適用した場合の料金はつぎのとおりです。

みんなドコモ割(3回線)・「ドコモ光」定額プランで割引適用後のギガライト月額料金

通常料金 割引を両方適用した場合 割引額
1GBまで 3,278円 2,178円 (1,100+0)
3GBまで 4,378円 2,728円 (1,100+550)
5GBまで 5,478円 3,278円 (1,100+1,100)
7GBまで 6,578円 4,378円 (1,100+1,100)

各種割引を適用できればギガライトもかなり安く利用できますが、ahamo(アハモ)に比べると高速データ通信量は少なく若干料金も高めになります。

ただしギガライトだと家族への電話が完全無制限になるのと、街のドコモショップで手続きなどすべて完結できるのが大きなメリットです。

対面サポートの要否

単純な月額料金の比較だと月にデータ通信量が20GBも必要ないユーザーでも、ギガライトからahamo(アハモ)に変更したほうが安くなります。

ただネックになるのはオンライン専用プランという点で、ショップなど対面でのサポートが無くなっても大丈夫かどうかという点につきます。

d払いアプリ起動画面

オンライン手続きといってもそれほど難しい作業ではないですが初期設定なども自分で行う必要があり、故障や修理以外はWebサイト(アプリ)から申込が必要です。

何かトラブルがあったときに近くのショップに持ち込めばなんとかしてくれる手厚いサポートは無くなります。

特に家族でまとめてドコモを契約されている方は、各種割引なども含めてトータルで比較してみてください。

関連記事

ドコモがオンライン専用20GBプラン「ahamo(アハモ)」向けに販売する3機種の価格と性能。ahamo(アハモ)公式サイトでの販売価格。端末の基本スペック。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329