3大キャリアの家族割引きの適用条件・特典内容の比較

風船

3大キャリアの家族割引きの適用条件・特典内容の比較

3大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)では事実婚や同性パートナーなども含め、複数回線の契約で一定の条件を満たす場合に家族割引サービスを提供しています。

グループ間の国内音声通話無料や基本料金の割引など特典が大きく、証明書さえ提出すれば別住所に住んでいる場合でも利用できます。

ショップでの対面サポートを残しつつ月々の携帯電話料金を抑えることを考えた場合、まず最初は家族割引きが適用できないかを検討するのが手軽で効果的です。

※下記サービス内容は2021年10月13日時点のものです。

関連記事

オンライン専用20GBプランと段階式プランに家族割引きを適用したときの料金比較。各キャリアごとの主なサービス内容。

家族割引きの対象

各通信会社で家族割引きの対象としている条件・範囲などは次のとおりです。

家族割引きの対象
ドコモ 三親等以内の家族
au
  • (家族割)auが定める三親等以内家族
  • (家族割プラス)同一住所に居住の家族
ソフトバンク 家族(血縁・婚姻)または同住所であること

※3社とも事実婚や同性パートナーなども家族割の対象

※現在auはキャンペーンで住所が違う場合も家族割プラスを適用中

基本的に三親等以内であれば家族割引きの対象になります。

三親等の範囲

三親等の関係図

NTTドコモ公式サイトより

ソフトバンクなどは住所が同一であれば家族以外も設定可能になっており、適用範囲が各社で若干異なっています。

また家族割引きを利用する場合、月額料金が割引になるプランと回線数のカウント対象だけのプラン(家族間通話が無料)があるので注意してください。

ドコモのファミリー割引・みんなのドコモ割

ドコモで実施している家族割引きの内容は以下のとおりです。

条件

  • 三親等以内の家族(別住所でもグループ設定可)

主な特典

  • (ファミリー割引)家族間国内通話無料 ※ahamo(アハモ)は着信のみ
  • (みんなのドコモ割)ギガホ・ギガライトの月額料金割引

月額割引対象プランと割引額

みんなのドコモ割の割引対象プラン 割引額
5Gギガホ プレミア・5Gギガホ・5Gギガライト・ギガホ プレミア・ギガホ・ギガライト
  • 2回線 550円(税込)
  • 3回線以上 1,100円(税込)

回線数のカウント対象プラン

料金プラン(5Gギガホなど)、料金プラン(ギガホなど)、はじめてスマホプラン、
ahamo(アハモ)、基本プラン、Xi料金プラン、FOMA料金プラン(FOMAユビキタスプランなどは除く)

グループ設定できる回線数

20回線まで

みんなのドコモ割を適用することで、ギガホ・ギガライトの基本料金が2回線だと550円・3回線以上だと1,100円それぞれの回線で割引されます。

オンライン専用プランahamo(アハモ)も「みんなのドコモ割」のカウント対象です。

ただしahamo(アハモ)回線から家族回線へ電話をかける場合、国内通話無料は適用されません。

※ギガホ・ギガライト回線からahamo(アハモ)回線へかける場合は、国内通話無料が適用されます。

※ahamo(アハモ)回線から家族の回線へ電話をかける場合は、標準機能の5分かけ放題が適用され超過後は22円/30秒の通話料金が発生します。

ahamo公式サイト

NTTドコモ公式サイトより

auの家族割・家族割プラス

auで実施している家族割引きの内容は以下のとおりです。

条件

  • (家族割)auが定める三親等以内家族(別住所でもグループ設定可)
  • (家族割プラス)同一住所に居住の家族

※オンライン専用プランpovo (ポヴォ)は対象外

※現在auはキャンペーンで住所が違う場合も家族割プラスを適用中

主な特典

  • (家族割)家族間の国内通話料・SMS送信料が24時間無料
  • (家族割プラス)対象プラン・回線数に応じて月額料金の割引

月額割引対象プランと割引額

家族割プラスの割引対象プラン 割引額
使い放題MAX 5G 5プラン・使い放題MAX 4G 3プラン・その他割引対象プラン
  • 2回線 550円(税込)
  • 3回線 1,100円(税込)
データMAX 5G 6プラン・データMAX 4G LTE 3プラン
  • 2回線 550円(税込)
  • 3回線 1,100円(税込)
  • 4回線以上 2,222円(税込)
auデータMAXプラン Netflixパック
  • 2回線以上 1,100円(税込)

家族割の対象プラン

データMAX 5G 6プラン・ピタットプラン 5G 2プラン・データMAX 4G LTE 5プラン・ケータイシンプルプラン・ケータイカケホプラン・VKプランS(N)/VKプランM(N)・ジュニアケータイプランN・mamorino WatchプランN

※上記は現在提供中のプランで、受付終了したプランでも対象になるものがあります。

家族割プラスのカウント対象プラン

使い放題MAX 5G 5プラン・ピタットプラン 5G 2プラン・使い放題MAX 4G 3プラン・ピタットプラン 4G LTE 2プラン・VKプランS(N)/VKプランM(N)/VKプランE(N)/ケータイシンプルプラン/ケータイカケホプラン

※上記は現在提供中のプランで、受付終了したプランでもカウント対象になるものがあります。

グループ設定できる回線数

10回線まで

au PAY起動画面

auは「家族割」と「家族割プラス」は別サービスの扱いで、対象の条件やプランが異なるので注意してください。

ソフトバンクの家族割引・新みんな家族割

ソフトバンクで実施している家族割引きの内容は以下のとおりです。

条件

  • 家族(血縁・婚姻)または同住所であること

※オンライン専用プランLINEMO(ラインモ)は対象外

主な特典

  • (家族割引)家族間の国内通話・メールが無料
  • (新みんな家族割)データプランメリハリ、データプラン50GB+、データ定額 50GBプラス、データ定額 50GBの月額料金割引

月額割引対象プランと割引額

新みんなの家族割の割引対象プラン 割引額
データプランメリハリ・データプラン50GB+・データ定額 50GBプラス
  • 2回線 550円(税込)
  • 3回線 1,650円(税込)
  • 4回線以上 2,200円(税込)
データ定額 50GB
  • 2回線 1,650円(税込)
  • 3回線 1,980円(税込)
  • 4回線以上 2,200円(税込)

回線数のカウント対象プラン

データプランメリハリ、データプランミニフィット、データプラン50GB+、データプランミニ、データプラン1GB(スマホ)、データプラン1GB(ケータイ)、データプラン100MB、データ定額 50GBプラス、データ定額ミニモンスター、データ定額スマホデビューまたはデータ定額 50GB

グループ設定できる回線数

10回線まで

ソフトバンクのSIMカード

ソフトバンクは割引対象のプランが大容量プランに限られますが、親等数の制限などがなく同居人であれば他人もグループ設定できるのが特徴です。

一番メリットの大きい割引

ショップでの対面サポートを残しつつ料金を抑えることを考えた場合、UQモバイルやワイモバイルなどのサブブランドという選択も有用です。

ただ3大キャリアのメインブランドでも家族割引きを適用すればかなり料金を抑えられるケースも多く、関連サービスの特典なども残すことができます。

特に複数回線を契約されている場合は割引額も大きく、書類さえ用意すれば手続きも簡単なのでぜひ活用してください。

関連記事

UQモバイルとワイモバイルの提供する料金プランの比較。基本料金、サービス内容、割引特典。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329