イオンモバイルで10月から専用アプリ不要の音声通話かけ放題サービス開始

モバイルWAON起動画面

イオンモバイルで10月から専用アプリ不要の音声通話かけ放題サービス開始

イオンモバイルは2021年10月1日より基本料金と国内通話料金の値下げ・かけ放題サービスの内容を一部改定することを発表しました。

基本料金は一律月額220円の値下げ、国内音声通話料は22円/30秒から11円/30秒に改定されます。

また今まで専用アプリからの発信操作が必要だった5分かけ放題・10分かけ放題サービスがアプリ不要になり、完全かけ放題オプションも年内に追加予定です。

ただしかけ放題サービスでアプリが不要になるのはドコモ回線のプランのみで、au回線のプランは引き続き専用アプリ「イオンでんわ」からの発信が必要なので注意してください。

関連記事

日本通信の合理的かけほプランとOCN モバイル ONEで完全かけ放題オプションを付けた場合の比較。主なサービス内容と月額料金。

イオンモバイルの主なサービス内容

イオンモバイルのメインプラン「さいてきプラン(音声プラン)」の基本料金と主なサービス内容は次のとおりです。

さいてきプラン(音声プラン)の月額基本料金(6GBまで抜粋)

さいてきプラン(音声プラン)月額料金
データ容量 現行 2021年10月1日より
0.5GB 1,023円 803円
1GB 1,078円 858円
2GB 1,188円 968円
3GB 1,298円 1,078円
4GB 1,408円 1,188円
5GB 1,518円 1,298円
6GB 1,628円 1,408円

主なサービス内容

さいてきプラン(音声プラン)
データ容量超過後の通信速度 最大200kbps
データ繰越 翌月まで
音声通話 通常発信 22円/30秒・専用アプリ発信 11円/30秒

※2021年10月1日より一律11円/30秒

音声通話オプション 5分かけ放題 月額 550円 10分かけ放題 月額 935円

※専用アプリ「イオンでんわ」からの発信が必要

※2021年10月1日よりドコモ回線プランは通常発信にも適用

※完全かけ放題オプション 1,650円(2021年内を目途に開始)

データ容量1GBのプランの場合、基本料金が月額1,078円から858円に値下げされます。

また音声通話料金は22円/30秒で現在は専用アプリ「イオンでんわ」からの発信を条件に割引が適用されていますが、2021年10月1日以降は一律で11円/30秒に変更。

専用アプリを使用しなくても音声通話料金が下がるので、音声通話を利用するときの使い勝手がよくなります。

音声通話料金の変更内容

イオンモバイルの音声通話料金表

イオンモバイル公式サイトより

かけ放題サービスがアプリ不要に

また音声通話かけ放題オプションについても、専用アプリ「イオンでんわ」から発信をしなくても最初の5分・10分にオプションが適用される(料金が発生しない)ようになります。

ただしこのサービスに関してはドコモ回線タイプのみで、au回線タイプで利用されている方は引き続き専用アプリ「イオンでんわ」からの発信が必要です。

※au回線タイプの場合、通常発信だとかけ放題オプションが適用されません。

風船

イオン店頭で申込ができる格安SIM(MVNO)

格安SIM(MVNO)の音声通話割引(かけ放題オプションなど)は専用アプリからの発信を条件にしたものが多く、わかりにくさや使い勝手の面ですこし難がありました。

※スマホ標準アプリの着信履歴から発信すると通常の電話利用金が発生する(専用アプリから発信されない)など

今回の改定(2021年10月から)により専用アプリが不要になったことで、音声通話の利用がメインの方にも利用しやすいプランになっています。

イオンモバイルは格安SIM(MVNO)ながら全国イオン200店舗以上で店頭サポートが受けられるメリットもあるので、料金の見直しを検討されている方は候補としてチェックしてみてください。

関連記事

携帯電話で通話かけ放題を利用する場合の月額料金の比較。音声通話かけ放題の種類と違い。主な通信会社のかけ放題込の月額料金。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329