携帯電話の料金プランを選ぶときの基本的なポイント

SIMフリースマートフォン

携帯電話の料金プランを選ぶときの基本的なポイント

3大キャリアのオンライン専用20GBプランが開始されることもあり、携帯電話料金の見直しを検討される方が増えています。

いままで複雑なイメージがあった携帯電話料金ですが、電気通信事業法の改正などもあって以前よりは料金体系もシンプルになりました。

特定の条件での割引(家族割、光回線割、キャンペーン割引)や端末の購入代金を考慮しなければ、通信会社ごとの比較なども容易です。

関連記事

スマートフォン関連の話題で「ギガが足りない」って言うときの言葉の意味。高速データ通信量とデータ保存容量の意味で使われる2種類の例。

携帯電話料金の中身

現在スマートフォンを利用されている場合、携帯電話料金は月の高速データ通信量と音声通話時間で決まります。

  • 高速データ通信量の利用料金 + 音声通話料金(通話料金、かけ放題オプション)

スマートフォンとノートパソコン

基本的にはこれだけで、あとは必要な高速データ通信量(いわゆるギガ数)に合わせて料金プランを選択し別途音声通話料金が乗ってくる感じです。

音声通話料金は通常22円/30秒かかるので、通話時間が多い方はかけ放題オプションなどを付ける形になります。

※通話品質や使い勝手などは若干落ちますが、SNS(LINE・Skypeなど)の無料通話という選択肢もあります。

月々に必要な高速データ通信量と音声通話の利用具合さえ把握しておけば、自分に必要な料金プランを選ぶことができます。

高速データ通信量の確認

契約する高速データ通信量(モバイルデータ通信量)は、自分が一か月間で使っているデータ通信量に合わせて選びます。

月々どれくらいのデータ通信量を使っているかは、携帯電話会社の公式サイト(契約内容などが確認できる個人ページ)やスマートフォン本体の設定画面でも確認可能です。

データ通信量を確認する方法

  • 契約している携帯電話会社の個人ページから確認(My docomo、My au、My softbankなど)
  • Androidの場合 [設定]->[ネットワークとインターネット]->[モバイルネットワーク]->[データ使用量](※機種毎に若干異なります)
  • iPhoneの場合 [設定]->[モバイル通信] モバイルデータ通信の「現在までの合計」※この値は累計情報なので、一か月分の通信量を調べるには画面下部にある「統計情報のリセット」を実行して一か月経過させる必要があります。

電線

ちなみにWi-Fi(ワイファイ)での通信は、高速データ通信量(モバイルデータ通信量)とは別扱いになります。

自宅や職場の固定回線・コンビニ・ファストフード・ショッピングモールなどWi-Fi(ワイファイ)で通信する分は、携帯電話料金には関係ありません。

※光回線などは月額費用がかかります。

関連記事

スマートフォンを自宅の固定回線(Wi-Fi)に繋いで利用するメリット。携帯電話回線で繋ぐ場合と固定回線で繋ぐ場合の違いとそれぞれの利点。

音声通話が多い場合はオプションを追加

音声通話料金はどの通信会社もだいたい共通で、通常は22円/30秒で運用されています。

固定電話などと比べるとかなり高い料金なので、音声通話の利用が多い方は定額の割引オプションを利用するのが一般的です。

オプション料金やサービス内容は各社若干の違いがありますが、完全かけ放題で約1,800円、時間制限(5分、10分)のかけ放題で約800円から1,000円程度の料金設定になっています。

フィーチャーフォン

ただし格安SIM(MVNO)サービスなどは通話専用アプリからの発信が条件など、使い勝手に差があります。

関連記事

携帯電話で通話かけ放題を利用する場合の月額料金の比較。音声通話かけ放題の種類と違い。主な通信会社のかけ放題込の月額料金。

格安SIM(MVNO)は混雑時間帯がネック

格安SIM(MVNO)サービスはキャリアに回線を借りる仕組み上、どうしても混雑時間帯にデータ通信速度が落ちる可能性があります。

特に朝夕の通勤通学時間帯や昼休みなど、データ通信速度が落ちる傾向が顕著です。

ただ実際にどの程度通信速度が落ちるかは、契約者数や利用場所にも影響されるので一概には言えません。

※通信会社によって違ってきます。

そのため混雑時間帯によくスマートフォンを使う方や、通信速度が必要なサービス(高画質の動画視聴など)を利用される方には、すこし薦めにくい点があります。

ただ混雑時間帯以外は通信速度も出るし、利用可能エリアも3大キャリアと同じです。

そのあたりのデメリットを理解して利用すれば、かなり割安で運用できます。

SIMカード

オンライン専用20GBプラン

3大キャリアが提供するオンライン専用20GBプランは、高速データ通信量・データ通信速度・音声通話料金など比較した場合にコストパフォーマンスで頭ひとつ抜けています。

ただし問題は受付・手続きなどがすべてオンラインで行う必要がある点です。

従来のようにトラブルがあったとき街のキャリアショップに持ち込めばなんとかしてくれる手厚いサポートが無くなります。

また高速データ通信量が20GBの固定なので、月々データ通信量が少ない方はデータ通信量が余る可能性があります。

混雑時間帯に少々データ通信速度が落ちても問題ない使い方であれば、格安SIM(MVNO)サービスが割安で選択肢になってきます。

関連記事

3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)が開始するオンライン20GBプランの比較。月額料金、サービス内容、オプション料金。

料金の仕組みは基本同じ

店舗数や通信速度などの差はありますが、キャリアでもサブブランドでも格安SIM(MVNO)サービスでも高速データ通信量と音声通話のセットという考え方は同じです。

風船

あとは利用していて高速データ通信量が足りないと感じたら、容量の多い上位のプランに変更するか足りない分だけ追加購入。(1GBあたり500円から1,000円程度)

音声通話料金が高いと感じたら定額オプションを契約するか、LINE(ライン)やSkype(スカイプ)などSNSの無料通話で通話料金を節約するといった感じになります。

乗り換え(MNP)や料金プランの見直しを考えている方は、まず自分の利用状況を把握して料金プランなどを比較・チェックしてみてください。

関連記事

携帯電話(通信会社)の乗り換え(MNP)を考えるときに料金以外で大事なポイント。対面サポート、スマホの購入、音声通話の考え方。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329