Googleニュースの基本的な使い方、便利な機能

Googleニュース起動画面

Googleニュースの基本的な使い方、便利な機能

各社から様々な機能を持ったニュースアプリがリリースされており、Googleからも「Googleニュース」がスマートフォン用にリリースされています。

Googleニュースはトピック(話題)のフォローやユーザーが指定したニュース配信元の記事を非表示にする機能があり、カスタマイズ性の高さが特徴です。

Googleアカウントを利用しているので他の機器との連携がしやすく、スマホでチェックを入れておいた記事を後からPCやタブレットなどで確認するといった使い方もできます。

関連記事

iPhoneで特定の相手にワンタップで電話をかける専用ショートカットを作成する手順。ショートカットアプリの使い方。ホーム画面への設置・削除の方法。

アプリのインストール

GoogleニュースはAppストア、Googleプレイなどから無料でダウンロードできます。

Android端末だと標準でインストールされている機種も多いので、ダウウンロード前にアプリ一覧を確認してみてください。

Google ニュース

Google ニュース
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ

メイン画面

Googleニュース(アプリ)は画面下部にある4つのタブで表示するニュースの切り替えができますが、メインで使用するのは「おすすめ」と「ヘッドライン」の二つです。

「おすすめ」の項目にはユーザーの興味や表示設定などに合わせてカスタマイズされたニュースの一覧、「ヘッドライン」は言語と地域設定に基づいた全般的なニュースがカテゴリー別に表示されます。

メインは「おすすめ」と「ヘッドライン」

Googleニュースアプリメイン画面

フォロー中と新聞雑誌

残りの二つ「フォロー中」と「新聞・雑誌」のタブについては補助的な使い方になります。

  • 「フォロー中」 自分分がフォロー設定している(興味がある)話題や提供元のニュースを一括で確認するときや後で読むため保存した個別記事の閲覧。
  • 「新聞・雑誌」 特定のニュース提供元の配信している記事を一括で確認したい場合などに利用す。

「フォロー中」と「新聞・雑誌」

Googleニュースアプリの画面

関連する他の記事を確認する

Googleニュースではあるトピックに関するニュースが複数ある場合、関連する他の記事を一括で確認できる機能があります。

関連する記事がある場合は記事の右下にアイコンが表示され、タップすると他のニュース提供元が配信している記事を一覧で表示。

トピックに関連する動画やTwitterのツイートがピックアップされることもあります。

すべての記事を表示

すべての記事を表示する機能

特定のニュース提供元の記事を非表示にする

Googleニュースには特定のニュース提供元を指定して、そこが配信する記事を非表示にする機能があります。

自分があまり興味のない記事を配信する提供元を非表示設定しておくことで、おすすめに不要なニュースが表示される頻度を下げることが可能です。

記事からの非表示設定

非表示の解除

非表示にしたニュース提供元などを元に戻す場合は、アカウントの設定メニューから行います。

設定メニューを呼び出すときは、Googleニュースアプリを起動した状態で右上のアイコンをタップします。

非表示の解除手順

右上のアカウントアイコンから「ニュースの設定」->「表示回数を減らしたニュース提供元やトピック」と選択。

Googleニュースのアカウントメニュー画面

非表示設定したニュース提供元の一覧が表示されるので、項目の右側にあるマイナスマークをタップすると非表示設定が解除されます。

ニュースの提供元の非表示設定画面

トピック(話題)などのフォロー

興味のあるトピック(話題、場所)やニュースの提供元をフォロー設定しておくことで、関連するニュースの表示回数を増やすことが可能です。

トピックなどのフォローは「フォロー中」、ニュース提供元のフォローは「新聞・雑誌」のタブから星マークのアイコンをタップして行います。

トピックのフォローと管理

トピックのフォローと管理

特定のニュースの提供元をフォローしたい場合は、「新聞・雑誌」のタブから行います。

また任意のキーワードを指定してフォローすることも可能です。

任意のキーワード・ニュースの提供元のフォロー

キーワード・ニュース提供元のフォロー

使うほどカスタマイズされる

Googleニュースは色々カスタマイズ(フォローや非表示などの設定)していくほど、おすすめにユーザーの興味に合わせた関心度の高いニュースが表示される仕組みになっています。

それぞれの設定は後からいつでも変更できるので、使いながらどんどんフォローや非表示などを設定していくのがおすすめです。

操作もシンプルで使い勝手のいいニュースアプリなので、ニュースアプリを探している方はチェックしてみてください。

関連記事

よく使う連絡先のショートカットを作成して、ワンタップで音声発信ができるようにする手順の紹介。ウィジェット機能を使ったショートッカットの設置方法。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329(20220415レスポンシブ)
新規アドセンス20190329(20220415レスポンシブ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329(20220415レスポンシブ)