楽天モバイルでiPhoneからRakuten Linkを利用していない相手へのSMSが有料化

Rakuten Linkアプリ紹介ページ

楽天モバイル公式サイトより

楽天モバイルでiPhoneからRakuten Linkを利用していない相手へのSMSが有料化

楽天モバイルが先月からアナウンスしていたRakuten LinkアプリiOS版の仕様変更について、2021年6月24日より適用が開始されます。

iPhoneの場合、Rakuten Linkアプリを利用していない相手からの「音声着信」・「SMS送受信」時のアプリ動作・適用料金が一部変更されました。

特に相手がRakuten Linkアプリを利用していない場合、iOS標準アプリからしかSMSの送信ができなくなり、送信時に3円(国内・全角70文字)の料金が発生するので注意してください。

Android版のRakuten Linkアプリに関しては、仕様変更はありません。

※追記 2021年6月24日、楽天モバイルより仕様変更の延期が発表されました。今後のスケジュール等は決まり次第発表するとのことです。

※追記2 2021年7月6日より仕様変更が行われることが楽天モバイルより発表されました。

リンク

楽天モバイル公式サイト 【重要】Rakuten LinkアプリiOS版の仕様変更に関するお知らせ

https://network.mobile.rakuten.co.jp/information/news/service/647/

仕様変更後の動作

2021年7月6日以降は相手がRakuten Linkアプリを利用していない場合、音声着信・SMS送受信時の動作が以下のように変わります。

音声着信時の動作

音声着信時のRakuten Linkの動作

SMS送受信時の動作

SMS送受信時のRakuten Linkの動作

楽天モバイル公式サイトより

音声着信についてはiOS標準の電話アプリで受けるようになるため、着信履歴から直接コールバック(Rakuten Linkアプリを使用せずに発信)しないよう注意してください。

※22円/30秒の通常音声通話料金がかかります

またSMSの無料送信は双方がRakuten Linkアプリを使用する必要があるため、楽天モバイル契約者同士のみに限定されます。

SMSが一部有料に

今回の仕様変更で一番注意が必要なのは、相手がRakuten Linkアプリを利用していない場合のSMS送信料が有料になる点です。

iPhoneからSMSを送信した場合の料金は次のようになります。

相手がRakuten Linkアプリを使用していない場合のSMS送信料金

SMS送信料金表

楽天モバイル公式サイトより

特に海外が絡むSMS送信料金は100円/70文字と高いので、利用する際は注意してください。

海外での音声着信も有料化

iPhoneでは仕様変更により、Rakuten LinkではなくiOS標準の電話アプリで音声着信を受けるように動作が変更されました。

このため海外で音声着信を受けた場合に、国・地域別の従量課金が発生するようになっているので注意してください。

国内の音声着信に関しては、従来どおり無料です。

Android版は変更なし

楽天モバイルでは2021年4月末からiPhoneへ正式に対応し端末の販売も開始されましたが、Android端末と一部動作が違ってくる点には注意してください。

ただしAndroid端末を利用している場合でも、Rakuten Linkアプリを利用せずに音声通話やSMSを送信した場合に料金が発生するのは同じです。

楽天モバイル非公式にはなりますが、Rakuten Link以外からの音声発信を防ぐアプリなどもあるので上手く活用してください。

関連記事

携帯電話を使った音声通話の種類とそれぞれの特徴。通話品質、料金、使いやすさの比較。かけ放題オプションの使い勝手。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329