【Android】ホーム画面をできるだけシンプルにして使いやすくする

Androidのホーム画面

【Android】ホーム画面をできるだけシンプルにして使いやすくする

スマートフォンを使っていくうちにアプリの数が増え、ホーム画面がアプリのショートカットで一杯になってしまい使い勝手が悪くなってしまうことがあります。

Androidでは比較的自由にホーム画面をカスタマイズできるようになっており、そういった場合に使用頻度の高いショートカットだけを設置するといったカスタマイズが可能です。

スマートフォンの操作にあまり慣れていない方なら特に、ホーム画面のショートカットの数を絞ったほうが使いやすくておすすめです。

※下記の手順はAndroid 10 ビルド番号 03.00.00、端末 AQUOS sense plus(SIMフリー)で確認しています。

関連記事

ホーム画面を機能的に スマートフォンの画面の大画面化、高性能化(詳細化)に伴い、以前よりホーム画面に多くのアプリのアイコンが置けるよう...

ショートカットをすべて削除する

まず一旦すべてのショートカットを削除してしまうことで、ホーム画面を整理しやすくします。(ショートカットを削除しても本体にアプリは残っており再設置できます。)

ショートカットの削除は、ショートカット自体を長押しして掴みそのまま上部の「削除」へ移動(スライド)させます。

ショートカットの削除方法

画面下部のドック内にあるショートカット、時計アプリのようなウィジェットも同じ操作で削除できます。

ショートカットをすべて削除してしまうと画面自体が削除されてしまうので、一つだけ残しておきます。

使用頻度の高いショートカットを設置する

ショートカットの削除が終わったら、使用頻度の高いアプリのショートカットをホーム画面に設置します。

中でも特に使用頻度の高い「設定」のようなショートカットは、ホーム画面が複数あって(切り替わって)も常に表示されるドックの位置に設置するのがおすすめです。

ショートカットの設置方法

ウィジェットなどの設置

最後に必要に応じて時計アプリなどのウィジェットを設置します。

ウィジェットの設置はホーム画面上のショートカットが無いところを長押しして、メニューからウィジェットを選択します。

時計などウィジェットのサイズは、設置時に表示される白枠をスライドさせることで、ある程度大きさを調整可能です。

ウィジェットの設置方法

使いながら改善していく

上記の手順でカスタマイズした場合、以下のような使い方になります。

カスタマイズ例

ホーム画面での操作

ホーム画面上にないアプリを使用する場合は、画面を上スワイプしてアプリ一覧画面から起動。

使う回数が多くアプリ一覧を呼び出すのが不便に感じたアプリは、ホーム画面にショートカットを設置してやります。

ショートカットの数が増えてしまうようであれば、ショートカットを重ねて置く(フォルダでまとめてしまう)ことも可能です。

あと操作中に指が当たってアプリが誤って起動するようなら、指が届きにくい場所にショートカットを移動することもできます。

Androidはそのあたり比較的自由にカスタマイズできるので、自分が使いやすいようにいろいろ試してみてください。

関連記事

Android 10で搭載されたジェスチャーナビゲーションの基本的な操作方法。従来の2つボタン、3つボタンに該当する操作。追加されたアプリの切り替え方法。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329