携帯電話会社を乗り換える(MNP)前にやっておくといいこと

風船

携帯電話会社を乗り換える(MNP)前にやっておくといいこと

総務省は携帯電話料金の低廉化に向けて、利用者に電話番号をそのまま乗り換え(MNP)しやすい環境の構築を進めています。

ただ乗り換え(MNP)手続き以外にいくつかの作業や確認が必要で、特に古い料金プランを利用されている方だと2年契約の中途解約金が高額(約9,500円)になったりします。

そういった場合は契約の更新月に合わせて乗り換え(MNP)したり、先に違約金の安い新しい料金プランに変更しておくことで、余計な出費を抑えることが可能です。

関連記事

携帯電話の乗り換え(MNP)手数料の無料化スケジュール。現在の乗り換え(MNP)手数料。大手キャリアの対応スケジュール。

2年契約の更新月の確認

現在契約している料金プランが2年契約の古いプランの場合、中途解約金が高い(約9,500円かかる)場合があります。

一定期間の利用で月額料金が安くなる契約なのですが、契約の更新月(2年毎)以外に解約すると支払いが発生する仕組みなので注意が必要です。

SIMカード

なので契約の更新月に乗り換え(MNP)のタイミングを合わせることで、中途解約金の支払いが不要になります。

更新月以外で乗り換え(MNP)をする(中途解約金がかかる)なら、一旦古い料金プランから新しい料金プランに変更してから乗り換え(MNP)したほうが手数料を抑えられる可能性があります。

※更新月は各通信会社の公式サイト(個人ページ)から契約内容を確認できます

※3大キャリアでは料金プラン変更時の手数料無料化を予定しています

※電気通信事業法改正後の料金プランは、中途解約金が最大1,000円までに規制されました

メインで利用するメールアドレスの移行

3大キャリアのメールアドレス(docomo.ne.jp、ezweb.ne.jp、softbank.ne.jp)を利用されている方は、メインで利用するメールアドレスを別のものに変更しておく必要があります。

SNSなどの普及もあり以前に比べてメールアドレスの必要性は下がっていますが、買い物やサービスの契約時などSNSでは代用できないものも多いです。

メールアドレスはAppleやGoogleで無料で取得できる(iCloud.com、gmail.com)ので、持っていない場合は新規に取得しておいてください。

Android初期設定画面

端末のSIMロック解除

現在利用している端末を3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)で購入していた場合、端末にSIMロックがかかっている場合があります。

乗り換え(MNP)先で引き続き利用する場合、ロックを解除しておかないと他の通信会社では使えないケースがあるので、SIMロックの解除手続きをしておいてください。

※SIMロックを解除しても利用できない場合(周波数などが対応していない)があります。

SIMロックの解除は街の携帯電話ショップで行うと1,000円ほど手数料がかかりますが、オンラインだと無料で手続きすることも可能です。

おサイフケータイ(FeliCa)サービス・アプリの移行準備

乗り換え(MNP)時に機種変更もされる場合は、おサイフケータイ(FeliCa)サービス、有料アプリ(ゲーム)などの移行準備が必要になります。

FeliCa機能を使ったサービス(モバイルSuicaなど)、有料アプリや課金要素があるゲームなどを利用されている場合は、前もって古い機種で必要な手続きを確認しておくことが大切です。

※IDとパスワードの入力で利用できるアプリやサービス(QRコード決済など)は、新しい機種だけで手続きができます。

スマホ背面

Apple ID、Googleアカウントのパスワード確認

機種変更を行う場合はApple ID、GoogleアカウントのIDとパスワードを事前に準備しておくことでスムーズに移行が行えます。

連絡先や写真、動画など移動させたい場合はApple IDやGoogleアカウントにデータをバックアップ(保存)しておくことを忘れないようにしてください。

携帯電話会社のポイント消化・移行

乗り換え(MNP)を行った場合、現在所持している携帯電話会社のポイントが失効してしまう場合があります。

携帯電話会社の独自ポイントが残っている場合はポイントを消化してしまうか、他のサービスなどへポイントを移せるなら手続きを忘れないようにしてください。

au PAY起動画面

携帯電話料金を見直すタイミング

乗り換え(MNP)前に準備できることを列挙しましたが、人によっては不要な(既に対応している)作業なども多く、乗り換え(MNP)手続き自体はそれほど難しい作業ではありません。

新しい通信会社と契約する前に、解約する通信会社でMNP予約番号を発行しておくだけです。

昨年末からドコモ、ソフトバンクと新料金プランの発表がつづき、1月にはauも対抗プランを打ち出すことが予想されています。

各種手数料の無料化の流れもあり携帯電話料金を見直すには絶好のタイミングになっているので、MNPだけでなく料金プランの変更なども含め色々検討してみてください。

関連記事

現時点で各通信会社が提供している小容量プランの料金比較。大手キャリア、サブブランド、格安SIMサービス(MVNO)の月額料金と高速データ通信容量。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329