ソフトバンク・ワイモバイルで購入したスマホのSIMロック解除に必要な手続き

ソフトバンクSIMカード

ソフトバンク・ワイモバイルで購入したスマホのSIMロック解除に必要な手続き

ソフトバンクのオンライン専用20GBプランLINEMO(ラインモ)で対応機種が発表されました。

現時点(2021年3月12日)で動作確認済の機種はiPhone・iPadが36機種、Androidが5機種になっています。

※動作確認予定 ソフトバンク 58機種、ワイモバイル 25機種

またソフトバンク・ワイモバイルで購入したスマートフォンでも、LINEMO(ラインモ)で利用する場合はSIMロックの解除が必要になっているので注意が必要です。

関連記事

3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)が開始するオンライン20GBプランの比較。月額料金、サービス内容、オプション料金。

SIMロックかかっているスマホ

ソフトバンク・ワイモバイルで購入したスマートフォンは回線の契約状況や支払い方法などによって、SIMロックがかかっている場合があります。

一括払いやクレジットカード払いで購入した場合だとロックがかかっていない場合もありますが、分割払いで支払い方法を口座引き落としにしている場合などは注意してください。

LINEMO(ラインモ)で端末を利用する場合はSIMロック解除の手続きが必要になります。

AndroidのSIMフリースマホ

SIMロックの確認方法

スマートフォンにSIMロックがかかっているかどうかは、ソフトバンク・ワイモバイルショップまたはチャットサポートなどで確認できます。

またスマートフォンの本体設定や、他社のSIMカードを挿して再起動すれば確認することも可能です。

スマートフォン本体での確認方法

iPhone(iOS14以降) [設定]->[一般]->[情報]

  • 「SIMロック」の項目でSIMロックあり・SIMロックなしの表示を確認

Android(メーカーによって異なる場合があります)

  • [設定]->[デバイス情報]->[SIMカードステータス]

SIMロック解除の手数料

SIMロック解除はショップで手続きを行うと3,300円(税込)の手数料がかかります。

少し手間がかかりますがMy SoftBank・My Y!mobile(個人ページ)から自分でロック解除をすれば手数料は無料です。

スマホとノートパソコン

自分でロック解除する場合の作業としては、スマートフォンの製造番号(IMEI番号)を確認してMy SoftBank・My Y!mobileで登録し、端末を再起動するだけです。

ただし端末の購入代金の支払い方法や回線の契約状況などによって、ロックを解除するには機種購入日から101日以上経過など条件がつく場合があるので注意してください。

※iPhone、Pixel以外の場合、ロック解除後に他社のSIMカードを利用するとき「解除コード」の入力が必要になります。

※「解除コード」は製造番号(IMEI番号)を登録したときに発行されます。

ブランド間の移動は手数料不要

ソフトバンクでは2021年3月17日からメインブランド・ワイモバイル・LINEMO(ラインモ)間の移動は各種手数料などが無料になります。

端末のSIMロックを解除しておくことで、ブランド間の乗り換えや料金プランの変更がしやすくなるので、料金の見直しを考えている方はチェックしてみてください。

関連記事

LINEMO(ラインモ)でYahoo!プレミアム会員を契約した場合と、ワイモバイルで15GBプランを契約した場合の料金比較。Yahoo!プレミアム会員の主なメリット。月額料金とサービス内容。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329