povo(ポヴォ)とUQモバイル「くりこしプランM」の比較

au PAY起動画面

povo(ポヴォ)とUQモバイル「くりこしプランM」の比較

auユーザーで携帯料金の見直しを考えた場合、データ通信量をそこそこ使う方だと3月に開始されるpovo(ポヴォ)とUQモバイルの「くりこしプランM」が有力な選択肢になります。

オンライン専用プランとサブブランドなのでauショップは利用できませんが、どちらも月額料金2,480円(税抜)とかなり割安で利用可能です。

ただ両プランは月額料金こそ同じですが、若干サービス内容に違いがあります。

povo(ポヴォ)のほうが高速データ通信量が多い一方でUQモバイルはショップでの契約も可能だったり、使い勝手などが少し変わってくるので確認が必要です。

関連記事

3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)が開始するオンライン20GBプランの比較。月額料金、サービス内容、オプション料金。

povo(ポヴォ)とくりこしプランMの比較

2021年3月開始予定のpovo(ポヴォ)とUQモバイル「くりこしプランM」の主なサービス内容は以下のとおりです。

povo(ポヴォ)とくりこしプランMの比較

povo(ポヴォ) UQモバイル くりこしプランM
サービス開始 2021年3月 提供中
月額料金 2,480円
高速通信のデータ容量 20GB 15GB
超過後の通信速度 最大1Mbps
データ繰越 なし あり
音声通話 20円/30秒
音声通話オプション(税別) かけ放題 月額 1,500円

5分かけ放題 月額 500円

かけ放題 月額 1,700円

10分かけ放題 月額 700円

オプション機能など データ使い放題 24時間 200円/24時間 節約モードあり(データ通信量を消費させない)
データ容量追加 1GB 500円 100MB 200円

500MB 500円

その他 オンライン専用プラン ショップでの契約可

※料金はすべて税別です

料金はどちらも月額2,480円(税抜)です。

ただし音声通話のかけ放題オプションやデータ容量追加時の料金などは、povo(ポヴォ)が若干安くなっています。

高速通信のデータ容量については5GBの差があり、平均で月20GB前後使う方であればpovo(ポヴォ)がおすすめです。

スマホ背面

ただしUQモバイルは容量が残った場合に翌月まで繰越ができるので、15GB前後に収まる使い方であれば使い勝手に差はありません。

またオンライン専用のpovo(ポヴォ)に対し、UQモバイルは街の実店舗が利用できるのが大きなメリットになります。

auショップに比べると数こそ限られますが、対面での契約が可能でトラブルがあった時に端末を持ち込んでサポートが受けられるなど、スマートフォンの操作が苦手な方などには心強い点です。

家族割、光回線割引が無くなる

ただしauのメインブランドからpovo(ポヴォ)とUQモバイルへ乗り換えた場合、auの家族割、光回線割が適用されない点に注意してください。

家族割プラスだと1回線あたり500円から2,020円、auスマートバリュー(光回線のセット割引)だと500円から1,000円、基本料金が割引されています。

特に家族全員がauを利用している場合だと上記の二つのプランより料金・サービス内容が充実しているケースもあるので、トータルでプラン内容を比較する必要があります。

携帯電話とノートパソコン

乗り換え手数料はかからない

au(メインブランド)、povo(ポヴォ)、UQモバイルはすべてKDDIグループなので、エリアや速度など通信品質に関しては基本的に大きな差はありません。

またグループ間であれば手数料不要で移行ができるようになっているので、試しにプランを切り替えて使ってみるといったこともやりやすくなっています。

povo(ポヴォ)に関しては販売する端末など一部未定な部分がありますが、UQモバイルと共にコストパフォーマンスの高い料金プランになっているのでチェックしてみてください。

関連記事

auのメインブランドからUQモバイルの「くりこしプラン」やオンライン専用プラン「povo(ポヴォ)」へ乗り換えた場合の料金比較。月のデータ通信量を想定した料金・プラン内容の比較。au(メインブランド)を契約するメリット。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329