ドコモのギガホ増量キャンペーンの変更点

ドコモデータ利用量増量キャンペーン

NTTドコモ公式サイトより

ドコモのギガホ増量キャンペーンの変更点

ドコモは現在実施している「ギガホ増量キャンペーン」を2020年5月1日より「ギガホ増量キャンペーン2」へ切り替えることを発表しました。

従来のギガホ増量キャンペーンをそのまま引き継ぐ形で、引き続きギガホの契約者は利用可能データ量が30GB増量され、毎月60GBまで利用できます。

ただし、2019年9月30日以前にギガホを契約したユーザーは手続きが必要になるので注意してください。

※手続きは「ギガホ」から「ギガホ2」へのプラン変更。プラン変更時に2年契約の解約金(9,500円)は発生しません。

※2019年10月1日以降に契約したユーザー(「ギガホ2」契約者)に関しては、5月以降も手続き不要で60GBまで利用できます。

関連記事

新料金プランでの2年契約の考え方。ドコモ、auが実施している割引特典。

「ギガホ」と「ギガホ2」の違い

ドコモの料金プラン「ギガホ」は2019年4月に開始されましたが、2019年10月1日(電気通信事業法の改正)に合わせて内容が一部変更されています。

このため2019年9月30日までに契約された方(旧「ギガホ」)と、2019年10月1日以降に契約された方「ギガホ2」では、中途解約時の違約金などが異なっています。

ギガホとギガホ2の料金比較

ギガホとギガホ2の料金比較

ギガホのキャンペーン対象

ギガホのキャンペーン対象

NTTドコモ公式サイトより

今回発表された2020年5月1日からの「ギガホ増量キャンペーン2」では、対象が「ギガホ2」のみに変更されるため旧「ギガホ」契約者はプラン変更の手続きが必要になります。

プラン変更による影響

プラン変更の手続きは街のドコモショップ以外にも、NTTドコモ公式サイトのMy docomo(マイドコモ)からも行えます。

My docomo(マイドコモ)の利用にはdアカウントの登録が必要です。

dアカウント公式サイト

dアカウント公式サイトより

2年経過すれば解約金が下がる

旧「ギガホ」から「ギガホ2」に変わったタイミングで、「定期契約なしの月額料金」と「定期契約ありでの中途解約金」が以下のように変更されています。

  • 定期契約なしの場合でも、月額170円しかアップしない
  • 2年契約の場合の中途解約金が9,500円から1,000円に減額

「ギガホ」から「ギガホ2」にプラン変更しても、利用者にデメリットはありません。

ただし今回のキャンペーンで「ギガホ」から「ギガホ2」にプラン変更した場合でも、いきなり中途解約金が1,000円にはなりません。

2年契約が残った状態でのプラン変更になるので、変更前の2年契約が有効になります。

なのでプラン変更での違約金は発生しませんが、2年以内(旧「ギガホ」の契約日から)に解約すると解約金9,500円が発生します。

旧「ギガホ」の契約日から2年経過すれば、解約金は1,000円です。

dポイントカード

旧「ギガホ」の方はプラン変更を

旧「ギガホ」のままでも5月までは増量キャンペーンの対象なので、そんなにプラン変更を急ぐ必要はありません。

ただし5月以降はキャンペーンの対象外になり、「ギガホ2」へプラン変更しないと月の上限が30GBになります。

「ギガホ」から「ギガホ2」へプラン変更することで、料金が上がったり使い勝手が変わるといったことはないので、手続きだけ忘れないように注意してください。

関連記事

ドコモ 子育て応援プログラムの概要。対象者と適用条件。申込方法。特典内容。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329