3大キャリアの5G向け料金プランの特徴

電線

3大キャリアの5G向け料金プランの特徴

2020年3月23日auより5Gサービスの発表が行われ、大手3大キャリアの5G向け料金プランが出揃いました。

5Gは従来よりも高速で大容量、低遅延の通信が可能で、今年から3大キャリアがサービスを開始します。

この記事では各社が発表した5Gの料金プラン(大容量(※無制限)プランの特徴などを比較します。

※下記で紹介している月額料金は、家族割引、光回線割引などを含めない料金です。

関連記事

スマートフォンを使ったテザリングのやり方。テザリング機能をオンにする手順。スマートフォンと外部機器の接続の種類と特長。利用する際の注意点。

ドコモの5G大容量プラン

ドコモは5G向けの大容量プランとして「5Gギガホ」を発表しました。

従来の「ギガホ」は月額7,150円(※定期契約なし)なので、ギガホから変更した場合は約500円アップになります。

ただ制限時の通信速度が3Mbps、利用可能データ量が100GBにアップしており、5Gも利用できると考えるとコストパフォーマンスの高い料金設定です。

ただしプランの契約には5G端末の購入が必要で、2年の定期契約での割引もありません。

5Gギガホ ギガホ
月額料金 7,650円(2年契約なし) 7,150円(2年契約 6,980円)
利用可能データ量 100GB ※キャンペーンで無制限 30GB ※キャンペーンで60GB
制限時の通信速度 最大3Mbps 最大1Mbps
サービス開始日 2020年3月25日 提供中

auの5G向け大容量プラン

auでは5G向けに3種類のプランを発表しました。

全プラン利用可能データ量は無制限で、テザリング/データシェア/国際ローミング通信に関しては別扱いになります。

各プランの違いはテザリングなどの容量(80GB、60GB、30GB)と有料サービス特典の有無です。

ALL STARパックにはNetflix (ベーシックプラン)、Apple Music、YouTube Premium、TELASA(auビデオパスの後継動画配信サービス)が付属。

NetflixパックにはNetflix (ベーシックプラン)、TELASAが特典としてついてきます。

他社に比較すると少し高めの料金設定ですが、5Gの活用を考えた場合データ量無制限は大きな利点です。

また5Gスタートキャンペーンとして2020年8月31日までに5G料金プランに加入した場合、25カ月間月額料金を1,000円割り引くキャンペーンを実施しています。

auの5Gプラン

データMAX 5G ALL STARパック
月額料金 11,150円 ※2年契約の場合 10,980円
利用可能データ量 無制限 ※テザリング/データシェア/国際ローミング通信 80GB
制限時の通信速度 128kbps ※テザリング/データシェア/国際ローミング通信
追加特典 Netflix (ベーシックプラン)、Apple Music、YouTube Premium、TELASA
サービス開始日 2020年6月以降

データMAX 5G Netflixパック
月額料金 9,650円 ※2年契約の場合  9,480円
利用可能データ量 無制限 ※テザリング/データシェア/国際ローミング通信 60GB
制限時の通信速度 128kbps ※テザリング/データシェア/国際ローミング通信
追加特典 Netflix (ベーシックプラン)、TELASA
サービス開始日 2020年3月26日

データMAX 5G
月額料金 8,650円 ※2年契約の場合  8,480円
利用可能データ量 無制限 ※テザリング/データシェア/国際ローミング通信 30GB
制限時の通信速度 128kbps ※テザリング/データシェア/国際ローミング通信
サービス開始日 2020年3月26日

ソフトバンクの5G向け大容量プラン

ソフトバンクは5G向けの料金プランを作成せず、従来の4G料金プランに5G利用料金を月額1,000円プラスするかたちでサービスを提供します。

利用可能データ量などは4Gプランと同じで、50GBプラス対象の動画、SNSが無制限のかたちです。

ただしソフトバンクでは無料キャンペーンを実施しており、2020年8月31日までに5Gの契約をした場合は、実質無料で5Gを利用できます

5Gメリハリプラン(基本+データプランメリハリ+5G)
月額料金 8,480 円 ※キャンペーンで2年間 7,480円
利用可能データ量 50GB + 対象の動画・SNSは無制限
制限時の通信速度 128kbps
サービス開始日 2020年3月27日

まだエリアが限定される

高層ビルと雲

個人ユーザーが5Gの特徴である高速、大容量、低遅延の通信を活用を考えた場合、月のデータ容量が無制限(大容量)のプランを契約するのが基本です。

現状、大容量プランに関しては3大キャリアがコストパフォーマンスの面でもリードしており、当面5Gを利用する場合は3大キャリアがメインになります。

ただ5Gはスタートしますが提供エリアが限られており、関連サービスにしてもまだ立ち上げ段階で、まだ多くのユーザーが様子見している状態です。

今後Google PixelやiPhoneといった人気機種が5G対応端末を発売するタイミングで、どの程度エリアやサービスが充実しているか、注目が集まります。

関連記事

5Gのサービス開始で盛り上がっているクラウドゲームサービスの状況。クラウドゲームサービスの仕組み。日本国内のサービス状況。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329