ドコモ新サービス「パケットパック海外オプション」と「海外1dayパケ」の違い

飛行機

ドコモの海外パケット通信が拡充

NTTドコモが新たな海外パケット通信サービス「パケットパック海外オプション」を2018年3月15日より開始することが発表されました。これにより従来の「海外1dayパケ」の受付は2018年3月14日に終了します。

いままでドコモユーザーは海外でパケット通信を利用する場合「海外1dayパケ」か「海外パケホーダイ」を利用する形が一般的でしたが、「海外1dayパケ」の部分が「パケットパック海外オプション」に置き換わる形になります。

今回の新サービス「パケットパック海外オプション」の「海外1dayパケ」からの変更点をまとめます。

料金一律化

今まで「海外1dayパケ」は利用する国、地域ごとによって3種類の料金が設定されていましたが、「パケットパック海外オプション」では一律980円/24時間に統一されます。「海外1dayパケ」の最低料金が980円でしたので実質値下げになります。

対象国の増加

現在「海外1dayパケ」の対象エリアは104の国と地域でしたが「パケットパック海外オプション」では205まで拡大されています。ヨーロッパ、中南米、アフリカなどでも利用できるエリアが広がっています。

神戸

高速通信容量の増加

「海外1dayパケ」は基本通信量が30Mを超えると通信速度制限がかかっていましたが、「パケットパック海外オプション」では契約中の国内パケット定額サービスのデータ量で制限。「1GB追加オプション」などで通信量の追加も可能です。

データ量を超過した場合の通信速度

「海外1dayパケ」の場合、通信データ量が30Mを超過すると通信速度が送受信時最大16kbpsに制限されますが、、「パケットパック海外オプション」では送受信最大128kbpsと国内で使うのと同じ感覚で利用できます。

海外でも国内利用と同じ感覚

「パケットパック海外オプション」の利用は「海外1dayパケ」と同様に申込が必要ですが、今回のサービス拡充で、海外でパケット通信を利用する際も国内と同じ感覚で同等のサービスを利用できるようになっています。

申込不要の「海外パケ・ホーダイ」より料金も安くなっていますので、海外旅行の際はぜひ利用を検討してみてくだい。

新サービス「パケットパック海外オプション」での変更点まとめ

新サービスと既存のサービスの違いは以下のようになります。

 

新サービス

「パケットパック海外オプション」

既存サービス

「海外1dayパケ」

利用料金980円/24時間980円/24時間、1,280円/24時間、1,580円/24時間(地域ごとに設定)
対象エリア205の国と地域104の国と地域
速度制限がかかる条件契約中の国内パケット定額サービスのデータ量超過通信データ量が30Mを超過
制限時の通信速度送受信最大128kbps送受信時最大16kbps

関連コンテンツ広告1



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット201701
スポンサーリンク