かけ放題プランでauからUQへ変えた場合の料金比較

電線

UQでかけ放題プラン開始

UQモバイルは2019年12月18日より、国内音声通話の完全かけ放題サービス「かけ放題(24時間いつでも)」の提供を発表しました。

月々の基本料金に1,700円プラスすることで、国内音声通話を定額、時間無制限で利用できます。※「0180」テレドーム、「0570」ナビダイヤルなどは除く

一般的に格安SIMと呼ばれるMVNOサービスでは、音声通話は「何分以内」のかけ放題サービスが多いのですが、グループ企業のauが提供する「通話定額」と同じ価格でかけ放題サービスが利用できます。

実際にauでかけ放題サービスを利用した場合とUQで利用した場合、月額でどの位の料金差になるかを計算してみます。

※下記は2019年12月17日時点の料金(税別)で計算したものです。

関連記事

格安SIM(MVNO)契約者数の状況。3大キャリアと比較したときの割合。総務省が公表したデータの解説。

月の通信量3GBまでの場合

UQモバイルの最安プランは「スマホプランS」で月のデータ容量は3GBになります。

auの新プランには3GBで区切られているプランはないので、4GBまでの利用なら一番安くなる「新auピタットプランN」と比較します。

月のデータ容量3GBまでの場合

データ容量 基本料金 かけ放題 月額合計
UQ スマホプランS 3GBまで 1,980円 1,700円 3,680円
新auピタットプランN 1GBまで 3,150円 4,850円
4GBまで 4,650円 6,350円

※auピタットプランNは2年契約割引なしの場合

月3GB以上使う場合

月々のデータ容量を3GB以上使う場合の比較です。UQモバイルの料金プランはデータ容量9GB、14GBの区切りになっています。

auの場合7GBまでならauフラットプラン7プラスN、20GBまでならauフラットプラン20N(カケホ)が一番安いプランです。

データ容量3GB以上の場合

データ容量 基本料金 かけ放題 月額合計
UQ スマホプランM 9GBまで 2,980円 1,700円 4,680円
UQ スマホプランL 14GBまで 3,980円 5,680円
auフラットプラン7プラスN 7GBまで 5,650円 7,350円
auフラットプラン20N(カケホ) 20GBまで 7,670円 7,670円

※auフラットプランNは2年契約割引なしの場合

料金とサポート体制のバランス

SIMカードスロット

上記の計算は新規で単体契約した場合の想定で、ネット回線とのセット割引、家族割引などが利用できる場合は、UQとauとの料金差はもうすこし縮まってきます。

またUQはauの回線施設を間借りしている仕組み上、混雑時間帯などauより回線速度が遅くなる場合があります。

あと街のショップに持ち込めばなんとかしてくれるような手厚いサポート体制は望めません。

ただ他の格安SIMに比べると、混雑時間帯でも通信速度が速いと言われており(※ただし若干料金設定が高め)、格安SIMを探している場合の有力な選択肢のひとつです。

auと同じKDDIグループの関連会社で、auからの乗り換えも他の格安SIMよりしやすくなっているので、興味のある方は一度チェックしてみてください。

関連記事

3大キャリアと格安SIMの基本的な比較方法。サポート体制の違い。混雑時間帯の通信速度の差。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329
新規アドセンス20190329

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329