ドコモ・ahamoでAQUOS wish2を購入したときの本体価格と初期費用

AQUOS wish2外観

ドコモオンラインショップより

ドコモ・ahamoでAQUOS wish2を購入したときの本体価格と初期費用

ドコモでは2022年6月24日よりシャープのAndroidスマートフォン「AQUOS wish2」の発売が開始されました。

ドコモオンラインショップとahamoの両方で取り扱われており本体価格が22,000円、他社から乗り換え(MNP)だと16,500円引きの5,500円で購入できます。

シャープのエントリーモデルに位置付けされるAndroid端末で、昨年末に発売されたAQUOS wishからCPUが大きく強化されているのが特徴です。

関連記事

ドコモ「ahamo(アハモ)」とau「povo2.0(ポヴォ2.0)」のデータ増量サービスの比較。基本サービスの内容。大盛りオプション(80GB)と150GB追加トッピングのメリット・デメリット。

AQUOS wish2の主な性能

ドコモから発売されるシャープ「AQUOS wish2(SH-51C)」の主な性能は次のとおりです。

主なスペック

  AQUOS wish2
型番 SH-51C(ドコモ)
発売 2022年6月24日
初期OS Android 12
CPU Snapdragon 695 5G
メモリ(RAM) 4GB
保存容量(ROM) 64GB
microSD
最大1TB
SIM nanoSIM
ディスプレイ 5.7インチ(液晶)
解像度 HD+(1520×720)
バッテリー容量 3,730mAh
本体サイズ 約147mm
  約71mm
  約8.9mm
重さ 約162g
5G sub6対応
アウトカメラ 標準1300万画素(f/2.0)
インカメラ 標準800万画素(f/2.0)
FeliCa おサイフケータイ対応
指紋認証 あり
防水/防塵 IPX5・IPX7/IP6X
価格 価格未定

AQUOS wish2外観

AQUOS wish2外観

シャープ公式サイトより

昨年末に発売された「AQUOS wish」からCPUがSnapdragon 695 5Gに変更されており、シャープの発表ではCPU性能が約33%、GPU性能が約19%向上。

OSも最初からAndroid12が搭載されており、2年間で最大2回のOSアップデートが保障されます。

防水防塵・大容量バッテリー・指紋認証・おサイフケータイ・5G対応と一通りの機能が揃っており、コンパクトで使い勝手の良い端末です。

ただしその他の性能に関しては「AQUOS wish」から変更がなく、端末のサイズ・重さ・バッテリー容量、外観やボディの材質なども含めて同じになっています。

対応周波数帯

シャープ「AQUOS wish2(SH-51C)」の国内対応周波数帯は以下のとおりです。

国内の対応周波数帯

  4G(LTE) 5G
AQUOS wish2(SH-51C) 1・3・8・18・19 n28・n77・n78・n79

※n28は4G周波数帯の5G転用

ドコモ以外(au・ソフトバンク)のプラチナバンド(8・18)にも対応しているので、他社のSIMも利用できます。

ただしnanoSIMのみの対応なので、SIMカードの2枚挿しなどはできません。

大手キャリアが利用する周波数帯

キャリアが利用する周波数帯一覧

総務省公式サイトより

関連記事

スマートフォンの対応周波数帯(バンド)の見方。通信会社が利用している周波数帯の一覧。iPhoneやPixelの対応周波数帯。

本体価格と初期費用

ドコモのSIM契約とセットでAQUOS wish2(SH-51C)を購入した場合、本体価格と初期費用などは次のようになります。

初期費用と月額料金

本体価格
AQUOS wish2(SH-51C) 22,000円
※他社からの乗り換え(MNP) ※5,500円
※5G WELCOME割/ ahamoのMNP割引
事務手数料
事務手数料(ドコモオンランショップ・ahamo) 0円
※店舗で契約した場合 3,300円
基本料金(月額)
5Gギガライト 3,465円から6,765円
ahamo(アハモ)基本プラン 2,970円

他社からの乗り換え(MNP)の場合は通常価格に16,500円の値引きが適用され、本体価格5,500円になります。

契約時の事務手数料は通常3,300円かかりますが、ドコモオンラインショップ・ahamoでセット購入した場合は無料です。

ahamoでも販売

今回発売されたシャープ「AQUOS wish2(SH-51C)」はドコモオンラインショップだけでなくahamoユーザー向けにも直接オンライン販売が行われています。

販売価格もドコモオンラインショップと全く同額です。

ahamoで取り扱いが無い端末のように、一旦ドコモ(ギガプラン)を契約して端末を購入した後にahamoへプラン変更する手間もかかりません。

dポイントカード

※ドコモではahamoで取り扱われていない端末の購入を希望する場合、一旦ドコモ(ギガプラン)を契約して端末を購入した後にahamoへプラン変更を行うようにユーザーへ案内しています。

※プラン変更した月の基本料金はahamoの月額料金が適用され、一旦契約したギガプランの料金は発生しません。

コスパの高いエントリーモデル

Snapdragon 695はシャープの「AQUOS sense6s」にも採用されているCPUで、AQUOS wish2はミドルレンジ並みの処理性能を持つエントリーモデルになっています。

本体がコンパクトなのでsenseシリーズと比べると画面サイズが小さかったり解像度も低め(HD+)でカメラも単眼レンズとスペックダウンしますが、本体価格は22,000円と抜群にコストパフォーマンスの高い端末です。

フラッグシップ機のように目立った性能はありませんが、普段使いには一通りの機能が揃った使い勝手の良い端末でなので、興味のある方はチェックしてみてください。

関連記事

ドコモのAQUOS wish2(SH-51C)とauのAQUOS sense6s(SHG07)の比較。基本性能と特徴。国内の対応周波数帯(バンド)。
関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
新規アドセンス20190329(20220415レスポンシブ)
新規アドセンス20190329(20220415レスポンシブ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新規アドセンス20190329(20220415レスポンシブ)